足元も好セーブ能力も2%足りないキム・スンギュ、ベント号の守門将争いは振り出しに
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日に行われたオーストラリアとのAマッチ評価試合で、前半22分のファン・ウィジョの先制ゴールにもかかわらず、後半追加時間にキム・スンギュのキャッチミスで同点ゴールを許して1-1で引き分けた。

キム・スンギュはナンバーワン守門将としての確かな競技力を証明できなかった。
キム・スンギュはベント監督就任後に行ったAマッチ5試合で、3回も先発出場して厚い信任を受けていた。
チョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンが並んで1試合の先発に留まっているのと比べれば、格別な信頼だった。

ベント監督がキム・スンギュを好む理由の中で、ビルドアップ能力を外すことはできない。
3人のGKの中で足元が最も良いという評価を受けている。
だがキム・スンギュは3試合もチャンスを掴みながらも、ビルドアップで合格点を受けられなかった。
数回のパスミスを犯し、危機を自ら招いた。
オーストラリア戦も同様だった。

キム・スンギュはオーストラリア戦でずっと好セーブショーを続けたが、最後のミスで安定感を植え付けられなかった。
競争は現在進行形である。
キム・スンギュは足元と好セーブ能力のどちらも、2018ロシアワールドカップのスターであるチョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンと比べて、確実な優位を占められなかった。





スポンサーリンク
楽天





2%の惜しさを残したキム・スンギュ、もうチョ・ヒョヌの番
国民日報




※一部要約

キム・ジンヒョンはチョ・ヒョヌ、キム・ジンヒョンとの3人の競争体制で最もリードしている。
3人の中で唯一9月と10月、11月のAマッチですべて姿を見せた。
チョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンがわずか1試合の先発出場の機会しか受けてないことを考慮すれば、ベント監督が特に彼に注目しているという意味である。
彼の長所は断然、足元の技術だ。
ベント号のGKは守備陣営から相手のプレスを柔軟にかわすため、DFとともにビルドアップに加担しなければならない。
この部分でキム・スンギュはベント監督に最も高い評価を受けている。





次に会うことになる相手はウズベキスタンである。
韓国は20日、ウズベキスタンとオーストラリア遠征2回目のAマッチを行う。
油断できな強豪だ。
去年9月に2018ロシアワールドカップ最終予選で彼らと引き分けたことがある。

もうチョ・ヒョヌが自信の真価を証明する番だ。
長所の安定感ある試合運営と動物的な反応速度を活かして、パナマ戦で露呈した弱点を補完しなければならない。
それを最もよくわかっているのはチョ・ヒョヌ自身である。

アジアカップまで2ヶ月も残っていない。
ベント監督はもう第一GKを決めなければならない。
11月のAマッチはこの席を占めるための、GK3人の分岐点になる見通しだ。


【関連記事】
韓国ネチズン「日本審判のせい」:ファン・ウィジョ先制ゴールの韓国がオーストラリアと1-1の引き分け…5試合無敗
【豪州vs韓国】韓国メディア:「韓国の失点、VARは正確だったが直前のシーンが誤審」「日本は自国審判を擁護」



1勝がGKのミスで霧と露に変わったね


┗失点のときゴール前にGKを除いて守備するヤツがいたか?
 ふふ


┗キム・スンギュだったから敗北を防いだと表現するべきだ
 昨日の試合は;;



もう実験をやめてGKを含めたベスト11を選んでずっとやろう



チョ・ヒョヌを使うのが正しい



GKはゴールを守るのが最重要じゃないのか
後方のビルドアップがそんなに重要なのか?
本当に不思議な監督だ
オーストラリア戦はチョ・ヒョヌだったら無失点だ



終盤以外はよくやったキム・スンギュ
ハイボールの処理や反射神経などはチョ・ヒョヌが良いだろうが
総合的に見ればキム・スンギュのようだ
ベント監督とそれ以下のコーチもそう判断したのだろう



率直に我が国のレベルではGKから
後方のビルドアップをするほどじゃなさそうなのだが
ふふ



キム・スンギュはビルドアップが良い?
笑わせる
ふふ
キム・スンギュが韓国にいたときは反射神経とセーブ能力で称賛を受けた
日本に行ってその長所が落ちた




なぜGKでキム・ジンヒョンの話がないのだろう?



ガッ(※God)ヒョヌで行こう
ワールドカップのときの活躍だけを見ても
チョ・ヒョヌを信じて次のワールドカップまで行くべき


┗チョ・ヒョヌはワールドカップのときに見せたスーパーセーブだけ
 キックの精度が低すぎる


┗パナマに2ゴール取られたチョ・ヒョヌ?



キム・スンギュは良いGKだ
だが現在JリーグナンバーワンGKという評価も受けているク・ソンユンをテストして欲しい
キム・ジンヒョン、クォン・スンテ、キム・スンギュよりも高い評価を受けているGKが
テストを受けるチャンスすらないのは話にならないだろう


┗Jリーグナンバーワンはチョン・ソンリョンなのに


┗そのままもっともらしく言えばファクトチェックなしに信じるんだな


┗ハイライトだけ見ればキム・シヌクからクラウチが見える



ボールキャッチを恐れているのに何が良いGKだ…
パンチングの頻度が多すぎる



┗これが正解だ
 ボール処理で残念な点が何度かあった



ミスは誰にでもある
今の3人のGKの安定性の面ではチョ・ヒョヌがリードしていると感じる



チョ・ヒョヌがすべての面で良い


┗チョ・ヒョヌは良いが後方のビルドアップで弱点を持っている



ビルドアップの起点であるキックはもともと良くなかったのに
GKの中で一番だと?



良い選手だが1:0の試合を残り1分で失点するのはあり得ない
選手も気が抜けて国民にも不安と焦燥感を与えるからである



一言で不安
GKは安定的じゃない



振り出しではなくベントの心の中ではすでにキム・スンギュが主戦なのに何を言ってるのか



キャッチングの能力が低い



キム・スンギュはスター性がない



キム・スンギュは十分良いGKだ
だが我が国にはキム・ジンヒョン、クォン・スンテなど良いGKがいる
こういう選手に変えてみるのも悪くない選択だと思う



チョン・ソンリョンを召喚しよう!



キム・ジンヒョンはパンチングの方向が残念だ
後方のビルドアップのときに左足のキックが不安



セーブ能力で行こう
チョ・ヒョヌが1位だ



ロングパスでオーストラリアに攻撃権が移るたびに苦々しかった



クォン・スンテを使ってみては?



ファン・ウィジョ1ゴール、キム・スンギュ1アシスト
ふふ



答えはチョン・ソンリョンだ



パンチング中心のGKキム・スンギュ…
通りすがりの犬でもわかってるんじゃないか…?



スンギュは引退しよう



適切な緊張感と競争は必要である
選手だけでなくチームのためにも



評価が辛すぎる
これほどの評価を受けるほどではなかった




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...