[キム・サンヨルのハーフタイム] キ・ソンヨンが考える太極マークと韓日戦
ダウムスポーツ




※一部要約

「言わなくても韓日戦がどういう意味を持つのかわかっているでしょう。私が2012ロンドンオリンピックで日本との銅メダル決定戦で持っていた気持ちと同じだと思います。必ず優勝すると確信しています」

フルタイムをプレーしてから3日で再びフルタイムでした。
リーグ戦もカップ戦もどちらも敗れたので、体も心も疲れるだけのことはあります。
それでも試合後、疲れた素振りもなくホームのファンに挨拶します。
彼は自分を切実に呼んでいるファンにユニフォームを脱いであげて、グラウンドを出ました。

競技場の外でもキ・ソンヨン選手は、待っているファンに近づいてわざわざサインもして写真も撮ってあげます。
すべてのファンサービスを終えた後、彼の話を聞くことができました。
代表とアジア大会に対する彼の考えを。

彼はワールドカップ後に、代表を去るかもしれないという気持ちをあらわしました。
誰よりも太極マークの大切さをわかっている彼が、もう下ろしたいという気持ちを伝えたのです。
彼の消息を聞いた多くのファンが、甲論乙駁をしました。

彼を近くで見守ってきた私個人の考えでは、代表を去る可能性が高いと思っていました。
ところが新監督が就任して「経験のあるキ・ソンヨンが必要」と言い、結局9月のAマッチメンバーに名前を上げることになりました。
彼はどういう気持ちなのでしょう?


スポンサーリンク
楽天





gprkQo55837a.jpg


「ベント監督から電話が来ました。色々と話しました。監督は韓国に来て色んな話をしようとおっしゃいました。まだ監督についてよく知らないので、行って経験してこそわかりそうです。もちろん素晴らしい監督というのはわかっていて、監督に会うことは期待されます。そして今後の韓国サッカーが発展しそうだという期待もあります。監督と深く話をした後、私の将来について具体的な決定を下すことができそうです。まずは今週末のリーグ戦を終えて韓国に入り、代表の招集に応じなければなりませんね」

太極マークを付けてAマッチ100以上を消化しました。
長距離移動もしました。
膝も手術して、苦しい過程も過ごしました。
そして後輩のために席を空けてやりたいという気持ちも常にありました。
太極マークの大切さや自負心をわかっているが、下ろしたい気持ちもありました。
彼がどういう決定を下すのかはわからないが、代表で彼を見ることができるということはまだ幸いだと思います。
これだけ太極マークを大切に考える選手はあまりいませんから。


gprkQo55837b.jpg


我が国民だけでなく、多くの国のサッカーファンとメディアの関心が、インドネシアに集まっています。
最後の一戦である韓国と日本のサッカー決勝戦に。
特にソン・フンミン選手がプレーするイングランドのメディアやトッテナムは、より多くの関心を持っています。
ところでとりわけ今回の決勝戦に関心が高いチームがあります。
ニューカッスルです。
ノッティンガム・フォレストとの試合を終えた後、武藤選手も日本メディアにアジア大会についてこう語りました。

「チームメイトがキ・ソンヨンにたくさん質問をしている。なぜ韓国はリーグもしているソン・フンミンまでアジア大会に送ったのかと聞いていた。韓国は決勝に上がったが、他のアジア諸国とは違って強いメンバーでアジア大会に参加しているというスカイスポーツのニュースを見て、質問したのだ。キ・ソンヨンはその理由について長い時間、説明してくれた。韓国の状況や軍隊の問題などについて説明したが、同僚は兵役問題や韓国の法に対する背景をあまり理解できないようだ。育った生活環境が違うからである。私は理解している」


gprkQo55837c.jpg


「日本と韓国が決勝戦をする。私も韓国が強いと思う。特にソン・フンミンはすごく上手だ。そういう選手と日本が試合をしなければならない。容易ではない試合になるだろう。ソン・フンミンは私の友人で軍隊の問題があるにしても、私は日本人なので日本が優勝することを願う」

韓日戦を前に韓国と日本の選手が同僚だからか、ニューカッスル選手の関心は高いと言います。
また、ソン・フンミン選手を優れた選手と認めているようです。
武藤選手もソン・フンミン選手と親近感をあらわし、最高の選手と認めています。
だが血は水よりも濃いとして、日本が勝つよう応援しています。
自分たちの実力が不足していることを知りつつも…。

「今回のメンバーを見ると金メダルを取りそうです。必ず取ります」

ニューカッスルとトッテナムの試合が終わってインドネシアに発ったソン・フンミン選手と挨拶を交わした後、キ・ソンヨン選手は代表が金メダルと取ると予想しました。
彼は後輩が金メダルを取り、韓国サッカーが発展するためにより多くの道が開かれることを願っていました。

「グループリーグでソン・フンミンに連絡しました。ヒチャンにもしました。あまり負担を持たずにありのままの実力を見せてくれてます。進むほどますます彼らは上手にしてますね。私の予想通り優勝しそうです」


gprkQo55837d.jpg


「ウィジョが今回ワイルドカードで入ってゴールもたくさん決め、チームを生かしているようです。韓国サッカーのためにも、優れたストライカーがいるというのは良いことだと思います。ウィジョが日本戦でも今みたいに優れた競技力を見せ、(※A)代表に来ても着実に実力を発揮してほしいです」

「あえて私が言わなくても、韓日戦がどういう意味なのかわかっているし、私が2012年のオリンピックの日本との銅メダル決定戦で持っていた気持ち同じだと思います。私たちの選手は雰囲気に乗っているので、日本には十分勝てると思います。油断さえせず集中すれば金メダルを取ると信じています」

彼の望み通り、大韓民国サッカー代表が優勝して国民に喜びを与え、韓国サッカー発展のためにもっと大きくなってほしいです。
インドネシアにも彼の気持ちが伝わるよう願っています。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...