[現場の声] イム・サンヒョプ、「鹿島事件…最大の復讐は勝利のみ」
スポータルコリア




※一部要約

イム・サンヒョプ(30、水原三星)は鹿島アントラーズ戦だけを待っている。

10月3日は水原にとって恥辱の日として記憶される。
開天節を迎えて"天が開けること"を期待したが、鹿島の空は水原を歓迎しなかった。
台風を突破して敵地に上陸、遠征で2ゴールを先に決める変事ではない変事を起こしたが、歓喜はつかの間だった。
追加時間を含めて立て続けに3ゴール許し、2-3の逆転負けを喫した。

鹿島戦で言葉が多かった。
その中で最大の論難になったのは、クォン・スンテの奇行だった。
2-1で水原がリードしていた前半終盤、鹿島のGKクォン・スンテが競り合いの過程でイム・サンヒョプを足で一度攻撃した後、頭突きまでする状況が発生した。

荒唐無稽なことだった。
明らかな暴力だった。
だが主審はクォン・スンテにイエローカードしか出さなかった。
足で蹴ったのはともかく、頭突きはまさに目の前で見たにもかかわらず。
これに対して水原の選手は全員が興奮するしかなかった。





スポンサーリンク
楽天





当時、イム・サンヒョプの言葉を伝え聞くことができた。
彼は「まったく予想できなかった。すごく当惑した。審判がすぐ前で見ていたので確実に退場だと思ったが、その後の判定にも当惑した。選手の行動も審判の判定もあまりに理解不可能で、それから私たちが私たちが興奮した部分もあるようだ」と語った。
当時はもちろん、まだ謝罪は聞けていない。

ちょうど2週間ぶりにイム・サンヒョプにまた会った。
17日、済州ユナイテッドとのFAカップ8強戦後だった。
この日、水原はPK戦の末(2-2、PK戦2-1勝利)に済州を下して4強に進出した。
イム・サンヒョプは先発出場し、勢いに乗った技量と闘志溢れるプレーで水原の勝利の一助となった。


─最近は本当に体が良くなったみたいだ。

体の状態はすごく良い。
最近はさらにそうだ。
前半は体も良くて自信があったので、ボールが来ることを願っていたが、あまり来なくて惜しかった。
後半にゴールがかなり出て、自信を持ってプレーしたようだ。
残念ながらこれまで90分プレーしてなくて、後半の半ばから痙攣が来た。


─シーズン序盤に難しい時期を経験した。ところが鹿島遠征の前後から毎試合印象的な活躍を繰り広げている。特別なキッカケはあるのか。

体の状態というより、メンタル的に問題があったみたいだ。
このチームに適応できなかったのは事実である。
鹿島戦ではなく、蔚山戦が起点だった。
私が入ってから2-2になった。
そのときに自信を見つけた。
試合にずっと出場して、コンディションが維持されている感じだ。


─水原はかなり以前から夢見てきたチームだと聞いた。そういう部分が負担になったようだ。

そういうのも当然ある。
外的にも多くの負担を感じていた。
なので萎縮する面もあった。
今はこのチームの服を着ているようだ。





─フォーメーションやポジションに関係なく、チームに溶け込んだと思うか。

もう一度言うが、序盤はメンタル的に問題があった。
このチームは本当に適応するのが簡単ではないチームだと思う。
ずっと良くなくてファンからブーイングも受けたし、自分を改めて振り返るキッカケとなった。
そのときじゃなくても、いつかはスランプがあったと思う。
大変だったが、振り返れば良い時間だった。
上手く乗り越えたし、もうこのチームに相応しい服を着ているのではないかと思う。
まだ見せられていないので、ファンに認められたい気持ちが大きいので、ダメだった分を恩返ししたい。


─ソ・ジョンウォン監督の復帰で、チームの雰囲気が確実に生き返った感じだ。復帰の消息を聞いたときはどうだったか。

月曜日(15日)に運動していると、突然監督が水原の服を着ていて夢かと思った。
側にいた人に、監督で合ってるか尋ねたほどだった。
本当に夢みたいだった。
監督が帰ってきて、選手全員が安定感を取り戻した。
チームにとても長くおられた方で、選手全員にとって頼りになる。
心理的に大いに役立った。


─鹿島戦が一週間後に迫っている。遠征では芳しくない事件もあった。特定の選手に対することであり、当時のことについて質問しても良いのか慎重に尋ねたい。また、鹿島とのリターンマッチに強い意欲を見せていると聞いた。

大丈夫だ。
今は鹿島戦にすべてのペースを合わせている。
あのような芳しくない事件もあった。
試合の一部だと考える。
最大の復讐は試合に勝つことだと思う。
絶対に勝利して上がる。


【関連記事】
【ACL4強】韓国ネチズン反応:水原三星が鹿島アントラーズに逆転負け…クォン・スンテが理解できない醜態
【ACL4強】韓国メディア:「衝撃と恐怖」…鹿島アントラーズに逆転負けの水原、地震で眠ることもできなかった
【ACL4強】韓国メディア:鹿島アントラーズGKクォン・スンテの頭突き論難が韓日サッカー戦争に火をつけた



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...