システムと自己革新、"Jリーグの好況"が与える教訓
スポーツソウル




※一部要約

日本サッカーが好況を享受している。
もちろん韓国もワールドカップのドイツ戦勝利、ジャカルタ-パレンバンアジア大会優勝で上り調子だが、まだ男子代表を中心だということに過ぎず、日本との比較は難しい。
ロシアワールドカップ16強行き、U-16代表のアジア選手権優勝、女子サッカーのアジア大会金メダルおよびU-20女子ワールドカップ優勝に続いて、進行中のU-19アジア選手権も無難に来年のU-20ワールドカップのチケットを取るなど、男女や年齢を分けることなくアップグレードされているのが今の日本サッカーの現実である。

だが何よりも鼓舞的なのは、Jリーグの反騰ではないだろうか。
鹿島は2016年のクラブワールドカップでレアル・マドリードとの激戦の末にアジアで初めて大会準優勝をすると、去年は浦和が9年ぶりにACL優勝トロフィーをJリーグにもたらした。
今年は鹿島が東アジア代表としてACL決勝に上がり、日本クラブが2年連続制覇にに挑戦している。
そこに人気の面でもアジア内でJリーグに並ぶところはないという思いだ。
Jリーグは2015年から1~3部を合わせて、1000万観客の時代を開いて規模の経済を達成し、それが観客→収入→投資→観客に繋がる好循環構造の本質となった。
去年から10年間で年2100億ウォンの中継権契約を締結したのは、燃え盛り始めた炎に油をかけたのと同じと言える。
安定圏に入ったリーグであるほど、外国人クォーターが広くなるはずである。
1部リーグは来年からアジアクォーターなしで、外国人選手を5人まで増やせるように規定を変更した。
Jリーグの質的向上を試みつつも、自国選手の技量低下は防げるという自信が伺える。

わずか2~3年前、アジアサッカーは中国が飲み込むとみられていた。
習近平主席のサッカー愛の下、各クラブがとてつもない金を支出して世界的選手を連れてきたからだ。
国内クラブも彼らの費用を羨む一方、主要選手の移籍で落水効果も享受した。
だが中国もこのようなやり方が間違っているというのをすぐに認識した。
むしろ静かに、ゆっくりと未来を準備していたのはJリーグではないかと思う。
9年間ACL決勝に進出できず、Jリーグは終わったという話も聞こえていたが、競技力がやや落ちる3部リーグのチームまで経営の効率性を高め、日本特有の地域密着などを通じて観客を維持できるシステムを完成させるのに全力を注いだ。
これは彼らが抱えていたり、ヨーロッパへ進出させた選手が、ワールドカップで輝き、彼らが育てた有望株が年代別国際大会で常勝疾走する背景となった。


スポンサーリンク
楽天





少なくない人々が、Jリーグの今日を作った土台に、1990年代後半の構造調整を挙げる。
1992年に始まったJリーグは、引退直前の海外スターを連れてきて騒々しく船出した。
だがJリーグの人気が急落して各クラブが危機に陥り、結局1998年に横浜フリューゲルスが倒産する事態となった。
このときに日本を代表するストライカーの三浦知良が、年俸を10分の1に削減して他の選手の手本となった。
未来のために現在の苦痛に耐えるという経営の基本を、Jリーグの構成員全員が持っているという意味だ。
こうした事件の後遺症は2000年に入ってからも続き、Jリーグの沈滞期に繋がったが、今や新たな光を見ている。
Jリーグクラブの選手獲得こそが"投資"という水準になった。

韓国と日本は違う。
個人的には、Jリーグ式の地域密着事業はKリーグには合わないと思う。
韓国クラブだけの経営方法を見つけていかなかればならないことが、競技力の低下よりも大きなKリーグ構成員の課題だ。
だが明らかなのは、粛々と未来を準備し、現在の困難を滋養分にして自己革新を図ったのがJリーグの好況であり、私たちが決して見逃せない部分である。
「金がない」と駄々をこねるのではなく、金をどうやって作るのかを、Jリーグを見て学ばなければならない。




日本-中国の外国人クォーター調整、今冬に"移籍の風"が吹く
フットボールリスト




※一部要約

今冬のKリーグには移籍の風が吹き付ける可能性が高い。

移籍市場は周辺リーグの環境によって変化する。
Kリーグは2018シーズンを終えて、日本Jリーグや中国スーパーリーグ(CSL)を含めたアジアリーグ所属のチームから、多くの問い合わせを受けるかもしれない。
もちろん今でも水面下で作業が進んでいる件も多い。

Kリーグと隣合わせのリーグが、外国人クォーターを調整したり、調整する可能性が高いためである。
Jリーグは最近、理事会でJ1の外国人出場人員を1試合当たり5人に増やす案を通過させた。
それとともに、既存の外国人構成(外国人3人+アジアクォーター1人+提携国クォーター1人)も変えた。
Jリーグクラブは出身地に関係なく、外国人選手5人を保有できることになった。
J2は4人、J3は3人の外国人を出場させることができ、提携国出身(タイ、ベトナム、ミヤンバ、カンボジア、シンガポール、マレーシア、イラン、カタール)は外国人選手として扱われない。

村井満Jリーグチェアマンは"フットボールリスト"とのインタビューに「無条件に投資しろと言ってるのではない」として、「チームにより大きな自律を与えるのだ」と語ったことがある。
南米選手5人で満たしても構わないし、アジアクォーター5人で満たしても構わず、自国選手だけを使っても構わないということだ。
チームの特性に合った外国人を選抜できるようになったと見れば良い。

CSLはアジアクォーターを生かしたり、外国人選手クォーター(現行は4人保有・3人出場)を増やす方案を議論している。
現地の複数の関係者によると、この議論がどのような方向であれ、試合に出場できる外国人の人数を増やす方向であると結論付けられる可能性が高い。

結果的に、JリーグとCSLは合理的な移籍金と年俸条件を備える韓国人選手を望む可能性が高くなった。
もちろんJリーグとCSLが望む選手像は少しずつ違っている。
CSLの複数のクラブはすでにCBと中央MFの席を守る代表級選手を探していることがわかった。
Jリーグでプレーしている韓国選手もCSLのラブコールを受ける可能性が高い。
韓国Jリーガーがアジアクォーターとしてのメリットを喪失したためである。

Jリーグは2通りの選手を選ぶ可能性が高い。
他の外国人選手と比べても競争力に遜色がない代表級選手や、発展の可能性が高い有望株に関心を持つかもしれない。
上位圏のチームは前者を、残留を目標とするチームは後者を狙うかもしれない。

マレーシアでも変化が感知されている。
マレーシアは"2026ワールドカップ"進出を目標に、積極的な帰化政策を展開しようとしている。
韓国代表になるのは難しいが、現地では競争力のある選手を獲得するためにKリーグを視察中だ。


【関連記事】
韓国メディア:9月に韓国でJリーグ招請の入団テストを開催…23クラブがスカウトを派遣
韓国メディア:日本Jリーグと中国スーパーリーグ、正反対の傭兵政策の勝者は?
韓国メディア:キム・ヨングォンを移籍させなかった広州恒大を中国も非難…なぜフリーになる前に売らなかったのか?
韓国メディア:Jリーグが外国人選手の出場を拡大…韓国選手が席を失う可能性や逆にチャンスを得るという声も
【ACL】韓国ネチズン反応:水原三星が鹿島アントラーズと3-3の引き分け…合計5-6で決勝進出に失敗
韓国メディア:Jリーグの外国人枠廃止で再び吹く韓流熱風…逆に韓国選手が減ったり下部リーグに集まるという意見も



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...