ファン・ウィジョとソク・ヒョンジュン、11月にも見られるか
スポーツ京郷




※一部要約

パウロ・ベント監督体制で光を放っているファン・ウィジョ(ガンバ大阪)とソク・ヒョンジュン(ランス)。
2人のワントップ資源を11月にも見られるだろうか。

代表は16日に行われたパナマ戦を最後に、10月のAマッチ日程をすべて終えた。
9月の成績まで含めて、4試合で2勝2分けで無敗を走っている。
チリ、ウルグアイのような世界的強豪が含まれていたことを考慮すれば、悪くない成績表だ。

特にこれまで適当な資源がいなかったワントップで、優れた活躍をした選手が2人も出てきたという点が鼓舞的である。
ファン・ウィジョとソク・ヒョンジュンは10月のAマッチでそれぞれ印象的な活躍を1回ずつ繰り広げた。

記録上ではファン・ウィジョが優勢だ。
ファン・ウィジョは9・10月のどちらも代表に選ばれ、コスタリカ戦とウルグアイ戦で先発のワントップで出た。
ウルグアイ戦では先制ゴールまで決めた。
ソク・ヒョンジュンは10月のAマッチで初めて代表に選ばれ、ウルグアイ戦でチョン・ウヨンの決勝ゴールの起点になるヘディングを記録したが、パナマ戦では全体的に振るわなかった。

両者の長所は克明に分かれる。
ファン・ウィジョはシュート、ゴール決定力、スペースの侵入に長けている選手である。
視野も広い。
一方、190センチの長身を誇るソク・ヒョンジュンは空中戦に長けているだけでなく、強靭なフィジカルで相手の守備を崩すのに一家言がある。
ベント監督は「ソク・ヒョンジュンはファン・ウィジョとは違うタイプのFWという点を念頭に置いて選んだ」として、格別な信頼をあらわしたりもした。

鍵は両者を11月に招集するときに見られるかどうかだ。
今回は負傷で選ばれなかったが、チ・ドンウォンまで入れて、ベント監督体制でワントップに立つ選手は3人である。
これまでベント監督は招集のたびにワントップ資源を2人しか選ばなかったが、11月もそのような流れが続く可能性が高い。

所属チームで機会を掴めなくても選ばれる選手はいたが、ゴールを決めなければならないトップのFWは違う。
所属チームで活躍してガンバを降格圏から脱出させたファン・ウィジョが優位だが、11月の招集のときまではわからない。
ただ、ワントップでこれまで見られなかった競争が起きているというのは、明らかに肯定的な信号だ。


スポンサーリンク
楽天





[サッカーピープル] サッカーが楽しい絶頂のファン・ウィジョ
スポーツ東亜




※一部要約

ファン・ウィジョは最近の韓国サッカー代表で最も熱い選手だ。

代表、所属チームを問わずゴールを炸裂させている。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会ではワイルドカードで選抜されて7試合に出場、何と9ゴールを爆発させてU-23代表の金メダル獲得で大きな功績を立てた。
それによって兵役恩恵まで受けて、軍の問題を解決した。

これがターニングポイントだった。
AGでの活躍を足掛かりに、ファン・ウィジョは恐ろしいゴールの嵐を起こした。
所属チームに復帰してすぐ3試合連続ゴールを記録するなど、3試合で4ゴールを炸裂させて、降格危機に陥っていたガンバ大阪を救い出した。





AG~所属チームで続いている上昇の勢いは"ベント号"でも続いた。
12日にソウルワールドカップ競技場で行われたウルグアイとのAマッチでゴールを味わった
8月のAGのときのゴール感覚が10月中旬まで続いている。
2ヶ月あまりの間にAG、Jリーグ、代表評価試合で何と14ゴールを炸裂させた。
行くところどころでゴールが炸裂している彼だ。
それこそ絶頂のゴール感覚である。
当然サッカーが楽しくなるしかない。

ファン・ウィジョは16日のパナマ戦の評価試合が終わった後、「率直に大変だが試合でプレーするのが楽しい」と語った。
続けて「私がゴールを決めるのは、同僚の助けが大きい。所属チームや代表で同僚が良いチャンスを作るので、ゴールをずっと決めているようだ」として、「AGのときからほとんど休むことができずにプレーしているが、所属チームは一週間に1試合行う日程なので、その中で十分に休む時間を取っている」として、自分の得点行進で同僚に花を持たせた。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ファン・ウィジョとチョン・ウヨンのゴールで韓国がウルグアイを撃沈…36年で初勝利
ウルグアイ戦で先制ゴールの韓国代表ファン・ウィジョ「選手が自信を見出した、ボールを恐れない」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...