シン・テヨン、「イ・グノ落馬は残念だがソンミン-スンウ-ジャチョルは2トップ可能」
OSEN




※一部要約

大韓サッカー協会は22日午前、「イ・グノの精密検査の結果、右膝内側靭帯を損傷した」として、「6週間の安静加療診断によって招集リストから除外した。追加の代替抜擢なしの26人で、23日から正常練習を進める予定」と明かした。

イ・グノは19日の慶南とのKリーグ1・14ラウンドで、後半5分に慶南DFとボール競り合いの過程で衝突し、担架に乗せられて出た。
当初は軽症と予想されていたが、精密検査の結果は靭帯損傷とされ、生涯二度目のワールドカップ出場の夢が挫折した。

シン・テヨン監督は大韓サッカー協会を通じて「非常に心苦しく言葉で言い表せないくらいだ。イ・グノも最後のワールドカップと思、とても熱心に準備をしっかりやっていたにもかかわらず負傷し、残念な気持ちを禁じ得ない」として、「最古参としてチームを率いるとしてずっと準備していたのに、私もイ・グノも歯がゆく思っている」と残念がった。

残りのFWはソン・フンミン、ファン・ヒチャン、キム・シヌクら3人だけである。
シン監督は「ムン・ソンミン、イ・スンウ、ク・ジャチョルは一緒に2トップの形を作ることができる」として、「別の戦術をするときでも共有できる戦術を作っておいたので心配しなくてもいいだろう。追加の抜擢はなしで運営する」と説明した。


スポンサーリンク
楽天





[イ・グノ単独インタビュー] 「私の誠意が足りませんでした」
日刊スポーツ




※一部要約

イ・グノのワールドカップはここで止まった。
事実上、イ・グノの最後のワールドカップが終わったのだ。
最後のワールドカップのためにすべてを賭けてプレーしたイ・グノの情熱もやはり、止まるしかなかった。

ワールドカップ代表落馬のニュースが伝えられた後、日刊スポーツはイ・グノと連絡がついた。
イ・グノは慎重に、また淡々と自分の心境を明かした。

イ・グノは「受け入れなければなりませんね。どうにかできることはありません。今の結果を受け入れるしかありません。これが私の運命だと考えます」と話し始めた。





ワールドカップが挫折したのは完全に自分のせいだった。
誰かを恨む理由はなかった。

イ・グノは「私の誠意が足りなかったようです。熱心にすると言ってたのに、誠意をもっと注いでいればワールドカップに行けたでしょう。誠意をもっと込めていれば、負傷も避けられたでしょう。ワールドカップに行く準備が足りませんでした」と語った。

慶南戦でイ・グノは、自分がワールドカップに行けないということを感じた。
イ・グノが感じた苦痛は、ワールドカップに行けないほどだった。
信じ難かった。
なので周囲にも話さなかった。
イ・グノは違う結果を切望していたが、自分が受けた感じは現実となって返ってきた。

イ・グノは「慶南戦で負傷したとき、率直に感じが来ました。選手の体は選手が最もよくわかるでしょう。負傷したとき、深刻でワールドカップに行けないと私はすでにわかってました。なので私一人でワールドカップ代表を離れる準備をしていました」として、「近くの病院では大きな負傷ではないと言っていたが、その言葉を本当に信じるは難しかった。それで精密検査の結果、私の感じは合ってました」と打ち明けた。

現在、イ・グノは気持ちを整理してリハビリに集中しようとしている。

彼は「周りで多くの方々がすごく心配してくださいました。特に妻がすごく寂しがってます。心配してくれたすべての方々に感謝を伝えます」として、「もう少し休んで、リハビリに集中するでしょう。私を心配して期待してくださるすべての方々のために、早く払い除けて立ち上がります」と約束した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...