"Aマッチデビューゴール"ファン・インボム、ベント号の真の"皇太子"狙う
ノーカットニュース




※一部要約

ファン・インボム(大田)はパウロ・ベント監督の"皇太子"になれるか。

韓国サッカー代表は16日、天安総合運動場で行われたパナマとの評価試合で2対2の引き分けをおさめた。

この日の試合ではパク・チュホとファン・インボムが並んでAマッチデビューゴールを打ち上げ、ベント号での激しい主戦競争に燃料を投下して火をつけた。
Aマッチ38試合でゴールを決めたパク・チュホは、31歳273日でAマッチデビューゴールを決め、韓国サッカー史上3番目の最高齢デビューゴール記録の主人公となった。

だがこの日の試合ではファン・インボムのデビューゴールのほうが大きな注目を浴びた。
ベント監督就任後にAマッチデビュー、そして4試合連続出場のファン・インボムが初めて先発出場したパナマ戦でゴールまで上げて、勢いに乗った自分の競技力を誇った。

ファン・インボムは若い年齢だが、Kリーグで多くの試合を消化している。
ジャカルタ・パレンバンアジア大会では金メダル獲得で輝かしい功績を打ち立てた。
個人技に優れるという点で、ファン・インボムに早くもポルトガルなどヨーロッパから注目されているだけに、ベント監督も着実に重用している。

オーストラリア遠征で行われる11月のAマッチでは、ファン・インボムがベント監督の"皇太子"にそびえ立つ最も近いチャンスになる見通しだ。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "独が呼ぶ!"ファン・インボム、メンヘングラッドバッハなどブンデスリーガ2チーム"関心"
スポーツ東亜




※一部要約

輝く才能の若い太極戦士も確保した。
ウルグアイ~パナマに繋がる10月のAマッチシリーズのためキャンプに合流した24人のうち18人がグラウンドを踏んだが、"多用途カード"ファン・インボム(22・大田シチズン)が際立っていた。
9~10月のキャンプにどちらも参加し、4試合をプレーして、先発出撃したパナマ戦ではずっしりとしたシュートでAマッチデビューゴールを放った。
両足を上手く活用し、鋭いパスとサッカー知能が逸品のファン・インボムは、すでにベント監督の目にすっぽり入った。

有望株としてエースに位置づけられたファン・インボムに向けられたヨーロッパクラブの関心も再び高まった雰囲気だ。
彼をめぐって特別な気流が感知されている。
17日、ヨーロッパサッカーに詳しい複数の関係者によると、ドイツ・ブンデスリーガの2クラブがファン・インボムを注意深くチェックしていることが把握された。

その中の一つがボルシア・メンヘングラッドバッハだ。
1900年に創立されたこのクラブは、ファン・インボムが軍入隊の前にヨーロッパ進出を打診して2016年下半期からスカウトのリストに入り、着実に近況を見ている。
入団は不発となったが、当時はボルシア・ドルトムントやベンフィカなどと緊密に接触して存在を知らせた。
当然、ファン・インボムが牙山警察庁所属で出た2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取り、早期除隊したという事実もわかっている。
移籍のための最大の障害物がなくなったという意味である。
ドイツ西部にホームを置く別の1チームもやはり、ファン・インボムに大きな関心を示していることが明らかとなった。

もちろん急ぐ必要はない。
だが確実な点は、若いほど移籍の可能性が高いという事実だ。
一度タイミングを逃せばチャンスは届かない。
特にブンデスリーガは若い血を好む。
一歩遅れてヨーロッパの舞台を踏んだイ・ジェソン(26、ホルシュタイン・キール)が「もう少し果敢に挑戦するべきだった」と悔いた背景である。
幸い、ファン・インボムは最適な時期である。

Kリーグ2で激しい昇格争いをしている大田もよくわかっている。
雰囲気は熟した。
契約期間は2年残っているが、商売のためには今冬の移籍市場が適期だ。
「ヨーロッパクラブが先に渡しに訪れてくるよう、止まることなく成長する」というファン・インボムの長年の夢が一歩近づいた。




"独グラッドバッハ移籍説"ファン・インボム、市場評価額はいくらか
ベストイレブン




※一部要約

この報道が出た後、しばらくしてドイツの移籍専門サイト<トランスファーマルクト>にファン・インボムの移籍説がリストアップされた。
出処は先に伝えた国内メディアである。
<トランスファーマルクト>は世界中のサッカー選手の市場価値とプロフィイール情報を共有するプラットフォームだ。
かなりの選手の市場評価額が明示されている。
予想移籍金に近い概念である。

これによると、去年12月15日にアップデートされたファン・インボムの市場価値は25万ユーロだ。
韓貨で3億2500万ウォンである。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会以前なので、牙山ムグンファ所属としてプレーしていたときに算定された金額であり、アジア大会優勝で得た兵役免除と最近の代表乗船で上昇した株価はまだ反映されていない。

最近見せた活躍を反映すれば、ファン・インボムの市場価値は少なくとも数倍に跳ね上がると観測される。
Kリーグ1最優秀選手のイ・ジェソンが夏の移籍市場でドイツ2.ブンデスリーガに移籍したときに発生した移籍金は150万ユーロ(約19億4900万ウォン)だった。
ホルシュタイン・キールのクラブ史上最高移籍金だった。

だがファン・インボムの場合は違う。
2015年のデビューシーズンからずっとKリーグ2だけでやってきたファン・インボムは、Kリーグ1では1シーズンプレーしただけである。
デビューシーズンに大田所属として14試合に出場し、4ゴール1アシストを記録した。
翌年にKリーグ2に降格した大田で35試合に出場して5ゴール5アシストを上げ、キャリアハイを取った。
長い間、着実に真価を証明してきたイ・ジェソンとは違いがある。

ファン・インボムの価値は現在より未来にある。
ファン・インボムは1996年生まれで、数え年でも23歳に過ぎない。
そこに兵役が免除され、彼を獲得するときの生まれるメリットが多くなった。
ファン・インボムはアジア大会優勝で牙山から早期除隊し、現在は大田所属として3試合で1ゴール1アシストを記録している。
16日の親善パナマ戦では成人代表で初めて先発出場してデビューゴールまで記録、パウロ・ベント監督の心を掴んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...