[ZOOM-IN] "韓国居住"ベント師団、9月以降は家族も滞在予定
スポータルコリア




※一部要約

外国人指令塔を連れてくるのに障害物は様々ある。
その中でも韓国居住の問題は選任の過程で核心要素となる。

大韓サッカー協会は新任A代表監督を探し、キケ・フローレス元エスパニョール監督に積極的なアプローチをした。
キム・パンゴン代表監督選任委員長が直接キケ監督の自宅をと訪れて言葉を交わしたが、金銭的な部分はもちろん家族的な問題も障害物となった。

キケ監督だけのことではない。
ヨーロッパの居住する指令塔が、文化の異なるアジアで4年の長期間を過ごすことに気まずさをあらわす事例は多い。
4年前の代表選任のときも、ファン・マルバイク監督が韓国居住に困難をあらわした反面、シュティーリケ監督は国内居住に同意して選択が変わったことがある。

パウロ・ベント新任代表監督も同じ理由で大きな点数を受けた。
自分はもちろん、同伴するコーチ4人まで韓国居住を快諾した。
ミーティングのときから、代表の非招集期間にも業務をできるよう坡州NFCに事務室を用意してくれと言ったベント監督らしく、9月から本格的に身辺整理をする見通しだ。

サッカー協会は足早にベント師団が住む家を探している。
過去のフース・ヒディンクやシュティーリケ監督とは違い、ホテルに滞在するより住居を用意して4年のロードマップを構築する予定である。

サッカー協会の関係者は「9月のAマッチ以降にベント監督をはじめとするコーチ陣の家族すべてが入国する。ベント監督は子供がかなり成長しているので妻と過ごすだろうが、コーチ陣の子供はまだ幼くて、家族が一緒にそれぞれの家に住むことになるだろう」と説明した。


スポンサーリンク
楽天





"サッカー哲学"ベント監督、「プレス-支配-スペース創出-強いサッカー」
STNスポーツ




※一部要約

韓国サッカー代表の指令塔に就任したパウロ・ベント監督が23日、高陽のエムヴルホテルで就任記者会見を行い、2022カタールワールドカップに向けた長途に就く。

ベント監督は記者会見で「私と私のコーチングスタッフに託してくれた大韓サッカー協会に感謝する。最初のミーティングでプロジェクトを明快に説明してくれたキム・パンゴン代表監督選任委員長にも感謝する。キム・パンゴン委員長と交わした言葉が、決定を下すのに最も重要だった。アジア最高のチームと最高の選手とともにすることができる機会を得て嬉しい。長期的なプロジェクトになるだろう。アジアカップとワールドカップ予選の突破だけでなく、韓国サッカーをさらに発展させるキッカケになるだろう。若い選手に多くのチャンスを与えなければならない」と語った。

続けて「韓国ファンの期待が高いことをわかっている。期待が高いのは当然である。韓国は9回のワールドカップに参加し、2002年と2010年のワールドカップではグループリーグを突破した。韓国の監督職を受諾した理由だ。皆がレベルが高く、信頼がある。韓国はワールドカップ進出などで成功できるという考えになった。(※短期間で)何人かの監督が過ぎ去ったのは理解している。キム・パンゴン委員長は明確に説明した。短期の目標ではなく長期の目標だと言った。なので監督職を決めることになった」と説明した。

ベント監督は「キ・ソンヨンとク・ジャチョルは代表での影響力が大きい。正確な決定は出してない。良い結果を出せるように話をする。キ・ソンヨンは来月のAマッチに招集する。国を代表する選手なので非常に重要だ。ク・ジャチョルは今、代表に招集される体調ではないことを把握した。ク・ジャチョルには電話をすでにした。キ・ソンヨンとク・ジャチョルはチームを助けられる選手だ。4年しなければならない。その過程で両選手は代表に大いに役立つ」として両選手の必要性を強調した。

また、「代表には助けが必要だ。批判よりは応援をしてほしい」と呼びかけた。

サッカー哲学については「監督によって哲学とスタイルがある。目標を達成するため、チームのアイデンティティを作ることに重点を置かなければならない。時間は多くない。目標の一つはボールを支配し、スペースを多く作り出すことだ。守備ではいつ・どこで・どのようになどの強いプレスである。結論的に、私たちのチームの出発点にならなければならない。リスクを減らさなければならない。攻撃的なサッカーをしなければならない。チームは90分間絶えず走らなければならない。強いサッカーを見せたい」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...