ファン・ウィジョとイ・ヒョニョン、リーグでの活躍の重要性を実戦で証明した
ノーカットニュース




※一部要約

ファン・ウィジョはアジア大会のグループリーグ3試合にすべて出場し、4ゴールを決めた。
6-0の大勝を手にしたバーレーン戦で、前半だけでハットトリックを記録して勝利を牽引した。
1-2で衝撃負けしたマレーシアとの2次戦でも、韓国の唯一のゴールを決めた主人公はファン・ウィジョだった。

実はファン・ウィジョは初めてワイルドカードに抜擢されたとき、多くのサッカーファンから非難を最も受けた主人公だった。
かつてキム・ハクボム監督が城南FCを率いていたとき1シーズンをともにした縁のため、"人脈サッカー"という非難を受けた。

だがファン・ウィジョは今シーズン、リーグ9ゴールなど計14ゴールを決めてガンバ大阪で最多ゴールを記録しているのはもちろん、Jリーグでも上位圏のゴール感覚を誇示しているところだった。
そのためキム・ハクボム監督は「ゴールは決める選手がたくさん決める。得点力の弱い選手は一対一の状況でもゴールを決めない」として、ファン・ウィジョの活躍に大きな期待をした。

ファン・ウィジョはグループリーグ初戦からゴールの嵐を固め打ちし、ファン・ヒチャンやイ・スンウなど期待に満たない活躍をしている後輩の空白を立派に埋めた。

グループリーグを成功裏に終えたファン・ウィジョは、敗北が即脱落を意味するトーナメントで、さらに重要な役割を消化しなければならない状況である。
特にE組2位で16強に上がったイランをはじめ、ウズベキスタンなどの優勝候補と順に会うことになった"キム・ハクボム号"という点で、ファン・ウィジョの弛まぬ活躍はさらに必要になった。


スポンサーリンク
楽天





"伝説の監督"ミッデンドルフ団長「16番の選手、アジアでは珍しい本当に上手い選手」
日刊スポーツ




※一部要約

「16番の選手は本当に上手ですね。アジアでは珍しいタイプの選手です」

20日、韓国-キルギスタン戦が行われたバンドンのジャラクハラパットスタジアム。
エルンスト・ミッデンドルフ(59)バンコク・ユナイテッド(タイ)団長は、最前方FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)の動きに目を離すことができなかった。
ファン・ウィジョがボールを持つたびに、休む暇もなくメモをしていた彼は「韓国-マレーシア戦を含めて2試合を見守ったが、欲しい選手」として、「年俸を希望通りに与えられるかもしれないので、私たちのチームに迎えたい欲が出る。(獲得できるよう)ちょっと橋渡しはできないか」として笑った。

ミッデンドルフはドイツ・プロサッカーのアルミニア・ビーレフェルト(現2部リーグ)の伝説的な指令塔の出身である。
ビーレフェルトはチャ・ドゥリが活躍して、国内サッカーファンにも馴染みのクラブだ。
ミッデンドルフは1994年8月に当時3部リーグのビーレフェルトで監督としてデビューしたが、翌年2部リーグに上げて、再び1年後の1996~1997シーズンにブンデスリーガ(1部リーグ)昇格を達成する奇跡を作った。
ミッデンドルフはビーレフェルトが2005年にクラブ創立100週年を迎え、歴代最高の監督を選ぶ席で"世紀の指令塔"に選ばれた。
ボーフムやアウクスブルクなどのドイツチームを経た後、海外に目を向けた。
最近の15年間で、南アフリカリーグや中国リーグの10クラブほどで指揮棒を手にした海外サッカーの専門家である。
去年からバンコクのラブコールを受け、選手のスカウトや戦力分析を総括する団長職を引き受けている。





ミッデンドルフは「アジア出身のFWはスピードしか備えてないことがほとんどなのに、ファン・ウィジョはフィジカルとスピードのどちらも備えている選手」として、「今すぐブンデスリーガの中位圏以下のクラブに送っても、十分主戦でプレーできるレベル」と評価した。
彼は「もちろんバイエルン・ミュンヘンでプレーするためにはもう少し技量を上げなければならないだろう」と付け加えた。
ミッデンドルフが見守っている選手は他にもいた。
キム・ハクボム号の守備の核であるキム・ミンジェ(全北現代)である。
彼は「全北はアジアリーグで知らない人がいない最高のチーム」として、「そういうところで主戦でプレーしていることは、すでに実力が検証されているという意味」と語った。
それとともに「キム・ミンジェは体格やパス能力が卓越している」と評した。

韓国代表の競技力を尋ねる質問には「一目見ても守備の組織力が弱い」と厳しい忠告をした。
ミッデンドルフは「マレーシア戦とキルギスタン戦はどちらも相手FW1~2人がするカウンターで、失点したり危機を迎えたりした。韓国DFは常に2~3人多かったのに、有機的に動くことができずにスキを許した」と指摘した。
攻撃力には合格点を与えた。
彼は「ファン・ウィジョ-ソン・フンミン-ファン・ヒチャンにつながる攻撃ラインは鋭い。毎試合10回くらいのチャンスを作り出しているが、細かささえ上げれば韓国が望む目標に到達するだろう」とアドバイスした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...