"チョ・ヒョヌのいないときがチャンス"GK競争、ベント号1期のチェックポイント
MKスポーツ




※一部要約

「私もいます」
チョ・ヒョヌの除外でGK競争がベント号1期の新たなチェックポイントになった。

大韓サッカー協会は5日、「2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で膝を負傷したチョ・ヒョヌに代わり、ソン・ボムクンがA代表に合流する」と伝えた。

チョ・ヒョヌは8月23日のアジア大会16強イラン戦で、左膝の負傷によって後半14分に交代した。
精密検査の結果、左膝半月状軟骨板が腫れていた。

チョ・ヒョヌはその後、準決勝のベトナム戦と決勝の日本戦に先発出場して優勝に尽くした。
だが膝の状態は100%ではなかった。

無理したり急ぐ必要もない。
パウロ・ベント監督もすでにチョ・ヒョヌがプレーした2018FIFAロシアワールドカップ、2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会の試合をチェックした。
チョ・ヒョヌは2回会を行い、"ナンバーワン"GKに位置づけられた。

チョ・ヒョヌの不在でベント監督の目に存在を知らしめるため、GK競争に火がついた。
"テスト"の性格が強いデビュー2連戦の特性上、できるだけ等しく選手を起用する可能性が高い。
GKも例外ではない。
シュティーリケ元監督も最初のAマッチ2連戦でキム・ジンヒョン(31・セレッソ大阪)とキム・スンギュ(28・ヴィッセル神戸)を交代交代で出場させた。


スポンサーリンク
楽天





チョ・ヒョヌ負傷離脱…ベント号の9月"GK競争の佳境に入る"
スポータルコリア




※一部要約

チョ・ヒョヌの空白は残りのGKにとってチャンスだ。
9月の代表初出航を準備しているベント監督に強い印象を残さなければならない。
代表のゴールネットを守る候補3人はキム・スンギュ、キム・ジンヒョンと代替抜擢されたソン・ボムクンである。

2017年11月の雰囲気と似ている。
主戦GKキム・スンギュがAマッチの途中に足首を負傷し、EAFF E-1チャンピオンシップ出場が不発になった。
チョ・ヒョヌは11月のセルビア戦で動物的な好セーブによって、E-1チャンピオンシップとロシアワールドカップ出場の意志を燃やした。
キム・スンギュ、キム・ジンヒョン、ソン・ボムクンが9月に最高のコンディションを見せなければならない理由である。

ソン・ボムクンにとっても9月の評価試合は重要な試合だ。
ソン・ボムクンは次世代GKとして注目されていたが、2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会のマレーシア戦で不安な姿を見せた。
アジア大会での問題点を補完し、長所を爆発させて主戦の隊列に合流しなければならない。




キム・スンギュに訪れたチャンス、チョ・ヒョヌの空白でベント号最初のGK
国民日報




※一部要約

これまでのチョ・ヒョヌの相次ぐ活躍に、キム・スンギュがただ笑っているというのは難しかった。
キム・スンギュはチョ・ヒョヌの前に、4年間不動の代表主戦GKとして活躍した。
彼の牙城に挑戦する人物はいなかった。
チョン・ソンリョンの不振で2014ブラジルワールドカップのベルギー戦に出て印象的な活躍を見せ、安定して活躍してきた。
ロシアワールドカップ最終予選6試合を任され、Aマッチでも33試合に出場して31失点を記録、優れた活躍を繰り広げた。
シン・テヨン監督体制で835分プレーし、代表GKの中で最も多い選択を受けた。

だがチョ・ヒョヌが2018ロシアワールドカップのスウェーデン戦でサプライズ先発出場して、立て続けに神懸かり好セーブを繰り広げた。
特にドイツとのグループリーグ最終戦では、世界最高のGKに挙げられるマヌエル・ノイアーとの対決で相次ぐ好セーブショーを繰り広げ、試合の最優秀選手に選ばれた。
全国民的な関心を集め、全世界的に自分の名前を知らしめた。
ワールドカップの活躍はチョ・ヒョヌの選手人生を根こそぎひっくり返した。

チョ・ヒョヌはその後、アジア大会優勝で金メダルを首にかけ、兵役恩恵まで受けてヨーロッパ進出まで期待されている状況だ。
キム・スンギュはロシアワールドカップでチョ・ヒョヌの活躍に埋もれ、わずか1分も出場できなかった。
ワールドカップのために汗を流して練習に邁進してきた選手当人も、惜しさが残っているはずだ。

キム・スンギュにとっては、チョ・ヒョヌの空席は今一度自分を証明できる良いチャンスである。
新任監督であるベントにお墨付きをしっかり貰わなければならない。
ベント監督は戦術に大きな変化を与えず、評価試合を通じて選手団の特色を詳細に把握する計画だ。

キム・ジンヒョンと代替抜擢されたソン・ボムクンはいるが、チョ・ヒョヌがいない状況での最初のカードは断然キム・スンギュである。
ソン・ボムクンもやはり、チョ・ヒョヌの代替者として選ばれているだけに、アジア大会での惜しい姿を忘れ、所属チームの全北で見せている自分の強みを発揮しなければならない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...