[現場フォーカス] "ホンジュラス戦除外"キ・ソンヨン-チャン・ヒョンス、ランニングでコンディション調整
スポータルコリア




※一部要約

ホンジュラス戦に出場しないキ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)とチャン・ヒョンス(FC東京)が個人練習を消化した。

韓国は28日午後8時、大邸スタジアムでホンジュラスとKEBハナ銀行招請サッカー代表親善試合を行う。
選手団は27日19時頃、競技場を訪れて体の最終点検をした。

この日、シン・テヨン監督は公式記者会見で「負傷中のキ・ソンヨン、チャン・ヒョンス、キム・ジンス、コンディション乱調を見せたイ・ジェソンはホンジュラス戦のエントリーから外れる」と明かした。

予告した通り、キム・ジンスとイ・ジェソンは練習場に姿をあらわさなかった。
キ・ソンヨン、チャン・ヒョンスは無理しないラインでランニングをした。
ボールを扱う練習からも除外された。

キ・ソンヨン、チャン・ヒョンスはシン・テヨン号の核心だ。
迫る最終23人の乗船が有力である。
より大きな負傷を予防するため、十分な休息で体を作っている。


スポンサーリンク
楽天





シン・テヨン監督「ホンジュラス戦は4バックの守備を稼働…チームの雰囲気は良い」
MBN




※一部要約

シン・テヨンサッカー代表監督が、2018ロシアワールドカップ予備メンバー体制で初めて行われるホンジュラスとの評価試合で、4バックの守備陣を稼働するという構想を明かしました。

シン監督は今日(27日)午後、大邸スタジアムで行われた記者会見で「具体的に申し上げることはできないが、明日の試合では4バックの守備陣で出る」と語りました。

代表は明日午後8時、この競技場で"仮想メキシコ"ホンジュラスと評価戦を行います。

ワールドカップ予備メンバー発表と招集練習以降に初めて行う実戦です。

本格的な練習をする前からクォン・チャンフンやイ・グノら怪我人が続出し、招集後もキ・ソンヨンやイ・ジェソンら多くが負傷やコンディション乱調で練習をまともに消化できず、シン監督の一歩目はやや重いです。

彼は今回の対戦で「新しい選手や既存の選手の能力と、コーチ陣の注文をどれだけ良く履行するかなどに重点を置いて見る」と説明しました。

続けて「一部ローテーションや時間の配分はあるだろうが、競技場に入った瞬間は100%を発揮する」として、「大邸で13年ぶりに行われるAマッチなので、ファンに良い試合を見せる」と結果に対する欲も隠しませんでした。

招集後、約一週間選手とともに過ごしたシン監督は「負傷選手がかなり出て雰囲気が沈むこともあり得たが、練習に集中して活気に満ちてする姿が見れて良かった」と肯定的に評価しました。

特に「特別な部分を作ろうと準備する過程で、選手各自の意見があって言葉が行き来するが、たくさん意思疎通して良くなっている」と満足しました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...