イ・スンウ体当たり練習?専門家「有用だが回数過多」
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)がイタリアデビュー後、初めて空中ボールの競り合いで勝利した。
"体当たり練習"の効果があらわれたのだろうか。

ヴェローナは19日、サッスオーロとのセリエA33ラウンドのホーム試合に0-1で敗れた。
イ・スンウは後半20分に交代出場して25分を消化した。

統計企業"オプタスポーツ"の公開資料を見ると、イ・スンウはセリエAの10回目の出場であり、カップ大会を含めたシーズン12試合目の公式戦で1回の制空権優位を占めた。

ヴェローナが2017年8月31日にイ・スンウをバルセロナ2軍から連れてきて以降、セリエAで空中ボールをものにしたのはサッスオーロ戦が初めてである。

イ・スンウの父親は韓国メディアとのインタビューで「一日500回ずつ木を対象に体当たり練習をした」として、「肩脱臼の後は300回に減らした」と明かしたことがある。

サッカーの競り合いは体一つで争うという側面から、アマチュアレスリングや総合格闘技のクリンチの攻防と類似点が多い。


スポンサーリンク
楽天





国際レスリング連盟(UWW)世界青少年選手権の金メダリストであり、韓国総合格闘技練習チームKTTのチョン・チャンヨル監督は「木への体当たりが競り合いの向上に役立つのは正しい」としつつも、「一日に500回はもちろん、300回でも過度なトレーニングだ。100回くらいが適切」という意見を出した。

イ・スンウは2017-18のセリエAで、192分の間に11回の突破を試みて6回成功した。
90分当たりのドリブル2.8回有効は、シーズン7位に該当する。

競り合いの向上と突破力の維持という二兎をイ・スンウが捕えれば、今よりもっと頻繁に単独の前進シーンを見せることができる。

大韓民国総合格闘技団体TFCの代表でもあるチョン・チャンヨル監督は「競り合いはどれだけ強く衝突するかよりも"タイミング"がさらに重要だ」として、「木への体当たりとともに実戦での競り合いの要領会得と、筋力強化を併行すればより大きな効果を期待できる」とアドバイスした。

今シーズンのタッチミスによるイ・スンウのロストは90分当たり4.2回に達する。
突破を試みる状況ではない、静的な状況でボールをタックルで奪われ攻撃権を献上したのも90分当たり1.9回と測定された。

イ・スンウは2017-18シーズンを通じてプロサッカー1部リーグにデビューした。
公式戦の出場時間が蓄積するほど、ガッチリした成人との競り合いという貴重な経験も重ねていくだろう。

行き過ぎた体当たりは慢性的な肩脱臼が悪化しかねないので、さらに気をつける必要がある。
頻度の調節に留意し、敏捷性の低下を最小化して筋力を強化するという、簡単ではない課題を解決しなければならない。

チョン・チャンヨル代表は5月25日、ソウル新道林のテクノマート・グランドホールで行われる総合格闘技大会TFC18の準備をしている。
バンタム級(-61キロ)のタイトル挑戦者決定戦などが行われる。


【関連記事】
韓国メディア:ヴェローナのイ・スンウが2ヶ月ぶりに試合出場、地元紙が絶賛



ポケモンか何かなのか


┗ワンリキー-体当たり


┗ロナウドも上体を一日1000回ずつして最高になったから
 それ以上の努力が必要


┗実際に格闘技の選手もしている練習で
 効果もあると証明されたのにこうやって貶すのか
 ふふ


┗少なくともイ・スンウは自分の問題をわかってるから
 プロで通用するよう体を作る努力をしている最中なのに
 やはり人生の敗者は答えがない
 ふふ


┗効果は素晴らしい!急所に当たった!


┗ポケモンではなく人間です
 悪質なコメントは控えて下さい



ピカチュウの体当たり


┗ピカチュウは体当たりではなく電光石火


┗イーブイは体当たり+電光ができる



それでもスンウのフィジカルは以前よりかなり良くなった



どれだけ歯を食いしばったのだろう



もう写真を替えないと



スンウはコメントをすべて確認したのだ
風が吹けば飛ぶ中学生フィジカルとからかいまくってたから
歯を食いしばったのだ
このような姿勢は見事だ



イ・スンウで始まり格闘技大会の宣伝で終わる記事?
イ・スンウが主題なのか?格闘技の宣伝が主題なのか?



21世紀にどうして風のファイター式練習をしてるんだ
近い内に滝の下で鷲シュートをする勢いだ
脱臼してるし
体を傷つけずに科学的にやれ







怪我に注意



イ・スンウは自分にとって良くない環境でもこうやって努力している
記事を見て嘲笑してる連中は人生でどういう努力をしてるんだ?
よりゴミなコメントをする方法の研究?




スンウよ頑張れ
まだ時間は多いからじっくり体を作ってコリアンメッシになれ
期待は大きい
スンウファイティン!!!



すごく面白い記事だ



イ・スンウで始まり最後はチョン・チャンヨルの大会準備で終わるカン・デホらしい記事
(※主にサッカーと格闘技の記事を書いている記者らしい)



グラウンド上の中学生



回数も大切だが強度が重要なのでは?
弱く300回の可能性もある
レスリングのような強い体当たりが必要な場合は100回でも多いこともある



ピカチュウが体当たりしてカビゴンに勝てるのか?






格闘技選手がアドバイス
ふふふ
スンウよ早く上がってこい
自尊心が傷つけられる



イ・スンウの体当たり!!!!!



ふふふふふ
肩脱臼してから300回に減らす
ふふふ



これは何だ
嘲笑する記事なのか?????



防御力、攻撃力が1上がった



次は100万ボルトを練習して硬直させよう
ふふ




むしろ柔術やレスリングを学んでみないか?



現代科学のサッカーに逆行する80年代式練習法だな



ただウェイトをするのが一番良くないか
木に体当たりするのは本当にすごく無知で科学的でもなく
負傷のリスクも高そうに見えるのだが



イ・スンウ選手にはもう少し科学的な練習が必要



記事は笑わせるために書いてる?



プロ選手で合ってるのか
ふふふふふ
何だか漫画に出てきそうな練習をして
ふふふふふ



これはサッカーの記事なのか格闘技の記事なのか区別できない…



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...