世界の強豪チーム、ロシアワールドカップ前に私たちとの評価試合を敬遠していた
アジア経済




※一部要約

ロシアワールドカップで巡航しているチームをはじめとして、ワールドカップ予選で脱落したヨーロッパや南米の強豪チームが、ワールドカップ前に我が国との評価試合を敬遠していたという事実が確認された。

大韓サッカー協会が5日に開いた記者懇談会である関係者は、「ボリビア、ホンジュラスのワールドカップ前の評価試合の相手に問題があった」という指摘について「世界的な強豪チームとの評価試合を内部でも考慮し、接触したが容易ではなかった。費用について問題はまったくなかった。ただし、私たちの代表との試合を嫌がるチームもあったし、場所や時間などの細部事項を調整してダメだったこともあった」と明かした。

ワールドカップ前の評価試合に対する問題提起は、ワールドカップへのブームアップ造成や国民の関心・呼応を高めるために、強豪チームとの勝負が必要だったが、そうできなかったために出てきた。
結果的に私たちの代表は強豪チームと評価試合ができず、国民の関心が低調な中でグループリーグで脱落した。
最終戦でドイツに勝った結果は、このような状況を考慮すれば奇跡に近かった。


スポンサーリンク
楽天





「なぜ韓国は世界の強豪チームとAマッチができないのか」KFAの返答
スポーツ韓国




※一部要約

「なぜ韓国は世界の強豪チームと評価試合をできないのですか?」

すべての人が気になっていた。
なぜ韓国はワールドカップ前にホンジュラスやボリビアのようなチームとAマッチをしなければならなかったのか。
ハイチ、イスラエルでもアルゼンチンと評価試合ができ、日本はスイスと評価試合をしていたのにということである。

大韓サッカー協会(KFA)は率直に答えた。
そしてこの返答は大韓サッカー協会の能力不足、あるいは冷酷な現実でもあるのでやるせない。

記者懇談会では、なぜ韓国はAマッチデーでそれほど強くない相手と対決するのかという質問が出てきた。
韓国はワールドカップ直前に4回の評価試合をしたが、ホンジュラス-ボスニア・ヘルツェゴビナ-ボリビア-セネガルが相手だった。
セネガルを除いてワールドカップ出場国がなく、ホンジュラスとボリビアは相手としてあまりにも準備できていない姿を見せ、論難になったりもした。

この質問については、チョン・モンギュ会長が実務者のチョン・ハンジン事務総長に答えることを要請し、チョン事務総長は「率直にマッチの費用は問題ではない。すでにサッカー協会の予算は予め確保しており十分だった。また、マッチが実現する金額は市場価格が形成されている」として、一部で提起されている"協会は金を使わない"という疑惑について反論した後、「マッチが実現する過程で、誰がよりその試合を必要としているか、どこまで必要なものを要求してやってあげられるかが問題なのだが、いわゆる強豪チーム、ワールドカップには出場しないが強国であるイタリア、オランダ、チリ、トルコらとも接触した」と答えた。

接触とは違い、実際の成功の有無はすべて失敗だった。
これについてチョン事務総長は「もどかしい現実は、韓国と試合をしたくないというのもあり、するとしても時期や場所についての調整過程でできなかったことも多い」として、「外部から見ればこういう国となぜするのかと思うだろうが、現実的な状況を考慮して出た結果」と答えた。

結局、韓国サッカーの競争力が弱まり、相手国が韓国としても得るものがないと判断されるのが最も大きいということである。
もちろん交渉力の面で大韓サッカー協会の能力を責めることもできるが、もしこれが最善であるなら、結局は韓国サッカーの競争力を高める以外に強豪チームと評価試合ができる方法はないものとみられる。

苦々しい現実である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...