"セレッソと別れ"ユン・ジョンファン、「クラブの判断…仕方ない」
ベストイレブン




※一部要約

セレッソ大阪と決別するユン・ジョンファン監督が、比較的淡々とした心境をあらわした。

セレッソは19日、クラブHPでユン監督との決別を公式発表した。
セレッソは「ユン監督と今シーズンを最後に契約を満了し、契約を延長しないことで合意した。過去2シーズンの間に彼が見せた努力に感謝する」と明かした。

2016年に蔚山現代を去ったユン監督はその後、セレッソの指揮棒を取って就任新年に日王杯とリーグカップ優勝など2冠王を達成し、指導力を認められた。
だが2018シーズンは期待以下の成績で立場が狭くなった。
セレッソはユン監督と来シーズンをともにしないことにした。

ユン監督がセレッソの決定に口を開いた。
彼は20日、練習後に「何と言えばいいのだろうか。仕方のない部分だ。この世界はもともとこうである。(セレッソとの)契約も終わった。クラブの判断だ。自分の思い通りになるものではない」と淡々とした心情を明かした。

だがセレッソはユン監督が有終の美を飾れるように配慮している。
セレッソは残りのシーズンをユン監督に指揮を任せる計画だ。
現在リーグ8位にランクされているセレッソは、24日に柏レイソルとホーム試合を行い、来月1日には横浜Fマリノスと最終戦を行う。


スポンサーリンク
楽天





長崎-福岡が狙うユン・ジョンファン監督、Jリーグ残留に重きが傾いたか
スポータルコリア




※一部要約

ユン・ジョンファン監督の退任が決まると、すぐに監督交代を決めたJリーグチームが候補に上げた。
来シーズンJ2リーグに降格するVファーレン長崎と、今シーズンJ1リーグ昇格に失敗したアビスパ福岡の新任監督候補に取り上げられている。

日本メディアで取り上げられた両チームは、来シーズンのJ2リーグで昇格のために戦うチームである。
これらのチームがユン・ジョンファン監督を望む理由は、弱体だったサガン鳥栖をJ1リーグに昇格させたノウハウがあるためだ。

さらにユン・ジョンファン監督は長崎、福岡のある九州地方の雰囲気をよく知っている。
2006年から2014年まで選手と指導者として生活した鳥栖も九州にある。
韓国人指導者だが、地域の情緒を誰よりもよく知っている。

ユン・ジョンファン監督としてはJ2リーグで試合をしなければならないが、もう一度自分の能力を示す機会にすることができる。




セレッソと別れたユン・ジョンファン監督、国内復帰よりJリーグ残留
ゴールドットコム




※一部要約

最近までユン・ジョンファン監督のKリーグ復帰説があった。
今年のはじめからKリーグの特定クラブと持続的に噂があった。
クラブのフロントが長い間ユン監督を望んで頻繁に接触していたことがわかり、選手団の間で来シーズンに彼が来るという話が出回るほどだった。
それによって当該クラブの現職監督との関係がギクシャクした。

だが噂とは違い、実際のユン・ジョンファン監督は国内復帰よりも日本残留に重きを置いている。
事実、ユン・ジョンファン監督は、リンクされた当該クラブの現職監督と直接電話をし、誤解を解いていたことがわかった。
10月のAマッチ期間中、国内を訪れて親しいサッカー人とゴルフをしながら「色んな話があるが根拠はない。Jリーグに残る方で考えている」と語ったという。

ユン・ジョンファン監督がJリーグ残留に重きを置くのは、家族への配慮がある。
幼い頃に日本と韓国を行き来して混乱した次男の学業に一貫性があることを望んでいることがわかった。

契約業務をしているエージェントも日本人だ。
当然、KリーグよりはJリーグの方に重きを置いて次の契約を推進している。
Jリーグ内でもユン・ジョンファン監督への需要は相変わらずである。
早期にチームの体質を改善し、顕著な成果を上げることについて好評が多い。
日本語を巧みに駆使し、Jリーグの雰囲気や相手の把握も優れている。

Jリーグは一般的にリーグ日程が終わってから新監督の選任が本格化するが、セレッソが早期に契約満了を伝えたことにより、ユン・ジョンファン監督を望むチームとの接触も可能になった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...