本田が率いるカンボジア、ラオス制圧…"6Gで初勝利"
スターニュース




※一部要約

日本サッカー代表の本田圭佑が率いるカンボジアがラオスに完勝をおさめた。
"監督"本田は6試合で初勝利を上げる感激を享受した。

本田が率いるカンボジアサッカー代表は20日午後8時30分、カンボジアにあるプノンペン競技場で行われたラオスとの"2018東南アジア連盟チャンピオンシップ(以下スズキカップ)"グループリーグA組3次戦に3-1で勝利した。
前半だけで2ゴールを決め、簡単に試合を手にした。





スポンサーリンク
楽天





パク・ハンソvs本田、スズキカップで実現した"監督韓日戦"
スポータルコリア




※一部要約

"東南アジアのワールドカップ"スズキカップで興味深い韓日戦が繰り広げられる。

ベトナムとカンボジアは24日、ベトナム・ハノイのミーディン国立競技場で2018AFFスズキカップグループリーグA組4次戦を繰り広げる。
ベトナムは今回の対戦で4強行きを打診する。
カンボジアは一段下の戦力だが有終の美を狙っている。

両チームの指令塔が繰り広げる韓日戦も観戦ポイントである。
ベトナムは国民的英雄に浮上したパク・ハンソ監督がチームを率いる。
去年に国内の舞台を去ってベトナムの指揮棒を取ったパク・ハンソ監督は、今年にAFC U-23チャンピオンシップ準優勝、ジャカルタ-パレンバンアジア大会4強神話を作った。

ベトナムサッカーの新たな全盛期をもたらしたパク・ハンソ監督は、スズキカップ優勝を正照準する。
10年ぶりに東南アジア最強を奪還して欲しいというベトナムファンの期待に応えるために万全の準備をしたパク・ハンソ監督は、大会序盤で3試合連続無敗を走って準決勝進出を控えている。

カンボジアは日本最高のサッカースターである本田圭佑が実質的な監督のチームだ。
本田は8月にカンボジアの団長と監督の業務を同時に遂行する契約を結んだ。





本田はまだ現役生活を続けている。
オーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーでプレーする本田は、普段は代表のコーチングスタッフと映像通話で練習を指示し、クラブの試合がないAマッチデーに直接選手と呼吸をする。

本田は20日に行われたラオス戦で、カンボジア監督として初勝利を上げた。
指令塔就任から6試合で記録したデビュー勝利である。
力の限り上がった勢いで、百戦老将のパク・ハンソ監督が率いるベトナムを相手にする。

本田はベトナム戦でもベンチで指揮するものとみられる。
彼はベトナムメディア"ZING"で「ラオス戦に勝って気分がとても良い。それでも選手に自制しろと要請した。私たちはベトナムでさらに良い結果を得るため、改善する必要がある」として、「ベトナム戦についていくつか計算したし、カンボジアの実力を見せることができるだろう」と自信を持った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...