"キム・オジュンのニュース工場"2022ワールドカップを待ちながら、ロシア現地の雰囲気は?
トップスターニュース




※一部要約

今日(2日)、"キム・オジュンのニュース工場"がKBSハン・ジュンヒ解説委員と電話を繋いでワールドカップについて言葉を交わした。

休暇から戻ってきたキム・オジュンは16強戦の状況についてまず質問した。

ハン・ジュンヒ解説委員はデンマーク・クロアチア、ロシア・スペイン戦について延長戦まで行く血戦がすごかったと説明した。

今回のワールドカップでの特異点については、PKが歴代最多で出ていて、ビデオ判定についての最終決定は主審が決めるため、公平性に反する場合もあると説明した。

オウンゴールもかなり出ているという話も付け加えた。

私たちは審判の恩恵が得られなかったのではないかというキム・オジュンの質問に、競技主審のキャリアが不足していてビデオ主審のキャリアがよりすごければ、ビデオ主審の意思通りに流れ、逆になれば競技主審の意思通りに流れる印象があると説明した。

最後に、ワールドカップ優勝国についてはフランスとブラジルが有力だと言い、日本・ベルギー戦ではベルギーが有利だと主張した。


スポンサーリンク
楽天





キム・オジュン「日本が勝てば腹が痛い、それでも良い点は…」
イーデイリー




※一部要約

放送人キム・オジュン氏がワールドカップ16強戦で、日本がベルギーに勝ったら良い点を言及した。

キム氏は2日午前、tbsラジオ"キム・オジュンのニュース工場"でハン・ジュンヒサッカー解説委員と、先週末から始まった2018ロシアワールドカップ16強戦について言葉を交わした。

明日明け方に行われる日本-ベルギー戦についてハン委員は「日本はここでは無理ではないだろうか」として、ベルギーの勝利を予想した。
ハン委員は「ベルギーは基本的に個人技や力、高さというのをすべて備えているチームなので、高さと力だけで爆撃してもベルギーは日本を十分崩すことができるのではないかという考え」と説明した。

キム氏は「ところで日本は意外とベルギーと相性が良いのではないか。戦績もかなり良いことがわかっている」と指摘すると、すぐにハン委員は「評価試合とこのような状況での対決は完全に異なる」と反論した。

ハン委員は「今のベルギーはメンバーがとても華やかで、いわゆる黄金世代という評価を受けているので、ここで沈没することになれば、ベルギーの立場でもダメージがとてつもなく大きい」として、「ベルギー選手もこの一戦は逃さないだろう」と強調した。

キム氏は冗談っぽく、日本が勝てばメリットがあると言ったりもした。
キム氏は「ベルギーがもし負ければ(※大韓)サッカー協会は大騒ぎになるだろう。そういう良い点はある」と語った。

ただし、ハン委員は「実際は私たちが自身を良くする方向に改革して未来を準備しなければならず、他人がどうするかと顔色を伺う必要はないだろう」と意見を提示した。

キム氏は「日本が進出したら腹が痛い。ダメだ。それは」として話を終えた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...