"降格切迫"ヴェローナ、去就について選択を下さなければならないイ・スンウ
STNスポーツ




※一部要約

エラス・ヴェローナのイ・スンウに選択のときが近づいた。

ヴェローナは29日、スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディで行われた2017/18シーズンのイタリア・セリエA35ラウンドのSPAL2013との試合に1-3で敗れた。
ヴェローナは4連敗に陥った。

この日の敗北でヴェローナは事実上の降格が確定した。
現在、セリエの20チームはすべて3試合ずつ残している。
ヴェローナは勝ち点25で19位を記録中である。
降格を避けられるマジノ線である17位のSPALとの勝ち点差は7だ。

さらに暗鬱なのは、ヴェローナはSPALにゴール得失でもやはり20点も遅れている。
なのでヴェローナが残り3試合で全勝をおさめ、SPALが全敗をおさめなければならないという計算になる。
この条件が満たされたとしても、18位のキエーヴォもやはり残り3試合で1分け2敗か3敗の成績をおさめてこそ、降格脱出が可能である。
それこそ針の穴だ。

事実上、迫る所属チームの降格を前に、イ・スンウも選択をしなければならないときが近づいた。
イ・スンウの選択肢は3つあるが、実質的な選択肢は2つである。


スポンサーリンク
楽天





まず現在ヴェローナより優れた戦力を保有したチームでも、似たような戦力を保有するチームに移籍するのが一つ。
多くのスカウトが集まるセリエAの特性上、イ・スンウの動きを見て可能性を見つけた中堅クラスのチームはあり得る。

もちろん可能性はあまりにも希薄だ。
イ・スンウの活躍は客観的に、魅力的だと見るのは難しいためである。
今シーズンのイ・スンウはわずか14回の出場(リーグ12試合、カップ大会2試合)に留まっている。
その中でも先発はわずか1試合(カップ大会)に過ぎない。
攻撃ポイントもないだけでなく、突出した実力を示したと見るのも難しい。
イ・スンウを獲得するチームは稀だろうと予測される理由である。

もう実質的な選択肢に目を向けるときが近づいている。
2つ目の選択肢であり、最初の実質的な選択肢はヴェローナ残留だ。
現在、イ・スンウはヴェローナで出場に困難を経験している。
だがチームが降格された後は違う。
縮小するチームの規模に合わせて選手の獲得と放出が活発になる。

チーム改編が完了すれば、イ・スンウは以前のチームメイトよりも実力の劣る同僚と競争することになる。
それだとイ・スンウが主戦を奪える可能性は上がる。
それから出場機会を通じてコンディションを引き上げ、今後を企図しなければならない。
つまりヴェローナ残留は二歩前進のための一歩後退というわけだ。

ヴェローナよりも価値の低いクラブに移籍する方法もある。
セリエBの他クラブ、ベルギーリーグなどのヨーロッパ群小リーグ、スペイン・セグンダリーガ、Kリーグ1など多様である。
より低いクラブに行って再挑戦する方法だ。
これもまた二歩前進のための一歩後退に近い。

現状が厳しいのは事実である。
期待感を持たせたユース時代とは違い、現在のイ・スンウは同年代でも頭角を現せずにいる。

だが若い年齢で花を咲かせて、その全盛期をずっと継続するサッカー選手は極めて珍しい。
早い全盛期を過ごす選手もいるし、キャリア中盤に花を咲かせる選手もいる。
レスター・シティのジェイミー・ヴァーディら大器晩成の選手もいる。
イ・スンウの年齢はまだ満20歳だ。
まだ燦爛と輝く時期はあまりにも多く残っている。
彼はどんな選択を下すのか。
成り行きが注目されている。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:イ・スンウの圧倒的な技量に絶望した日本の有望株・堂安律がヨーロッパで10ゴール達成



率直にヴェローナに残って主戦級が何人か出ていっても
主戦を取るのは難しそうに見えるのだが



┗守備のレベルがかなり落ちるフランスリーグに行って
 経験を積むのが良いと思う
 週給の削減は当然覚悟しなければならない


┗フランスやドイツはドアを開けて待ってるのか


┗そもそもイ・スンウに選択肢があるのか?
 ふふふふふ



率直にこれまで見せたものはヨーロッパでの競争力が足りない



(笑)(笑)
Kリーグでもやれるかわからない



シーズンを通じて0ゴール0アシストは初めて見る



レバークーゼンのリュ・スンウは20歳でドイツに行ってベンチにだけいて
あちこち2部リーグにレンタルされて23歳でKリーグの済州に完全移籍した
君たち、リュ・スンウがKリーグを噛んで食べてるか?



実力はないのに自尊心はメッシ級



メディアが持ち上げすぎたのか?
元々こんなにできなかったのか?



イ・スンウのフィジカルだとベトナムリーグが適当だ
164センチ60キロ…



Kリーグが答えだ
もちろん主戦は保障できない



3つ目の選択肢は尚州に行くことだ
尚州に行って尚武というチームのテストを経て
国防の義務を果たすのだ



バブルが何なのかを示す代表的選手



同年代の有望株と比較すればスタートはあまり良くない
それでも大器晩成型でもないようだ




Kリーグに来い



いったん国内に戻れ!
今の実力ならヨーロッパで淘汰されるのみ



ベトナムリーグやタイリーグに行くのが賢明かも



ヴェローナの監督の下では絶対に成功できないだろう



尚州尚武に行ってフィジカルを鍛えろ
中学生フィジカルでは答えがない



シーズンの攻撃ポイントが0だ
どういう答えが必要なのか



スンウよ軍隊に行ってもう一度考えてみよう
答えがないときは入隊が答えだ



水泳選手はどうですか?
何度かダイビングを見たが動作も大きくてすごかったのに




出場可能なところに行こう
個人的にはフランスやオランダのリーグを推薦したい



ペク・スンホのように2部リーグで経験を積んで上がってくるのが現実的に合ってるだろう



Kリーグも無理だ
ベトナムくらいが適当



世界で認められた有望株だったのにどうして…



早く軍隊に行ったほうが良いのでは
外国で主戦でもなくあちこち歩き回るよりは軍隊を早く解決して再び海外進出
それか国内で活動



オランダ、フランス、スコットランドリーグから始めろ;;
ただしそこでもお前に興味を持つチームがあるか;;;



能力はある…
翼を広げられないだけであって…
頑張れ~~



バイエルン全北に来い



記者は別の職業を探せ
記事は客観的に書かないと
イ・スンウには選択肢がない




ポルトガルやオランダに行こう



去れスンウ
実力がもったいない



レアル・ソシエダのアジアマーケティング政策に
便乗して移籍できれば大当たりなのに…
ラス・パルマスは可能だろうか



スンウはもう20歳だTT



控え目に東京ヴェルディを推薦してみる



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...