チャン・ヒョンスのミスで"チーム脱落危機"…アン・ジョンファン「シュートもしてないのにタックル」
ソウル新聞




※一部要約

チャン・ヒョンスがスウェーデン戦に続いてメキシコ戦でもタックルのミスで失点した。

24日、韓国はロシアのロストフ・アリーナで行われたメキシコとのワールドカップF組2次戦を行った。
今回の対戦で惜しかった点は、スウェーデンと同じようにPKで許したゴールだ。

チャン・ヒョンスが前半26分にアンドレス・グアルダードのクロスを防ぐためにタックルをし、その過程でハンドになった。
チャン・ヒョンスはスウェーデン戦でもパク・チュホの負傷に繋がるパスミス、決勝ゴールの許容などで非難の中心になった。

チャン・ヒョンスは結局試合後に涙を流し、インタビューをせずに競技場を出た。
アン・ジョンファンMBC解説委員は「相手がシュートをする前にタックルをしたらどうなるのか」として、チャン・ヒョンスのミスを指摘した。


スポンサーリンク
楽天





イ・ヨンピョの毒舌「チャン・ヒョンスのタックルは基本がない…キム・ミヌはクロスを練習してない」
Newsen




※一部要約

イ・ヨンピョKBS解説委員の毒舌が出た。
イ・ヨンピョ委員は「あの状況でタックルしてはいけない。タックルは確実なときだけにしなければならない」として、「サッカーの基本はタックルをしてはいけない場面である。この試合を学生も見てるはずだが、あの状況ではタックルをしてはならない」と語った。
現役時代にDFdったので、より確実に把握していた状況である。

フリーの状況でキム・ミヌのクロスが空を切ると、すぐに毒舌が続いた。
イ・ヨンピョ委員は「所属チームで練習していないのだ。相手のマークがいない状況であんなクロスを出すのは練習不足」と語った。




[SWロストフイシュー] チャン・ヒョンスに向けられた"サッカーの先輩"の毒舌…それでも違ったパク・チソン
スポーツワールド




※一部要約

チャン・ヒョンスが良かったということではない。
チャン・ヒョンスはワールドカップへの過程でも、繰り返しミスでチームの敗北の口実を提供したりした。
解説委員以前にサッカーの先輩であるイ・ヨンピョ、アン・ジョンファン委員も、やるせなさで毒舌と一針を飛ばしたのだとみられる。
ワールドカップは文字通り証明する席だ。
ミスも繰り返せば実力である。

だがこれが韓国サッカーの実力だ。
タックルしないことが基本なのに、冷静さを失って体を投げ出してタックルを試みたチャン・ヒョンスは、韓国で守備陣の調整を最も上手くやるとして代表に合流したDFである。
新鋭キム・ミンジェが負傷で離脱すると、すぐに守備陣に非常信号が灯った。
選手層も薄く、実力差が両極端で、何人かの選手を中心に競争もなく回して防いでいるのが韓国サッカー守備陣の現住所だ。
この状況になるまで、サッカーの先輩はマイクを掴むことの他にどういう努力をしたのだろうか。

ただし、パク・チソンSBS解説委員は選手一人ひとりを指摘するより、自分を顧みた。
パク・チソン委員は「この結果が今の大韓民国サッカーの現実」と批判し、「先輩として責任を感じ、後輩に申し訳ない」と説明した。
続けて「システムから根本的に完全しなければ、4年後もこのような敗北は度重なるだろう」と韓国サッカーの構造的な問題を突いた。





【関連記事】
【ロシアW杯】韓国ネチズン反応:韓国代表がスウェーデンに0-1負け…チャン・ヒョンスの致命的パスミスがバタフライ効果に
【韓国0-1スウェーデン】頭を下げたチャン・ヒョンス「勝つか引き分けることができた試合を…」
【ロシアW杯】韓国ネチズン反応:韓国代表がメキシコに1-2の敗北、事実上16強失敗…チャン・ヒョンス最低点



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...