スウェーデンの強い自信「韓国との1次戦の準備は完璧」
ノーカットニュース




※一部要約

18日、韓国と2018ロシアワールドカップF組1次戦を行うスウェーデンは勝利を確信していた。
ヤン・アンデルソン監督も主将のDFアンドレアス・グランクヴィストも「準備は完璧」と口を揃えた。

アンデルソン監督は17日、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われた記者会見で「私たちの競技力に満足だ。準備にとても満足している」として、「25日前に集まって様々な戦略を立てたし、負傷もあまりなかった。選手の体の状態も、態度も良い。1次戦の準備は完璧だ」と語った。

グランクヴィストも「すごく期待している。韓国に対抗する準備はできた」として、「ワールドカップはサッカー選手にとって最高の舞台。準備は完璧だ。競技場も満足だし、これまでの練習も上手くいった」と強調した。

続けて「守備は非常に準備が上手くいった。攻撃もしないといけないが、守備は100%信じている」として、「チームワークも良い。他の大会と比べても自信がある。明日に良い競技力を見せる準備ができた」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





[ロシアワールドカップ] スウェーデン監督は最後まで神経戦?「韓国の練習の内偵をお詫びする」
アジア経済




※一部要約

ヤン・アンデルソンスウェーデン代表監督が、私たちのサッカー代表のオーストリアキャンプを内偵したことについて突然謝罪した。
試合前日に神経戦を維持したと分析される。

アンデルソン監督は試合前日の17日に行われた公式記者会見で、最近代表の分析官がオーストリア・レオガングの麓にある家を借りて、韓国代表の練習を調べたことについて「練習が非公開というのを知らなかった。互いにそういう点は尊重しなければならないと思う。誤解があったのならお詫びする」と語った。

続けてアンデルソン監督は、韓国代表について「一人ひとりが強く、全体でも非常に強いチームだと思う。技術力が優れていて速い。私たちは自分たちがすることを守らないといけないが、どの方向が良いのかを評価する必要はない。サッカーの試合は競技場で決まる」と語った。




スウェーデン監督の自信…「韓国戦は完璧に準備した」
ヘラルド経済




※一部要約

監督はすでに先発ラインナップも決めたとして、「今日、選手に最終決定を伝える。最善のチームになるだろう」と自信を持った。

アンデルソン監督は「韓国をかなり研究して分析した」として、「選手の負傷で変化があったが、全体的に把握した。様々なシナリオを考慮している」と伝えた。

スウェーデン戦を前に徹底して戦術を隠しているシン・テヨン代表監督とは違い、スウェーデンは戦術をあえて隠そうとしなかった。

4-4-2の戦術を主に使ってきたスウェーデンは、今回の韓国戦を控えたベースキャンプの公開練習で4-4-2でミニゲームをしていたし、この日の練習でもグラウンドに4-4-2で練習試合用のビブスを配置した。

自信のあらわれなのか、あるいは別の策略なのかはわからないが、この日のアンデルソン監督は「隠れたトリックはない」として、「ペルーとの評価試合のときと同じような戦術を使うだろう」と明快に語った。

彼は「相手チームの強味と弱味を把握することが重要だ」として、「試合がどう進み、選手がどう動くのかが重要だ」と原則的な説明もした。

代表引退後も存在感を誇示しているズラタン・イブラヒモビッチについては「2年前監督に就任したとき、彼が代表から引退すると言い、彼の決定を尊重したし、それで終わりだった」として、「その後は代表とまったく関係がない」と線を引いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...