"デビュー戦大敗"ヒディンク監督「中国、オリンピック出場は非現実的」
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク中国オリンピックサッカー代表監督が、デビュー戦後に現実的な評価を下した。

中国の2020東京オリンピック本戦進出を目標に、先月中国サッカー協会と手を握ったヒディンク監督は、今月オランダに23歳以下の選手を招集してキャンプを進めている。

ヒディンク監督は先月の曲靖4ヶ国大会に出場した中国選手を見て、「技術や体力、戦術がすべて良くない。選手の選抜にも問題がある」と辛辣に批判した。

今回のキャンプのために、海外でプレーする若い選手まで総網羅したが、技量には満足していない。
中国オリンピックチームは16日に行われたオランダクラブのフィテッセとの練習試合に1-5で敗れ、翌日のユトレヒト戦でも0-0で引き分けた。

ヒディンク監督はオランダメディア"AD"に「中国が東京オリンピックの本戦に出ることを望んでいるが、現実的には難しい目標」として、「中国サッカー協会も私に、オリンピック出場は難しい任務だと言った」と説明した。


スポンサーリンク
楽天





ヒディンクの発言で知ることができる中国サッカーの"悲しい現実"
マイデイリー




※一部要約

ヒディンクは以前のインタビューでも「中国サッカーのレベルが思ったより低い」と評価したことがある。
いくら良い指導者を連れてきても、一気に中国サッカーを変えるのは難しいということだ。

中国A代表も2006年のワールドカップでイタリアを頂点に上げた世界的名将のマルチェロ・リッピ監督に指揮棒を任せているが、FIFAランキング97位のインドと0-0で引き分けるなど、期待以下の競技力で批判を受けている。




代表の成績を上げようとする中国、12月に"U-23リーグ"をする
フットボールリスト




※一部要約

中国サッカー協会(CFA)がA代表とオリンピック代表の成績を上げるため、23歳以下の選手だけが参加するリーグを作った。

CFAは15日、今年の12月1日から31日までU-23リーグを行うと発表した。
参加対象は中国スーパーリーグ、甲級リーグ(2部)、乙級リーグ(3部)のチームで、希望のチームに限り25日まで大会参加の申込みができると説明した。

参加希望のチームは最小18人から30人までの選手団を設けることができ、そのうち19歳以下の選手6人と、17歳の選手2人を入れなければならない。
場所は今後明かすと付け加えた。

CFAがリーグ後に1ヶ月間U-23リーグを行う理由は明確だ。
CFAは代表とオリンピック代表などの各級代表の成績を上げるため、躍起になっている。
最近ではフース・ヒディンクを中国オリンピック代表監督に選任したりもした。

CFAはプロリーグで若い選手を義務的に起用することを強要したが、特別な効果がなかったため、最初からリーグを作ったのだとみられる。
各クラブはそのような措置について訝しがっているが、CFAはそれ以上の方法も考慮していることがわかった。
中国サッカーに詳しい複数の関係者は、CFAがプロリーグに各級の代表チームを参加させる方案も考慮していると口を揃えた。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:中国U-21代表のヒディンク監督が選手を辛辣に批判…オランダキャンプで欧州派の選手を招集



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...