[インタビュー] アン・ジュンス、「セレッソでキム・ジンヒョンの系譜を継ぐ」
スポータルコリア




※一部要約

アン・ジュンス(20、鹿児島ユナイテッド)は嘱望されているGKである。
年代別代表を着実に経てきた。
2016年にセレッソ大阪のユニフォームを着た。
プロチーム傘下のユース出身でもない、一般クラブ(議政府U-18)の選手が日本の名門クラブに迎えられた。
そえだけ可能性があるという証拠だ。

盛んに学び、また成長する年齢のアン・ジュンス。
坦々たる大路を歩んでいたが去年6月18日、セレッソU-23で試合中に右腓骨(ふくらはぎ)骨折の負傷をした。
彼は「そのときは実戦感覚が落ちた状況だった。U-20代表での練習試合を除いて、3ヶ月ほど実戦にほとんど出られなかった。チームに復帰して試合に出たが、クロスの処理でボールが顔に当たり、地面に落ちた。つま先がかかって、最初にまさか折れたのかと思った。それで大怪我をした。報告も信じられなかった」と振り返った。

全治3ヶ月の診断を受けたアン・ジュンスは、手術台に上がった。
セレッソの積極的な支援のおかげで、すぐに手術は成功裏に終わり、早く回復することができた。

これはアン・ジュンスをさらに堅固にさせるキッカケとなった。
「選手生活をしていて、リハビリは初めてだった。したことはなかったが、クラブでコントロールしてくれた。このときに体を引き上げ、ウェイトトレーニングでバランスを合わせた。負傷する前よりフィジカルをさらに良くするチャンスだと考え、より熱心にした。しばらく息を整えられたし、心をさらに強くするキッカケとなった」と明かした。


スポンサーリンク
楽天








アン・ジュンスは日本で3年目を過ごしている。
去年までセレッソU-23に身を置いていたが、今シーズンは3部チームの鹿児島のユニフォームを着た。
レンタルである。
プレーしたい熱望が大きかった。
リーグ10試合のすべてでゴールを守った。
現在、鹿児島は3部の1位だ。
来シーズンは2部に上がれる位置である。

彼は「鹿児島からオファーが来たときに惹かれた。昇格できるチームで、私がより発展するためのチャンスと思った。セレッソU-23(鹿児島と同じく3部所属)は昇格への熱望が落ちるしかない。鹿児島で優勝したら、私の価値をさらに上げられると判断し、下した決定だった」として、「最初はチームが全体的に出だしが良くなかった。試合を重ねるほどチームメイトと交わり、良い結果を出している」と伝えた。

これまでの状況だけを見れば、アン・ジュンスの選択は賢明だった。
セレッソの守門将は韓国サッカー代表GKのキム・ジンヒョンである。
キム・ジンヒョンは10シーズンもチームのゴールを死守している不動の主戦だ。
アン・ジュンスはそのような姿を見習い、自負心も持つようになった。
また、未来を準備している。





アン・ジュンスはキム・ジンヒョンとの縁に言及した。
「中学3年生のときセレッソの入団テストを受けに来た。そのときジンヒョン兄さんがいた。明かに偉い地位だと思うと話しかけられなかった。むしろ私に近づいて話しかけてくれ、使っていたグローブをプレゼントしてくれた記憶がある。同じチームになるとは考えることもできなかった」と振り返り、「ジンヒョン兄さんはGKで最高だ。試合を見守って一緒に練習していて、ビルドアップ、防御能力、人柄まで欠点がない。日本語も本当に上手い。すべて真似て近づきたい。レンタルの後も私の試合を把握し、連絡もくれる」と感謝をあらわした。

最後のアン・ジュンスは、慎重ながらもより高く飛び立つことを誓った。
「まず鹿児島の2部昇格を導く。そしてセレッソに復帰し、ジンヒョン兄さんの系譜を引き継ぎたい。すぐには難しいが、練習して努力すれば、私もジンヒョン兄さんのようにできると確信している」として、「また、刺激される選手がいる。全北現代で席を占めているソン・ボムグン兄さんだ。ともに代表で善意の競争を繰り広げた。今後もそうすることを願っている。全北での活躍を見ているので、より熱心にしなければならないと決心した。一つ希望があるならば、東京オリンピックの出場だ。しっかり準備して夢を叶える」と覚悟を固めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...