ファン・ウィジョが韓国-ウルグアイの統計的MVP…2位はチョン・ウヨン
MKスポーツ




※一部要約

韓国-ウルグアイの評価試合を統計的に分析した結果、ファン・ウィジョとチョン・ウヨンがTOP2にあらわれた。

ソウルワールドカップでは12日、韓国-ウルグアイのAマッチ親善試合が行われた。
FIFA世界ランキング55位の韓国が5位のウルグアイを2-1で下し、相手戦績史上初の勝利の喜びを享受した。

統計会社"オプタスポーツ"は9月のAマッチまで一般に公開していたアジア開催国の国家対抗戦の個人別記録を、関係者専用のサービスに変更した。
代わりに10点満点-平均6点方式の電算評点を配布し、選手1人1人の活躍像をある程度推測できるように配慮した。

韓国-ウルグアイの"オプタスポーツ"統計基盤の電算評点を見ると、ファン・ウィジョが9点で単独1位、チョン・ウヨンが8点で2位に上がった。

ファン・ウィジョは後半21分に先制ゴール、チョン・ウヨンは13分後に決勝ゴールで韓国・ウルグアイ戦の勝利を牽引した。
4-2-3-1でファン・ウィジョはワントップとして67分、チョン・ウヨンは守備型MFとしてフルタイムを消化した。

主将ソン・フンミンはPKミスの余波で韓国・ウルグアイ戦の評点が5に留まった。
PKは最新のサッカー指標"得点期待値"で0.75~0.8と測定される、ゴールの可能性が非常に高い状況なので、失敗すれば統計的に叱責を受けるしかない。


■韓国・ウルグアイ戦スターティングメンバー"オプタスポーツ"評点

9点:ファン・ウィジョ
8点:チョン・ウヨン
7点:ホン・チョル、キ・ソンヨン
6点:キム・スンギュ、チャン・ヒョンス、イ・ヨン
5点:ソン・フンミン
4点:キム・ヨングォン、ファン・ヒチャン、ナム・テヒ


スポンサーリンク
楽天





[一問一答] ファン・ウィジョ「選手が自信を見出した、ボールを恐れない」
スポTVニュース




※一部要約

13日、ファンとともにするオープントレーニングが実施された。
900人のファンが早い時間から長い列を作り、代表人気を確認させられた。

ウルグアイ戦で先制ゴールを決めたファン・ウィジョは、現在のこの雰囲気を続けて最善を尽くすという覚悟を明かした。





─ファンがすごくたくさん来たが。

ファンの方々が来てくれればいつも気分が良い。
ウルグアイ戦の勝利で気持ち良く練習に出てきたが、たくさん訪れてくれてありがたく思う。


─3年ぶりに代表でゴールを決めた。競技力は満足しているか。

満足よりは惜しさが大きい。
チャンスが来たときにもっと早く決めるべきだったのに、そうではなかった。
勝ったことには満足している。


─ウルグアイは強いチームだ。選手に自信がかなり生まれたようだ。

自信を見出した。
雰囲気も本当に良い。
この勢いをパナマ戦まで続ける。


─ワントップでプレーしている。ライバルのソク・ヒョンジュンも良い試合を見せた。

ストライカーは常に競争をする席だ。
個人的にもかなりの準備をした。
ヒョンジュン兄さんは良い試合をした。
競争すればもっと良くなるだろう。


─ベント監督は早い攻撃展開とビルドアップを要求している。

後方のビルドアップから攻撃を展開しようと努めた。
自信を持って臨んだし、選手もボールを恐れず先に貰おうとするプレーをした。
今はこの自信を維持して、さらに良いプレーをお見せする。


─ウルグアイ戦の勝因は。

選手が自信ありげにやったのが最も大きい。
先にボールを貰ってプレーしたし、ボールが来ても恐れずに自信を持ってやった。
強いチームを相手に臆することなくやって良い結果が出た。


─後方のビルドアップができるとFWとしてどうなのか。

確実により楽になる。
最前方、ボックス付近で待つこともできて、チャンスがさらにたくさんできるようになる。
中盤でパスを上手く解いていけばFWに良いパスが来る。


─アジア大会を上手く終え、今後はアジアカップがある。

代表というのは常に最善を尽くさなければならない席だ。
良い試合をお見せしなければならず、私もやはりしっかり準備している。
良い雰囲気を続けていきたい。
アジアカップに出ることになれば、良いプレーをお見せする。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ファン・ウィジョとチョン・ウヨンのゴールで韓国がウルグアイを撃沈…36年で初勝利



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...