コロンビア・日本、亜不振の中で日は雪辱に成功するか?
ヘラルド経済




※一部要約

コロンビアと日本が"2018ロシアワールドカップ"H組1次戦で対決する。
今回の試合結果に対する関心は特に熱い。

イランを除くアジア国家が"2018ロシアワールドカップ"でなかなか力を出せずにいる中、日本がコロンビア相手に4年ぶりの雪辱戦で成功できるか注目が集まっている。

19日、ロシアのモルドヴィア・アリーナでコロンビアと日本の試合が行われる。
両国は2014年のブラジルワールドカップで対決したことがある。
当時はコロンビアが4-1で勝利し、日本に屈辱を抱かせた。

4年ぶりの雪辱を夢見ることになった日本代表は、過去とは違う結果を見せるという覚悟だ。

特に今回のワールドカップでは先の18日に韓国がスウェーデンに1-0で敗れるなど、アジア国家が苦戦していて日本の肩はさらに重い。
果たして日本は自国の雪辱戦に成功すると同時に、アジア国家の地位を上げられるか関心が向いている。


スポンサーリンク
楽天





コロンビア-日本戦…"名誉コロンビア人"続出予定「日本に勝て」
国際新聞




※一部要約

コロンビアと日本が2018ロシアワールドカップH組の試合を、19日夜9時にモルドヴィア・アリーナで行う。
これについて、韓国の"宿敵"日本がコロンビアと対決するという事実だけでも、この日の夜9時頃には全国のあちこちで"名誉コロンビア人"が続出するものとみられる。

一部のサッカーファンは、この日繰り広げられるコロンビアと日本の試合の熱気が、前日の韓国-スウェーデン戦より熱くなることもあり得るという笑い話をしたりもしている。
だがこのような話はただの冗談ではない。
多くの国民がワールドカップ開催と韓国の善戦の有無には比較的低い関心を見せているにもかかわらず、日本代表の不振と敗北に強い反応を見せるのは一日二日のことではないからだ。

そのような点を見ると、両国代表が対決する今日の試合でも、コロンビアと何ら接点のない国民も彼らの勝利を祈願してトーンを高めるものとみられる。




コロンビア-日本戦の関心↑…ネチズン「日勝ってこそ、韓しっかりする」
東亜ドットコム




※一部要約

試合直後、ネチズンはコロンビア-日本戦に関心を持った。
"宿命のライバル"日本がコロンビアとの試合で勝利すれば、韓国代表が刺激を受けてより良い競技力を見せるという理由である。

ネチズンは「韓国は3戦全敗無得点で脱落確定だ。日本よ、お前らはコロンビアに勝ち、上手くやって16強に行け。韓国がしっかりするには日本、イランが上手くなければならない」、「日本が勝てば後爆風が強くなる」、「今回の日本の16強確率、韓国よりはあるように見える」、「私たちはボコられたが、日本は勝て。日本であっても私たちの助けになる」、「日本勝て。我が国はスチームパックに一発当たってメキシコ戦をプレーしなければならない」、「日本に競争心があるから我が国は気を引き締めて発展する」などの反応を見せた。

一方、コロンビアを応援するネチズンもいた。
「今は日本がどうやってボコられるのか見たいね」、「今日から私たちは名誉コロンビア人」、「今日はコロンビアの試合を応援しに行く」、「日本がともに滅びてこそ慰めになる」などの反応を見せた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...