クォン・スンテ論難でACLの"妙な性格"浮上
蹴球ジャーナル




※一部要約

クォン・スンテ(34、鹿島アントラーズ)で韓国と日本の両国が熱い。
"頭突き"論難が大きくなり、アジアチャンピオンズリーグの妙な性格も浮かび上がっている。

勝敗よりも鹿島の守門将クォン・スンテの"非マナー"がさらに注目された。
クォン・スンテは1-2でリードされていた前半終盤、水原のイム・サンヒョプを足で蹴り、頭突きをした。
韓国語で悪態もついた。
ゴール前の混戦状況でボールを防ごうとするのを、イム・サンヒョプが邪魔をしたと判断したようだ。
両チームの選手が一斉に集まった。
明らかに退場感だったが、審判はクォン・スンテにイエローカードしか与えなかった。

状況が発生した直後、"クォン・スンテ"は韓国のポータルサイトで急上昇検索語1位になった。
関連記事が溢れた。
4日午前にもクォン・スンテの名前は急上昇検索語1位に上がった。

水原の主将ヨム・ギフンはクォン・スンテを指して審判に強く抗議した。
一方、鹿島の日本選手はクォン・スンテを庇って保護した。

ACLで見られる独特のシーンだ。
基本的にはクラブ大会だが、国家対抗戦の性格も帯びている。
日本、中国、タイなど他のアジア国家のリーグでプレーする韓国選手が、Kリーグチームと試合をするときは妙な雰囲気が形成される。
過去にリー・ウェイフォン、ファン・ボウェンの中国選手が水原、全北所属で中国チームと激突したときも、似たような気流があった。

鹿島戦を前日に控えて、水原の外国人FWデヤンは韓国メディアに惜しさをあらわした。
ACL4強戦なのに大きな関心が見られないと指摘した。
ロシアワールドカップとジャカルタ-パレンバンアジア大会以降、代表の親善試合が4回連続で売り切れるなど、サッカーファンの関心が急増しているのにKリーグ、FAカップ、ACLは相対的に多くの注目を集めることができなかった。

そのような状況で、クォン・スンテの頭突き論難によってACLが国内で大きな話題となった。
水原で行われる2次戦は、試合日が迫るにつれてクォン・スンテ出場の有無などで、メディアとファンの関心がますます大きくなるものとみられる。
今回の事態は荒々しいフェアプレー論難を呼び起こす一方、ACLを知らせるキッカケとなった。


スポンサーリンク
楽天





"頭突き論難"クォン・スンテ、韓-日サッカー戦争に火をつけた
スポーツ朝鮮




※一部要約

一触触発だ。
クォン・スンテの歩みで反日感情が高まっている。
韓-日サッカー戦争に激化する兆しである。

退場の危険を犯した異例の感情噴出。
なぜそうしたのか。
試合後にクォン・スンテは「やってはいけない行動というのをわかっていたが、チームのためなら必要かもしれないと思った。勝つことになって嬉しい」と語った。
クォン・スンテとイム・サンヒョプは過去に全北で同じ釜の飯を食べた間柄。
2シーズン(2009~2010シーズン)をともにした。
同じチームにいたが、厚い親交は築けなかったという。





意図的であろうとなかろうと、刺激効果はあった。
実際、クォン・スンテの"頭突き"から試合の様相はサッと変わった。
1-2で押されていた鹿島は、後半39分にセルジーニョの同点ゴールで勝負を振り出しに戻した。
そこに試合終盤、内田のミドルシュートが水原DFに当たって屈折して得点につながり、最終的に3対2の勝利を手にした。
クォン・スンテの行動が鹿島の日本同僚選手の闘志を呼び起こしたようだ。
試合最優秀選手に選ばれた内田は「クォン・スンテの行動がスイッチをつけたような効果を出した。選手の間でやってやろうという雰囲気が作られた」と語った。

劇的な逆転勝ちをした鹿島は、決勝進出まで一歩リードすることになった。
だが4強戦はまだ終わってない。
水原にもチャンスはある。
両チームは24日、水原ワールドカップ競技場で運命を賭けた2次戦を繰り広げる。

いつのときよりも熱い対決が予想される。
戦争を彷彿とさせるほどの激しい雰囲気が作られる公算が大きい。
水原ファンは相当怒っている。
クラブ公式SNSを通じて"クラブはアジアサッカー連盟に必ず抗議しなければならない"、"ホームでは必ず勝とう"など声を高めている。

イ・ビョングン水原監督代行は「結果は残念だが、選手が試合を解いていった過程は悪くなかったと思う。ホームで行われる2次戦は必ず勝利し、決勝に進出できるようにする。選手がやれるという自信を持ち、2次戦を冷静に準備するよう願う」と語った。

"頭突き論難"が火をつけた韓-日サッカー戦争。
果たして最後に笑うチームはどちらなのか。


【関連記事】
【ACL4強】韓国ネチズン反応:水原三星が鹿島アントラーズに逆転負け…クォン・スンテが理解できない醜態
【ACL4強】韓国メディア:「衝撃と恐怖」…鹿島アントラーズに逆転負けの水原、地震で眠ることもできなかった



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...