日本Jリーグ"柏レイソル"選手団が昌原でキャンプ
NEWSIS




※一部要約

日本千葉県柏市がホームのJリーグクラブである柏レイソルが、昌原サッカーセンターでキャンプに入って目を引いている。

慶南の昌原施設公団は柏レイソルの監督や選手、スタッフら50人が17日から28日までの12日間の日程で、昌原サッカーセンターでキャンプを行うと25日に明かした。

選手団は昌原サッカーセンターの仲介で、Kリーグプロサッカーチームの慶南FCをはじめとして牙山警察庁サッカーチームと親善試合を行ったりもした。

柏レイソルは去年の日本天王杯優勝とともに、今年ACLに参加するなど、強大な戦力を誇っている。
韓国選手ではキム・ボギョンやユン・ソギョン、パク・ジョンスがプレーしている。


スポンサーリンク
楽天





日本Jリーグ"柏レイソル"、昌原サッカーセンターでキャンプ
アジアニュース通信




※一部要約

昌原サッカーセンターはワールドカップ期間に休息期に入った日本プロチームを誘致するため、海外のエージェントを対象に広報物を発送し、各種料金免除の恩恵を積極的に広報するなど、攻撃的マーケティングを展開して選手団の誘致を成功させた。

そして2010年と2014年の2回昌原を訪れた選手団は、国際水準の完璧な競技施設に、金海国際空港が隣接した地理的特性など、昌原サッカーセンターのインフラに大変満足している。

特に食事や宿舎はもちろん、セミナー室や物理治療室、体力鍛錬室、ビリヤード場、卓球場などの多様な便宜施設が提供され、最高のコンディションで練習に集中できると口を揃えた。

一方、昌原サッカーセンターは7月と8月に中国、日本などの海外8チームと国内6チームの計14チームが夏季キャンプのため入所すると明かした。

昌原サッカーセンターの関係者は「これらの練習チームの再訪問のために最上のサービスを提供し、攻撃的マーケティングによる持続的なチーム誘致で地域経済の活性化にも貢献できるようにする」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...