Jリーグ外人出場修正案…1部5人-2部4人-3部3人
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJ1リーグが、2019シーズンから1チーム当たり最大5人が1試合に出場できる。

日本の"スポーツ報知"は10日、「Jリーグ事務局が2019シーズンから施行する外国人選手クォーター拡大の修正案を9日に各クラブへ提案した」と伝えた。

外国人選手の試合エントリー(出場および待機)登録数をJ1リーグ5人、J2リーグ4人、J3リーグ3人に拡大する。

当初はJ1~J3リーグまですべて1チーム当たり最大5人の出場が可能な方案だったが、クラブの意見を反映して差をつけた。

Jリーグはリーグ競争力強化のため、外国人選手の比重を増やしている。
まず外国人選手の保有限度を廃止する方向である。

提携国クォーターのタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、イラン、カタール出身の選手は外国人選手として扱われない。


スポンサーリンク
楽天





Jリーグの外国人出場を5人に拡大…韓国に影響は?
スポーツ京郷




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが国際化を夢見ている。
今夏にアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に入団して話題を集めると、今度は外国人選手の出場拡大を推進している。

現在のJリーグは各チーム毎に外国人選手の出場を、外国人選手3人にアジアクォーター1人の最大4人に制限している。
だが来シーズンからはその人数を5人に増やす方案を推進することにした。
また、外国人保有限度も、既存の5人から制限を廃止することも考慮している。

イニエスタをはじめとしてルーカス・ポドルスキ、フェルナンド・トーレスら世界的選手が1人2人と登場し、国際的認知度をアップさせたJリーグが、初めから外国の選手に門戸を開くという意味だとみられる。
Jリーグはすでに2014年から、東南アジア開拓の一環として"提携国クォーター"でタイやベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール出身の選手は外国人選手として扱わずにいる。

Jリーグの変数は韓国サッカーにどのような影響を及ぼすのかはまだ未知数である。
事実上のアジアクォーターが廃止される中で、この部分の最大の受益者だった韓国選手が席を失う可能性がある。
今年のJリーグでは、1~3部リーグの54チームで計51人の韓国選手がプレーしている。
ほとんどアジアクォーターが適用されている選手なので、制度の変化によって競争力を失うという憂慮が提起されている。
中国プロサッカーでもアジアクォーターで活躍していた代表級選手が出場機会を失い、1人2人去っていった。

逆に韓国プロサッカーで出場機会が得られなかった選手が、容易にチャンスを得るという声もある。
先月に天安で行われたJリーグクラブ招請入団テストに合格した20人余りの選手が、日本大阪に渡って最終テストを受けている。
Jリーグで活動しているあるエージェントは「結局は私たちの選手がヨーロッパや南米の選手と比較して、実力でも金額でも競争力を備えれば解決する問題」と伝えた。


【関連記事】
韓国メディア:9月に韓国でJリーグ招請の入団テストを開催…23クラブがスカウトを派遣



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...