Jリーグ、ホームページに"トーレス獲得"上げて"びっくり"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーJリーグの公式HPに最高級ストライカーのフェルナンド・トーレスの日本行きのニュースが上がり、慌てて取り下げるハプニングが起きた。

Jリーグは30日、公式HPに"トーレスがアトレティコ・マドリードを去ってサガン鳥栖に移籍する"というニュースを掲載した。
記事の日付は31日18時14分、"鳥栖がトーレスを完全移籍で獲得"という内容だった。

この記事が数十分間掲載され、日本サッカーファンの間で騒動が起きた。
ツイッターを通じてこの記事がリツイートされてニュースが広がった。


20180531060308010a.jpg


だがこのニュースは事実ではなかった。
Jリーグ側はここ記事を直ぐに削除した。
今は問題の記事を見ることができない。
Jリーグ側は「単なる予想で準備しておいた原稿が、ミスによってウェブサイトに公開された。原因については調査中」として、「移籍はまだ決まってない」と釈明した。

その後JリーグはHPでこの記事について公式謝罪文を上げた。
Jリーグは「鳥栖の移籍選手に関して、事実と異なる記事を公開した」として、「鳥栖を含む関係者の皆様とファンの皆様に、誤解を与えた点を謝罪する」とした。


スポンサーリンク
楽天





イニエスタを抱えてベンゲルまで?Jリーグの資本力
スポーツ朝鮮

20180528164211025.jpg


※一部要約

日本Jリーグが世界中のサッカーファンの関心を集めている。

日本は最近、サッカー界で最も"ホット"なリーグだ。
始まりはスペインの"サッカースター"アンドレス・イニエスタの移籍だった。
FCバルセロナユース出身で、なんと22年間も同じチームでプレーしていたイニエスタは、2017~2018シーズンを最後に新たな挑戦に乗り出した。
黄砂マネーを前面に出す中国、オイルマネーを前面に出す中東が巨額を提示して求愛を繰り広げているという推測が生い茂った。
だが彼の終着地は日本だった。
24日、日本Jリーグ所属のヴィッセル神戸と3年契約を結んだ。

イニエスタの移籍と同時期、フェルナンド・トーレスの日本移籍説も広まり始めた。
Jリーグ所属のサガン鳥栖がアトレティコ・マドリードを去るトーレスの獲得を望んでいるという報道が出てきた。
そこに"ラスボス"が登場した。
アーセン・ベンゲル前アーセナル監督だった。
英国メディアのデイリー・メールは27日、"ベンゲル監督が日本復帰を準備している"と伝えた。
ベンゲル監督は1995年7月から翌年9月まで、名古屋を率いたことがある。

この中で現実になったのは、まだイニエスタの獲得だけである。
それでもJリーグが関心の中心に立った理由を、じっくり考えてみる必要がある。


20180528164211025a.jpg


ヨーロッパを牛耳った選手と監督の相次ぐ日本行き。
彼らを日本列島に導く力は、他でもない資本だ。
ヴィッセル神戸はイニエスタ獲得に関わる費用など、詳細な内容を公開しなかった。
だがJリーグ最高の待遇を受けるのは明らかである。
一部では年俸30億円(約296億ウォン)説まで出ている。

Jリーグの資本力は強大だ。
2016年7月、英国のスポーツコンテンツ専門企業であるパフォームグループと中継権契約を結んだ。
2017年からの10年間で2100億円(約2兆2550億ウォン)に達する金額である。
そこにタイトルスポンサーやトップスポンサー、スーパーカップ、リーグカップ、入場券など細分化されたスポンサーの契約金まで加えれば、使用可能額は倍に増える。

使う金があるところに、投資金を回収する市場構造まで用意されているので、クラブも投資を惜しまない。
ヴィッセル神戸を所有する楽天は、イニエスタの獲得費用を広告予算の名目で、系列会社と十匙一飯に分けて出すことにした。
ベンゲル監督が日本に来たときも似たような状況だった。
名古屋のオーナーグループであるトヨタは当時、7億ウォンという巨額を投じてベンゲル監督を迎えた。
かつて"Jリーグの厄介者"と呼ばれた名古屋は、1995年の天皇杯で優勝した。
1996年にはJリーグ2位とスーパーカップの頂点に上がった。
大金を投じて成績を出してマーケティングをすれば、元金を取ることができる。

イニエスタは入団式で「リーグはもちろん、アジアで好成績をおさめたい」と語ったことがある。
選手1人がチームの成績をどれだけ上げられるかは未知数だ。
だが重要なのは、イニエスタ獲得でヴィッセル神戸は、日本とアジアを越えて世界中のファンの関心を集めることになったという事実である。
投資が金の卵に繋がり得る好循環構造が形成された。


【関連記事】
【Jリーグ】韓国記者:イニエスタを獲得したヴィッセル神戸の夢と野望…Kリーグにはない
韓国ネチズン反応:イニエスタがヴィッセル神戸のファンと初対面…横浜FCのカズが挙げた3つの入団効果
韓国メディア:ポドルスキ、イニエスタに続いてベンゲル監督まで?浮き立つJリーグ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...