イ・ヨンピョ、アジア大会サッカー決勝「日本に3ゴール差で勝利」と予想
ソウル経済




※一部要約

イ・ヨンピョが韓国の3ゴール差の勝利を予想した。

今日行われる"2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会"男子サッカー決勝"大韓民国対日本"、運命の韓日戦を前に、KBSのイ・ヨンピョ解説委員が日本の分析と必勝戦略を伝え、また勝負も予測した。

イ・ヨンピョ委員は「ソン・フンミン、ファン・ウィジョらが加勢した私たちの代表は、今回のアジア大会で最強の戦力を持っており、勝利する資格は十分である」と期待混じりの予想を伝えた。

それとともにイ委員は、日本の分析と私たちの選手が警戒すべき点も指摘した。

まず彼は「戦力の強いチームではない日本が決勝まで上がることができたのは、森保監督の力だ」と語った。
森保監督は2012年から2017年まで広島の監督を引き受け、チームを3回もJリーグチャンピオンの席に上げた名将で、今回も19~20歳が主軸の若い選手をコントロールして決勝まで上げるのに決定的役割を果たした。

また、日本の戦術について「(伝統的に4バックの守備をする日本だが)今回のアジア大会で森保監督は3バックで攻撃的サッカーをしている」として、「決勝戦でも既存の戦術を維持するのか気になる」と語った。

日本で最も警戒すべき選手には速くて猪突的な前田を挙げ、続けて遠藤と岩崎につながる左サイドの攻撃に対する備えも徹底しなければならないという点を強調した。

特に「日本は準決勝までに取った9得点のうち、4ゴールを前半10分以内に決めている」として、「試合序盤に集中力を持って警戒する必要がある」と語った。

最後に彼は「日本を相手にする私たちの選手の目標が明確なだけに、精神力は十分だと思う」、「むしろ負担感が行き過ぎると問題」として、「適度な緊張感を持って試合をすれば、明らかに良い結果が出るだろう」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





韓日戦を前にチェ・ヨンスのアドバイス、「キム・ハクボム監督、緊張しなければならない」
インターフットボール




※一部要約

9月1日、いよいよ2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦が行われるなか、チェ・ヨンスSBSサッカー解説委員が韓国の相手チームである日本の森保監督と会って戦力を探った。

チェ・ヨンスと森保監督は選手時代から指導者生活まで、ずっち親密な仲を積み重ねた間柄で、久しぶりの出会いに嬉しさをあらわしながらも互いを牽制する姿を見せるなど、友情と競争の間を行き来する姿を見せた。

チェ・ヨンスは森保監督について「広島を率いてJリーグで2連覇したキャリアがある。徹底して分析し、核心を攻略する性格で、サッカーに対する哲学が明確でサッカーへの学習を怠らず誠実なことで、日本国内でも認められている監督」と評価した。

チェ・ヨンスは森保監督に会ってすぐ「韓国はかなり強い」と言うと、森保監督は「かなり緊張している。それでも韓国のような強いチームと決勝ですることができ幸せだし、最善を尽くす」と謙虚な姿を見せた。
別れた直後、チェ・ヨンスは「森保監督の指向を見たとき、1・2手はさらに準備してから入ってくるだろう。キム・ハクボム監督は緊張しなければならない」と牽制した。






続けて私たちの代表については「雰囲気に陶酔しすぎず、平常心を維持して試合に臨まなければならない。攻撃陣は個人よりチームのためだという気持ちで組織的に対応し、得点の状況を作ることが重要だ」と強調し、それから代表を直々に訪れてキム・ハクボム監督とソン・フンミン選手らに応援を伝えたりもした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...