日本Jリーグがイニエスタ-トーレスを抱えた力は…中継権と親企業の投資
ニュース1




※一部要約

"無敵艦隊"スペインの2010FIFAワールドカップ、ユーロ2008、ユーロ2010(※2012の間違い)優勝を合作したアンドレス・イニエスタ(34・ヴィッセル神戸)とフェルナンド・トーレス(34・サガン鳥栖)が並んで日本Jリーグに発った。
かつて緊縮政策を繰り広げてスタープレーヤーと距離が遠かったJリーグは、天文学的な中継料を前面に出し、スターの新たな行き先としての地位を確立しつつある。

16年間活躍したバルセロナを去ってヴィッセル神戸に移籍したイニエスタは18日、新所属チーム合流のために関西国際空港から日本の地を踏んだ。
5月24日の入団記者会見から約2ヶ月ぶりである。
トーレスは11日にアトレティコ・マドリードと契約せず、サガン鳥栖に巣を移した。

イニエスタとトーレスは2017-18シーズン、前所属チームで先発とサブを行き来して技量を示した。
満34歳で1~2年はさらにプレーできる実力のある選手だ。
この2人が移籍市場に出たとき、中国をはじめとしてアメリカや中東、さらに一部のヨーロッパチームもラブコールを送った。

だが2人はJリーグ行を選んだ。
日本Jリーグに入団した最大の理由は、莫大な年俸である。
イニエスタは神戸から32億5000万円(約320億ウォン)を受ける。
トーレスは年俸7億5000万円(約76億ウォン)で鳥栖と契約した。

最近のJリーグを記憶している人々にとっては驚くべきニュースだ。
1993年に始まったJリーグは草創期にコインブラ・ジーコ、カルロス・ドゥンガ、ギャリー・リネカー、ミカエル・ラウドルップ、フリスト・ストイチコフらスタープレーヤーが活躍した。


スポンサーリンク
楽天








だがJリーグは2012年から変化を経ることになった。
AFCがクラブライセンス制度を導入し、各クラブはスタジアムや施設、財政などの健全性確保に重点を置いた。

それに対してJリーグクラブは、スター監督と身代金の高い外国人選手を整理した。
代わりに若くて才能のある選手を見つけるなど、選手団のバブルを減らすのに乗り出した。

だが2年前から変わった。
韓国プロサッカー連盟の関係者は「Jリーグは2016年に英国のスポーツメディアコンテンツグループのパフォームと、巨額のインターネットストリーミング中継権の契約を結び、状況が変わった」と伝えた。
Jリーグの中継権契約金は10年間で総額2100億円(約2兆1000億ウォン)であることがわかった。

Jリーグは中継権社と結んだ契約金のうち、30億9000万円(約310億ウォン)をJ1リーグ18チームに分配した。
また優勝賞金も10億円(約100億ウォン)で、以前より10倍も引き上げた。

そこに親企業が移籍金を支援し、Jリーグチームは選手獲得により積極的に乗り出せるようになった。
連盟の関係者は「Jリーグの親企業は選手獲得のために投資を惜しまない」と説明した。

今回イニエスタを獲得したヴィッセル神戸は、親企業の支援をかなり受けている代表的なチームである。
ヴィッセル神戸は昨夏、ドイツ代表出身FWのルーカス・ポドルスキを連れてきたことがある。

ヴィッセル神戸の親企業は日本インターネットショッピング業者の楽天だ。
楽天は現在、世界的クラブであるバルセロナのメインスポンサーでもある。
イニエスタが移籍が有力だった重慶力帆ではなくヴィッセル神戸を選んだのも、楽天が直接言葉を交わして実現したからという報道も出てきた。

中継権の配当金と親企業の積極的な投資により、Jリーグチームは世界的選手の獲得に腕まくりをした。

ポドルスキに続いてイニエスタ、トーレスまでJリーグに次々と入団した。
最近ではイタリア代表出身MFのクラウディオ・マルキージオ(32・ユベントス)のJリーグ行きのニュースまで出ている。

かつて晩年の選手が向かう終着地に浮上していた中国は、自国選手の育成政策によって、今やスター選手の進出が減少傾向である。
中国サッカー協会は去年から、外国人選手の獲得時に使う移籍金の100%をユース育成の補助金として支出しなければならないという規定を作って実行中だ。

莫大な資金を前面に出すJリーグにより、韓国選手の日本進出の雰囲気も変わった。
Jリーグは2012年に入って韓国の有望株を連れて行って育成することに重点を置いていたが、最近ではキム・スンギュ(28・ヴィッセル神戸)、チャン・ヒョンス(27・FC東京)、チョン・スンヒョン(24・サガン鳥栖)、ファン・ウィジョ(27・ガンバ大阪)ら代表出身を獲得している。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:日本メディア「バルセロナ退団のイニエスタがヴィッセル神戸入団合意」
韓国ネチズン反応:Jリーグがイニエスタ効果で外国人枠を撤廃?…先発全員外国人もあり得る
【Jリーグ】韓国記者:イニエスタを獲得したヴィッセル神戸の夢と野望…Kリーグにはない
韓国ネチズン反応:イニエスタがヴィッセル神戸のファンと初対面…横浜FCのカズが挙げた3つの入団効果
韓国メディア:イニエスタ獲得にベンゲル監督まで?Jリーグの資本力…投資が金の卵になる好循環構造
ヴィッセル神戸からアル・サッドに移籍したチョン・ウヨン「イニエスタとできないのは残念だがシャビがいるので」
【Jリーグ】韓国ネチズン反応:元スペイン代表のフェルナンド・トーレスがサガン鳥栖入団を公式発表
韓国メディア:サガン鳥栖DFチョン・スンヒョンの移籍が迫る…Jリーグ内-Kリーグ上位-西アジアで悩み



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...