GKキム・スンギュ「私たちが持ちこたえたら勝算はある」
NEWSIS




※一部要約

アジアの虎を自ら請うている韓国だが、世界の舞台では弱体に過ぎない。
様々な外信が予想する2018ロシアワールドカップパワーランキングでも下位圏を脱せずにいる。

GKの役割がいつも以上に重要でなければならない。
主戦守門将争いで優位を占めているキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)は「前半に失点したらチームの雰囲気が沈む。私たちが持ちこたえたら後半に勝算がある」と覚悟を固めた。

キム・スンギュは9日午後、オーストリア・レオガングで行われた代表の練習前に取材陣と会ってそのように語った。





スポンサーリンク
楽天





[一問一答] 守門将キム・スンギュ「サウジGKの好セーブを参考にしている」
スポーツソウル




※一部要約

─GK3人とどう過ごしてるのか。

GKは競争しているが互いに雰囲気は良い。
評価試合で互いに良かったことなどを語り、仲良く過ごしている。


─ボスニア戦のプレーは惜しくなかったか。

失点時のポジショニングは良くないシーンが出た。
GKコーチとビデオを見て把握していった。


─スウェーデンの選手は皆身長が高いのだが。

クロスやジャンプの練習を多くしている。
スウェーデンのような空中戦をするチームは、最初に上がったボールよりセカンドボールが怖いので、それに備えた守備のポジションなどを話している。


─4年前にワールドカップの舞台を経験した。2回目はどうか。

最初のワールドカップは漠然と、ワールドカップということに浮き立っていた。
今回は評価試合からずっとやってきたし、良くない結果もあって負担にもなる。
前のワールドカップよりは負担もあるが、しっかり準備している。


─午前の練習のとき、FKの練習もしていたが。

ソン・フンミンはシュートが上手く、コースにしっかり行けば得点になるだろう。
チョン・ウヨンは所属チームが同じだが、そこでキッカーなのでよく務めている。


─他の2人のGKとはどういう話を。

練習して互いのポジションを見ている。
競争もしているがGKは孤独であり、なのでかなり頼りにしている。
前のワールドカップよりはGKの雰囲気が良い。
昼もコーヒーを飲みながら対話をしている。


─私たちは本戦では弱い方なので、シュートを多く許すはずだが。

昨日、サウジアラビア-ドイツ戦を見た。
サウジGKが良かったので2失点だったのだと思う。
私たちの試合もそうなりそうなので、ボールが多く飛んでくることに備える。
失点を早くしたり、前半に失点をたくさんすればチームの雰囲気は沈むが、持ちこたえたら後半に期待できるだろう。


─DFとも話をしているか。

ビルドアップをする位置などが、前の監督とは違っている。
時間がないのでビルドアップをするときや、セカンドボールが浮いたときの位置などを話している。


【関連記事】
ボスニア戦3失点の韓国代表GKキム・スンギュの自責「私が一つでも防いでいれば…」
【ロシアW杯】韓国代表GKキム・スンギュ「ブラジルでクルトワと対決したことが大いに役立っている」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...