[韓国 ボスニア] "ウィングバック"キム・ミヌ攻守で落第、"負傷落馬"キム・ジンスの空席は大きかった
スポーツ朝鮮




※一部要約

シン・テヨン号は1日、全州ワールドカップ競技場で行われた"仮想スウェーデン戦"のボスニア・ヘルツェゴビナとの国内最後の評価試合に1対3で敗れた。

この日シン・テヨンA代表監督は、31日に予告していた通り3バックのカードを出した。
キ・ソンヨンをリベロで重用した。
そして3バック戦術でキーポイントになる左右のウィングバックには、キム・ミヌとイ・ヨンを重用した。

大きな惜しさを残したのはキム・ミヌだった。
攻撃と守備の面で落第だった。
3バックを活用している所属チームでもキム・ミヌはウィングバックでプレーしている資源だ。
だがボスニア戦で見せた姿は失望そのものだった。


20180601222111516a.jpg


スポンサーリンク
楽天





"キム・ジンスの空席どうする"キム・ミヌ-ホン・チョル、まだ不足している国家代表という名前
世界日報

20180601232604880.jpg


※一部要約

キム・ミヌはこの日の試合でシン監督の期待に応えられなかった。
守備と攻撃のどちらの部門でも弱点を露呈した。

まずキム・ミヌは攻撃で力を出せなかった。
まだ組織力に溶け込んでない姿を露呈した。

また、クロスの質がかなり低かった。
ソン・フンミンとファン・ヒチャンがキム・ミヌにボールを繋いだが、呆れるクロスで攻撃の流れがしばしば途切れる姿を見せた。

守備でも同じだった。
この日ハットトリックを記録したエディン・ビシュツァは右サイドのアタッカー。
キム・ミヌが専任マークしなければならない選手だった。

だが前半28分にキム・ミヌは、エルダル・チヴィッチが上げたクロスをちゃんと処理することができず、エディン・ビシュツァに失点を許した。

その後、試合の間ずっとエディン・ビシュツァにスペースを許し、彼が後半35分に交代するまでに3ゴールを許した。


20180601232604880a.jpg


左サイドのDFで出場した選手の相次ぐ不振で、キム・ジンスの空白がさらに惜しくなった。

先月21日の初招集からオーダーメイド型の個人練習を消化していたキム・ジンスは、国内最後の評価試合までに体の状態を上げることができなかった。

ボール練習もできずにいる。
先月30日にMRIで再び撮影をした結果、負傷の部位がまったく好転してないという所見を受けた。
一ヶ月間ゆっくり休みなさいというアドバイスを受けた。

キム・ジンスの負傷落馬により、シン・テヨン監督の頭の中は複雑になった。




キム・ミヌのクロスミスにソン・フンミン"真顔"…ネチズン「表情がすごく怖い」
韓国スポーツ経済

190405_4859.png


※一部要約

キム・ミヌのミスにソン・フンミンが見せた反応が目を引いている。

キム・ミヌは1日、全州ワールドカップ競技場で行われた韓国vsボスニアの試合で、後半19分にカウンターの状況でとんでもない方向にクロスを飛ばした
クロスを待っていたソン・フンミンは、首を左右に振って息苦しいという反応を見せた。
真顔になってキム・ミヌを眺める姿が、中継画面に捉えられたりもした。

試合を見たネチズンは「ソン・フンミンがトッテナムの後に代表でプレーしようとするともどかしそうだ」、「ソン・フンミンの表情がすごく怖いね。怒りがここまで感じられる」、「キム・ミヌよクロスをちゃんと上げろ、何回目だ」などの反応を見せた。


【関連記事】
ホンジュラス戦を終えた韓国代表キム・ミヌ「ロシアW杯では一等兵として軍人精神を見せる」
韓国ネチズン反応:韓国代表がロシアW杯の出征式を兼ねたボスニア戦で1-3の完敗



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...