トーレスが移籍したサガン鳥栖…ユン・ジョンファン監督とキム・ミヌのチーム
ウェブデイリー




※一部要約

スペインサッカーのスター、フェルナンド・トーレスの移籍チームであるサガン鳥栖は、ユン・ジョンファン監督と大韓民国代表キム・ミヌが活躍したチームである。

サガン鳥栖は実業リーグからJ2リーグ、そしてJ1リーグまで次々と過程を踏んでプロ入りした日本の代表的市民クラブだ。

サガン鳥栖がプロレベルで現在の姿になるのに最も大きな功績を立てた2人が、ユン・ジョンファン監督とキム・ミヌである。
ユン・ジョンファン監督はサガン鳥栖で選手生活を締め括り、コーチを始めて2010年には監督代行を引き受けた。
指導力を認められた2011年から正式にサガン鳥栖の監督を引き受けた。
ユン・ジョンファン監督はサガン鳥栖のJ2リーグ準優勝、J1リーグ昇格初シーズン5位、2014年前半期リーグ2位などの大きな成績をもたらした。

キム・ミヌはサガン鳥栖で2010年から2016年まで7年間プレーし、核心選手として活躍した。
キム・ミヌが兵役のためKリーグに復帰し、サガン鳥栖はキム・ミヌの背番号である10を期間欠番に設定するなど、事実上キム・ミヌをチームの史上最高選手として大事にしている。





最近のサガン鳥栖で活躍している韓国選手にはチョ・ドンゴンがいる。
チョ・ドンゴンはKリーグの城南と水原で活躍したFWで、大韓民国代表としてAマッチに3試合出場した経験がある。
チョ・ドンゴンはもともとサガン鳥栖の9番として活躍してたが、フェルナンド・トーレスに番号を譲った。
現在チョ・ドンゴンは背番号19を割り当てられている。


スポンサーリンク
楽天





チョン・スンヒョン、"Jリーグ-Kリーグ-西アジア"移籍をめぐって大詰めの苦心
スポTVニュース




※一部要約

Kリーグの移籍市場に詳しい関係者は16日、スポTVニュースとの電話で「チョン・スンヒョンの移籍が迫っている。Jリーグ内の移籍とACLに出られるKリーグ上位圏クラブ、西アジアのクラブをめぐって悩んでいる。早い内に決まる見通しだ」と明かした。

チョン・スンヒョンは去年6月に蔚山現代を去ってサガン鳥栖に移籍した。
チーム内の位置づけは堅かった。
主戦DFを奪ってサガン鳥栖の後方を堅守した。

イタリアDF出身のマッシモ・フィッカデンティ監督は、チョン・スンヒョンの技量を高く評価した。
チョン・スンヒョンは「イタリア出身の監督の下で、守備の細かい点を学んだ」と語ったことがある。

所属チームで活躍したチョン・スンヒョンは、2018ロシアワールドカップの最終メンバー23人に入った。
グループリーグの試合には出場できなかったが、可能性は十分に認められた。

サガン鳥栖との契約期間は2年6ヶ月ほど残っているが、チョン・スンヒョンに対するJリーグやKリーグ、西アジアの国のラブコールが殺到した。

移籍市場に詳しい関係者は「チョン・スンヒョンは自分の将来に役立てるクラブをめぐって終盤まで悩んでいる。特に中東クラブは外国人選手の制限が7人まで増え、関心が大きい」と語った。

韓国サッカーの将来を担うべきチョン・スンヒョンがどのような選択を下すのか注目である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...