[オーストラリア戦] 終盤の痛恨の失点にVAR専門家「オフサイドではなく正審だ」
スポーツ朝鮮

181117211220647.jpg


※一部要約

残念だがVARは正確だった。
韓国にとって痛恨の失点だったが、オーストラリアの得点は正しかった。

韓国サッカーA代表は17日、ブリスベンのサンコープ・スタジアムで行われたオーストラリアとの親善試合で惜しくも1-1で引き分けた。

オフサイドが疑われるシーンが出た。
CKが私たちのDFに当たって流れた。
オーストラリアのロギッチ(背番号23)がミドルシュートを飛ばした。
キム・スンギュが好セーブをしたが前にこぼれた。
このときオーストラリアのボイル(24番)が寄せてボールに触った。
キム・スンギュも倒れてぶつかった。
そのときボールが再び少し流れ、オーストラリアのルオンゴ(8番)が空のゴールに軽く蹴って決めた。
日本人主審はVARでチェックをした。
しばらくしてオーストラリアの得点を認めた。


181117211220647a.jpg

181117211220647b.jpg


スポンサーリンク
楽天





181117211220647c.jpg

181117211220647d.jpg

181117211220647e.jpg


オフサイドと疑うことができた。
大韓サッカー協会のユ・ビョンソプ審判講師は「今回のVAR判定は正審」と説明した。
ロギッチの最初のシュートがキム・スンギュの好セーブに当たって出たとき、駆け寄った選手はすべてオーストラリアの選手だった。
肝心のリバウンドボールを触ったボイルはオンサイドから出発していた。
オフサイド地点ではなかった。
そしてオーストラリア選手はすべてボールより後ろにいた。
ユ・ビョンソプ審判講師はスポーツ朝鮮とのインタビューで「オフサイドではない。正審だ。得点と認定するのが正しい」と語った。
また、最後のシュートをしたルオンゴの位置もオフサイドではなくオンサイドが正しいと見た。
ボールより後ろにいたのでオフサイドではないということである。

ベント号は終盤の失点の危機を克服できずに失点した。
非常に残念な引き分けだ。
ベント号は船出から5試合で無敗行進を走った。
2勝3分け。
韓国の次の試合は20日のウズベキスタン戦である。
オーストラリア・ブリスベンで行われる。




オーストラリア戦の失点、主審の"残念な判定の直後"に出た
スポーツ韓国

181118021154_P.jpg


※一部要約

問題はこのシーンではなかった。
3分の追加時間で20秒ほどしか残っていない状況、失点シーンの口実となったCKの直前の状況で、ホイッスルを吹かなかった主審の選択がさらに残念だった。
状況的に明白は誤審と見るほどのシーンだった。

状況はこうだった。
オーストラリアのCKをイ・ジンヒョンがヘッダーでクリアし、これをナ・サンホが受けようとした。
だがナ・サンホは後ろから駆け寄ってきたジョシュ・リズドンに蹴られて大きく倒れた。
飯田淳平主審もこの状況を近くで見ていた。

だが主審はホイッスルを吹かなかった。
そのまま流れたボールは結局オーストラリアの所有権となり、後続の攻撃の状況から最後のCKに繋がった。
痛恨の失点を許したCKだった。

結果論だがナ・サンホが大きく倒れたシーンで主審がファールを指摘していれば、試合は追加時間の追加時間もなく韓国の勝利で幕を下ろす可能性が高かった。
主審の指向の問題を問うほどのシーンではなったという点で、主審が鳴らさなかったホイッスルは余計に惜しさが残った。




韓国-オーストラリアサッカー評価試合、日本の反応は?「誤審じゃない、オンサイド」と自国審判擁護
スポーツQ




※一部要約

韓国はゴールの前にオフサイドだったと抗議したが、日本人主審はビデオ判定(VAR)を経てルオンゴの得点を認めた。
論難の争点はCKの前の韓国のカウンターの過程で、ナ・サンホがオーストラリアの守備に躓いたプレーにファールが与えられなかった点だ。
その後オーストラリアのCKが続き、失点の口実となった。

韓国のメディアとファンはオフサイド論難は別にしても、この点に不満を吐露している。

日本の代表的ポータルサイト・ヤフージャパンのスポーツセクションに上がったサカキンの記事には、多くコメントが走った。
その中で「韓国は誤審と騒いでいるがオーストラリアのゴールはオンサイドだ」、「スローで見ればオンサイドだ。審判はよく見た」というコメントが共感を買った。

ソン・フンミンとキ・ソンヨンなしで厳しい試合を繰り広げた韓国の競技力と、日本を比較する人々も多かった。
「指向するサッカーが違うと言えばそれまでだが、やはり日本のほうが良いサッカーをしていると思う。試合を見て個人技は圧倒的に日本が上だと感じた」という文章が目についた。

日本は16日、ホームでベネズエラと1-1で引き分けた。

その他に「韓国はオーストラリアに続いてウズベキスタンを相手にするのに、キルギスタンと試合をする日本はバカなのか」として、韓国と比べてアジアカップに備える日本の日程に惜しさをあらわす意見もあった。


【関連記事】
韓国ネチズン「日本審判のせい」:ファン・ウィジョ先制ゴールの韓国がオーストラリアと1-1の引き分け…5試合無敗



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...