ユン・ジョンファンのアドバイス、「韓国には特徴のある選手が多くない」
ベストイレブン




※一部要約

日本Jリーグで韓国ファンから最も多くの注目を浴びている指導者がいるなら、セレッソ大阪の指令塔をしているユン・ジョンファン監督だろう。
九州地方の誰も注目していなかったクラブのサガン鳥栖を一躍日本J1リーグのトップクラスのチームにして指導力を認められ、その後は蔚山現代を指揮して故国の舞台を号令したりもした。

最高の時期は今ではないかと思う。
蔚山の指揮棒を下ろしてセレッソ大坂の指揮棒を取ったユン監督はルヴァンカップと日王杯を続けざまに獲得し、今年は2018フジゼロックススーパーカップと2018スルガ銀行チャンピオンシップまで征服した。(※スルガ~は負けてる)
ちなみにセレッソ大阪はJリーグ発足後に4回の公式大会優勝記録を持っているが、このすべての業績はユン監督体制で達成した。
ユン監督が高く評価される理由だ。

そのユン監督に22日、平塚で行われた2018J1リーグ27ラウンドの湘南ベルマーレとの対決を前に会った。
ユン監督はインタビューでKリーグとJリーグで体験した経験をファンと共有しようとした。
似ているようで多くの違いがある二つのリーグに関心を持って見守るサッカーファンにとって、とても興味深い情報になることを期待する。


KリーグとJリーグの環境の差は?

「日本で長く活動していると、韓国で指導者生活をしたときに意外と孤独だということを感じたりもした。なので余計に大変だったようだ。例えば日本では監督だけをしていれば良かったが、韓国では色々と気を使うことが多かった」

「練習と試合の環境も明らかに差がある。私がいた蔚山は練習環境が良かったが、蔚山をはじめとする数チームを除けば、芝などの様々な施設の面で日本のほうが良い。Kリーグ2ではよく人工芝で試合をすると聞いたが、インフラの面では韓国が遅れている。観客数も大きく違う。私が指揮しているセレッソ大阪は2万の観客を簡単に集める。浦和レッズなどのもっと大きなチームは、より多くの観客を動員する。Jリーグではかなりヨーロッパの雰囲気が演出されていて、それだけ忠誠心のあるファンも多い。だが韓国は水原三星・FCソウル・全北現代などの数チームを除けばそうではない。もっと熱心にするべきだと思う」


スポンサーリンク
楽天








Kリーグの試合が難しかった理由は?

「振り返ってみるとJリーグのチームとは違って、Kリーグのチームは試合ごとに選手の変化がかなり激しい。日本のチームは試合に出場する11~15人の選手が概ね決まっている。なので試合前に相手のラインナップをある程度予想できる。なので対処するのが易しい。だが韓国は違う。試合のエントリーは毎ラウンドすごく変化無双だという表現が正確な表現だろう。毎試合4・5人は基本で、6・7人も簡単に変わる。なので相手がどういう戦略を立てて試合に臨むのか、把握するのが難しかった。韓国のやり方と日本のやり方のどちらが良くて悪いのかはわからない。だが韓国のチームの試合に臨むやり方は明らかに印象的だった」


Kリーグに必ず導入するべきJリーグの試合制度はあるか?

「試合前のミーティングだ。日本Jリーグでは試合直前に両チームの団長と監督、審判陣、試合監督官が同じ席で少し会う。この席では審判と試合監督官が今日の試合の判定のガイドラインをはじめとして、様々な事項を両チームに周知させる。大したことではないかもしれないが、かなり意味のある席だと思う。もちろん日本でも審判に対する不満は大きい。だが試合開始前に互いの顔を見て、意見のやり取りをするので、芳しくないことはそれほど多くない。韓国でもそういう席を作れば良いのではと思う。互いのことを考えて知ることができるからだ」





日本と比べたとき、韓国サッカーの最も惜しい点は?

「Jリーグの全チームがプロチームの戦術と哲学をU-12・U-15・U-18のユースチームと共有している。例えばプロチームが4-4-2のフォーメーションを使えば、年代別チームもできるだけその戦術に合わせて選手を育てる。つまり、選手は幼い頃から身を置いているプロチームの哲学に合わせて成長する。この前、代表チームの運営について討論会をしたと聞いたが、A代表を強くするにはユースの段階からA代表の色と合わせる育成手法が必要なのではないかと思う。もちろん韓国なりの長所もある。例えば韓国は監督をあまりにも簡単に変える風土がある。だからなのか、韓国選手は日本選手と違って、監督が変わっても即座に適応するようだ。だがビジョンと哲学なしに、成績を出すだけのサッカーだと思う。これでは未来がない」

「日本の場合、セレッソ大坂と浦和レッズのチームカラーは完全に違う。単に2チームだけがそうなのではなく、全体的にチームによって色が違う。追求する特徴が違うため、そういう構図が作られる。ところが韓国では特徴のある選手がだいぶ消えた。私が現役で活躍していたときには、浦項といえばファン・ソンホン、水原といえばデニスやコ・ジョンスを思い出すファンが多かった。選手の特徴や強みが明確だったし、チームの色もその選手らのおかげで互いにかなり違っていた。ところが最近のKリーグではそういう選手を見つけにくい。もちろんファンは勝つことを望んでいて、プロも勝つことを追求する。だが勝つためには、まず特徴のある選手を多く作らなければならない。そうやってこそ未来があるからだ。利点においては、韓国クラブが不十分である」


再び韓国の舞台に挑戦するつもりはあるか?

「やってみたいことがある。だいたい十年後には韓国でユース育成をする指導者になりたい。私たちのサッカーは、基本的なことを多少軽く考える傾向があるからだ。基礎に忠実なユースを教えたい。何よりも基本的なことが重要だということを、子供たちに強調したい」

「最後に韓国で体験した監督経験は、指導者として良い成長の土台となったみたいだ。特に精神的な面でそうである。日本人は強いキャラクターにあまり会えないからなのか、私がよく受け入れられているようだ。ところが蔚山ではそうじゃなかった。個人的には韓国サッカーをあまり知らなくて難しい部分があったみたいだ。なので韓国で次の機会をまた得ることになれば、そのときよりはもっと上手くやれるだろう。韓国サッカーを経験したからである」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...