"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。


スポンサーリンク
楽天





イニエスタに続いてベンゲルまで?日メディア"Jリーグ、前例のない注目"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ベンゲル監督と日本Jリーグの縁は23年前に遡る。
ベンゲル監督は1995年7月から翌年9月までJリーグの名古屋を指揮した。
リーグ下位圏だった名古屋は反転のドラマを作った。
1996年にはJリーグ2位とスーパーカップの頂点に上がった。

日本メディアはベンゲル監督のJリーグ進出の噂に関心を向けている。
スポニチアネックスをはじめとする現地メディアは27日、「ベンゲル監督がJリーグに復帰する可能性がある。イニエスタに続いてベンゲル監督まで取り上げられ、Jリーグが前例のない注目を集めている」と報じた。




ポドルスキ、イニエスタに続いてベンゲルまで?浮き立つJリーグ
ベストイレブン


※一部要約

もしベンゲル監督まで日本にやってくる状況になれば、Jリーグは2018FIFAロシアワールドカップの直後に大きく躍進する可能性が高くなる。
実際、すでに盤は敷かれた。
既存のルーカス・ポドルスキと今回獲得したアンドレス・イニエスタが、神戸ファンを越えてJリーグファンを迎える準備をしているためである。
一時世界的選手として名声を高めた両選手を、アジアの1クラブで同時に目撃できるのは幸運だ。

クラブやリーグが発展する方法は多様だが、やはり急進的な効果があらわれるのは投資である。
日本サッカー界は金を惜しまず、おかげでファンは胸を弾ませてJリーグを期待できるようになった。
最近ではアトレティコ・マドリードでプレーしたフェルナンド・トーレスまでJリーグ移籍説が出回っている。

このように日本は一瞬にして世界サッカーのセレブを吸収している。
その雰囲気は時間が経つほど深まっている。
選手や監督を選ばず有名人が続けて日本行きの飛行機に乗れば、Jリーグの人気は日増しに上がるしかない。
彼らが結ぶ熱い結実がどれほどなのか気になる。


【関連記事】
【Jリーグ】韓国記者:イニエスタを獲得したヴィッセル神戸の夢と野望…Kリーグにはない



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...