[A-招集] "ソク・ヒョンジュンと競争"ファン・ウィジョ、「FWなら常に競争しなければ」
InterFootball




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表が8日、坡州NFCに招集されて10月のAマッチ2連戦を準備する。
韓国は12日にソウルワールドカップ競技場でウルグアイと試合をした後、16日に天安総合運動場でパナマと一戦を行う。

9月のベント号1期からベント監督に2回目の招集を受けたファン・ウィジョは「代表は常にワクワクして緊張する席だ。いつもより良い姿を見せなければならない。短期間だが準備をしっかりやって良い姿を見せる」と代表で見せる覚悟をあらわした。

9月のメンバーにはファン・ウィジョと同じポジションにチ・ドンウォンがいたが、今回は負傷で落馬した。
代わりにソク・ヒョンジュンが新たに合流し、FWの競争を予告した。

これについてファン・ウィジョは「FWは常に競争をする席だ。準備をしっかりして良いプレーを見せる」として、ストライカーにとって競争は当然の宿命であると言及した。

ファン・ウィジョは9月のAマッチでベント監督にどういう感じを受けたのか。
「あまりにカリスマがあり、情熱が溢れる方だ」と説明し、「練習中に一つ一つ細かく教えたり、言葉が多い方ではない。攻撃的なプレーを望んでいる。それに合うように準備する」と答えた。

最後にファン・ウィジョは、今回の10月のAマッチに先立って「FWとして得点すれば当然嬉しい。得点できなくてもチームの役に立たなければならない。チャンスができれば必ずゴールを決める」と誓った。


181008154511716a.jpg


スポンサーリンク
楽天





[A-招集] キム・ジンヒョンの期待、「チョ・ヒョヌによってGKのヨーロッパ進出可能」
InterFootball

181008161109674.jpg


※一部要約

南米の強豪ウルグアイを相手にするキム・ジンヒョンは「強いチームとゲームができるのは、韓国サッカー発展の機会になる。4年後のワールドカップを準備する過程で、すべての試合は私たちが発展できる良い機会だ」として、強いチームとの対決で代表が成長できると伝えた。

今回の代表のGKエントリーにはキム・ジンヒョンの他にも、チョ・ヒョヌとキム・スンギュが招集された。
彼らのうち、チョ・ヒョヌは9月のAマッチに招集されたが軽い負傷で途中下車した。
所属チームで集中して回復した後、今回の10月のAマッチで再び招集された。

チョ・ヒョヌ、キム・スンギュとの競争を控えたキム・ジンヒョンは「GKは常に競争しなければならない。だがライバルより同僚だと思っている。常にそういう気持ちで、すべての試合で最善を尽くす」として、一つのチームになって韓国のゴールを守ると誓った。

現在、キム・ジンヒョンが活躍する日本Jリーグにはキム・スンギュ、チョン・ソンリョン、クォン・スンテ、ク・ソンユンら代表級のGK資源が活躍中だ。
Jリーグチームだけが韓国GKを好む状況である。
また、ロシアワールドカップで輝かしい好セーブを見せたチョ・ヒョヌのヨーロッパ進出の可能性も提起され、韓国GKの活発な海外進出が予想される時点だ。

これについてキム・ジンヒョンは「それだけ韓国GKが優れているということだ」として、日本の舞台で韓国GKが優れた活躍をしていることについて自負心を感じた。
続けて「ヒョヌによって今後Jリーグはもちろん、ヨーロッパに進出する足場になるだろう。もっと良いGKが出てくると期待される」として、韓国GKがアジアを越えてより大きな舞台に出ていけることを希望した。


181008161109674a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...