"覇気セレモニー"イ・スンウ、日企業の広告看板の上で歓呼した
エムスプラニュース




※一部要約

"宿命の韓日戦"であらわれたイ・スンウのセレモニーが話題を集めている。

1日、韓国サッカー代表は2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会決勝戦で日本を2-1で撃破した。

みなぎる緊張感が漂う中で進められた試合は、前後半90分で勝負を決められず、延長戦に突入した。
延長4分に左サイドからきたボールを、イ・スンウが強力な左足で決めて勝負は韓国側に傾いた。

ゴールを決めるやいなや、興奮したイ・スンウは選手を避けて広告看板の方へ走っていった。
そして広告看板を踏んで立ち上がった彼は、耳に手を当て"歓声が聞こえる"セレモニーを披露した。





彼がやっと上がった広告看板の正体はずばり日本企業"トヨタ"の広告看板だった。
イ・スンウはカメラが最も多く集まっているところに向かって突進しただけだったが、踏んで立ち上がった広告看板の主があいにく日本企業だと明らかになり、再び話題を集めている。

トヨタは日帝強制占領期間に韓国人を動員して強制労働させた企業として知られているためである。
そのような事実のため、イ・スンウのセレモニーは国内ネチズンからさらに大きな歓呼を得ている。


スポンサーリンク
楽天





[AGイシュー] トヨタの広告看板の上から-ジャカルタ散歩…韓日戦で妙味のセレモニー
スポータルコリア




※一部要約

最近の韓日戦で一貫しているセレモニーは、相手に冷水を浴びせて悠々と歩く散歩だ。
2010南アフリカワールドカップ前の日本との親善試合で、パク・チソンがゴールを決めた後で見せた散歩セレモニーは、特別な咆哮なしに堂々と歩くことが核心である。
日本を迎えてゴールを決めることが、特別なことではないように軽々と散歩するように走るセレモニーは、相手を沈黙させるのにちょうど良い。

パク・チソン以降、色んな選手が散歩セレモニーを繰り広げた。
イ・ドングがアジア・チャンピオンズリーグで日本の心臓部で再現し、去年末の東アジアカップでもキム・シヌクをはじめとする代表選手が一緒に散歩セレモニーを繰り広げて拍手を受けた。

歴代で最も熱い韓日戦と言われる2012ロンドンオリンピック3-4位戦でも、韓国はク・ジャチョルの先制ゴール後にベンチに走っていき、万歳三唱をした。
当時、光復節を控えていた時点で、キ・ソンヨンの提案で万歳セレモニーがグラウンドを沸かせた。





1日、キム・ハクボム号の日本沈没でも鳥肌の出るセレモニーが列を成した。
この日の試合でゴールを記録したイ・スンウとファン・ヒチャンは、韓国戦の歴史に残るセレモニーを繰り広げた。
イ・スンウはゴールを決めて広告看板に上がり、両手を耳に当てて自分に歓声を集中させた。

サッカーファンはイ・スンウが踏んで上がった広告看板に日本企業のトヨタが刻まれていたことで、試合後にイ・スンウの意図的(?)なセンスに感心するほどだった。

決勝ゴールの主人公ファン・ヒチャンは、伝統になった散歩セレモニーをジャカルタまで拡張させて日本を沈黙させた。
ファン・ヒチャンは今大会8強のウズベキスタン戦の決勝ゴールを決め、ユニフォームの上着を脱いで自分の名前と背番号を誇示する"メッシセレモニー"でも注目され、ゴール後に見せる行動も重要な試合の一部であることを証明した。




イ・スンウ、ファン・ヒチャンのセレモニー…日本反応「屈辱以上の屈辱」
デイリアン




※一部要約

試合後、日本サッカーファンは「屈辱以上の屈辱にあった」として沈鬱だった。

日本ファンはヤフージャパン、SNS、5chの掲示板を通じて「ファン・ヒチャンのゴールセレモニーにすごくムカついた」、「訳もなく視聴した。韓日戦は後遺症が酷い」、「アジア大会でパク・チソンのセレモニーを見るとは」、「それでも日本選手はよく戦った」、「イ・スンウは本当に恐ろしいほど成長したな」

「日本は守備だけして終わった」、「日本のサッカースタイルが変わった。雑なロングボールサッカー+カウンターアタックに変貌したんだな」、「ソン・フンミンの最後の表情がワールドカップで優勝した選手の表情だった」、「やはり軍隊免除の効果はすごい」など様々な反応を見せた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...