レアル・ベティス、"ドラゴンボール"活用のオフィシャルで広告効果"大当たり"(映像)
ゴールドットコム




※一部要約

レアル・ベティスが乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
日本の代表的アニメーションであるドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。

スペイン・プリメーラリーガのレアル・ベティスが、日本人選手の乾貴士と2021年までの契約を結んだ。
乾は2018ロシアワールドカップにも参加する、日本のベテラン代表選手だ。

乾はドイツ2部リーグのVfLボーフムを経てフランクフルト、スペインのエイバルに至るまでヨーロッパの舞台で活躍し、様々なクラブの関心を集めてきた。
169センチ59キロの小さな体格の乾は、速いドリブルと鋭いパス能力を持っていて、MFとしてプレーメーカーの役割で卓越している。

レアル・ベティスは乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
オフィシャル映像がレアル・ベティスの公式ツイッターに掲載され、現在の紹介数は約230万を記録中である。
日本の代表的アニメーションのドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。


スポンサーリンク
楽天





選手獲得の公式発表のためにアニメーションのパロディ映像を直接作った点は、かなり異例的なケースだ。
選手の国籍が日本であることを考慮して選んだ方法と解釈される。

最近になってラ・リーガはアジア市場を攻略するため、多様なマーケティングの試みを相次いでしている。
すでにFCバルセロナ(日本楽天)、エスパニョール(中国ラスター)など、ラ・リーガの主要クラブにアジアの資本がスポンサーとして地位を確立した。

5月に韓国の有名アイドル(スーパージュニアのイトゥク、ウニョク)がラ・リーガに公式招待されて様々なイベントを進めた。
また、アジア国家の時間帯に考慮して、昼間の時間に試合を配置するケースも多くなっている。

このようなラ・リーガの変化の流れに歩調を合わせて、レアル・ベティスも乾獲得と同時に日本市場の攻略に乗り出した様子だ。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...