[SPO CRITIC] 情熱と狂気の間…より熱くてもより安全なKリーグを見たい
スポTVニュース




※一部要約

ポカポカした春の陽気のように全州城も熱くなった。
だが情熱を越えた"狂気"はともに試合を楽しむ人々を曇らせることもできる。

全北現代は29日、"全州城"全州ワールドカップ競技場で2018シーズンのKリーグ1・10ラウンドで水原三星と対決した。
結果は全北の2-0の勝利。

激しい一戦だった。
全北はチャンスを逃さず得点に成功したし、ずっと攻勢を浴びせた。
そして名勝負を完成させたのは"敗者"水原の抗戦だった。
9人になっても退かずに攻撃を選んだ水原の闘魂も光った。

"全州城"を埋めたファンの数は19108人。
この数字は有料観客だけを集計したもので、実際はさらに多くの観客が競技場を訪れた。
約1300人ほどの水原ファンも遠くから遠征試合をともにした。
試合前の選手入場と同時に双方から一緒に炸裂した応援は喜ばしいことだった。
最近、危機と言われるKリーグでこのような熱い雰囲気は、久しぶりに感じることができた。

水原から2人、全北から1人、両チーム合わせて退場者が3人も出たが、選手同士は大きな衝突なしに試合を終えた。
目の眩む状況は試合を終えてから発生した。
一部の水原ファンが水差しを投げ、フェンスを越えて全北ファンと衝突するところだった。


スポンサーリンク
楽天








どんなことが起きたのか。
クァク・グァンソンが水原ファンに挨拶を終えて、ドレッシングルームへ向かう状況で火種が生まれた。
水原の関係者は「クァク・グァンソンがサッカーシューズで芝をトントンと叩きながらドレッシングルームに入っていった。全北ファンが私たちの競技場の芝をなぜ足で蹴るのかと罵った」と明かした。
試合後の鋭敏な状態で、ファンとの摩擦にクァク・グァンソンとチョ・ウォニが感情を隠せなかった。

水原選手と全北ファンの衝突に、水原ファンの一部が興奮して全北のW席に向けって走り寄った。
フェンスで遠征応援の区域を分けていたが、飛び込んでくる水差しは防げなかった。
フェンスを越えようとする人もいた。
ある水原ファンがフェンスを越えたが、素早く対応した全北の保安要員が止めた。
幸いだった。
騒乱の末に物理的な衝突や怪我人はいなかった。

全北の関係者は「実際、何度か水原ファンがフェンスを越えようと試みたことがあった。保安要員に頼み込んでいた状態」だったとして、比較的迅速に対処した理由を説明した。
今回の事件が単発的な"ハプニング"ではないという意味である。

試合内容がより激しくなってこそ、見どころは豊富になる。
ピッチ上でもピッチ外でも同じである。
ファン同士の応援で神経戦をするのは、競技場の雰囲気を面白くすることができる。
だが自分が試合を熱く楽しむ権利と同じくらい、他人は試合を安全に楽しむ権利がある。
情熱は良いが狂気じみた暴力は困る。

"一部"が"全体"のイメージを決めることもある。
実際、水原ファンの中にも止めようとする人たちはいた。
フェンスを越えようとする人のズボンを掴んで衝突を防ごうと努めた。
だが記憶に残るのは逸脱した振る舞いをした人々だけだ。
選手も激しいファールをすれば退場を受けるように、ファンも暴力行為を犯さないように努力しなければならない。

全北の関係者は「退場によって火がつこうとしていた試合の力が落ちて残念」として、「ファンが互いに声を出せばこそ面白い試合ではないか。ただし競技場で暴力行為だけは起きてほしくない」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...