ヴェローナのイ・スンウ、2ヶ月ぶりに実戦試合…攻撃ポイントは失敗
聯合ニュース




※一部要約

イタリアプロサッカー・セリエAのエラス・ヴェローナのイ・スンウが2ヶ月ぶりに出場機会を掴み、印象的なプレーを繰り広げた。

攻撃ポイントは記録できなかったが、相手チームの虚を突く有効シュートを試みるなど、大活躍をした。

イ・スンウは15日、イタリア・ボローニャのスタディオ・レナート・ダッラーラで行われたボローニャとの遠征試合で、0-1でリードされていた後半23分にロムロと交代して芝を踏んだ。

実戦試合に出たのは2月5日のASローマとの試合で交代出場してから2ヶ月ぶりだった。

イ・スンウは活発に動いたが、試合の流れは簡単には変わらなかった。

ヴェローナは試合終了直前に1ゴールをさらに許し、0-2で試合を終えた。

イ・スンウは今シーズン、セリエAで9試合、カップ大会で2試合など計11試合に出場している。
攻撃ポイントは1つも記録できていない。


スポンサーリンク
楽天





"敗北の中で唯一の希望"イ・スンウ、チーム内最高評点(ヴェローナ地元紙)
インターフットボール

20180416062111015.jpg


※一部要約

後半43分にイ・スンウは直接決定的なチャンスを作った。
ボックス内で背を向けてボールを保持していたペトコヴィッチが、ボックス外にいたイ・スンウにパスをして、イ・スンウは左足で軽く止めてから右足ミドルシュートを飛ばした。
このボールはボローニャのミランテGKの指先をかすめて外に出た。

ヴェローナの地元メディア"エラス1903"はこのシーンを"ヴェローナで唯一の威嚇的なシーンだった"と言及し、イ・スンウにチーム内最高評点の6を与えた。
後半追加時間に失点して終わった0-2の敗北の中、多くのヴェローナ選手が4.5~5.5点を受けたが、イ・スンウだけは6点を受けた。

9試合休んで2ヶ月ぶりに競技場に出たイ・スンウの動きは尋常ではなかった。
競技力を心配していたファンに、自分の存在感を誇るかのように輝かしい姿を見せた。


20180416062111015a.jpg




"2ヶ月ぶりの出場"イ・スンウ"絶賛"、「ヴェローナで唯一の威嚇的シーン」
OSEN

20180416071507307.jpg


※一部要約

イ・スンウの活躍は8月のアジア大会を控えて、代表の構成を準備中のキム・ハクボム23歳以下サッカー代表監督にとっても朗報だ。

イ・スンウの関係者は「成績が良くないチーム事情のため負担は大きいが、イ・スンウにとっては明らかにチャンスが来る可能性が高い。イ・スンウ本人も焦りを出すより、現状に充実するという意思が大きい」と説明した。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ヴェローナの“コリアンメッシ”イ・スンウがベンチからも外され連続欠場
韓国メディア:北朝鮮のハン・グァンソンと韓国のイ・スンウ、交錯した南北サッカーの未来
韓国ネチズン反応:2018アジア大会で南北サッカー単一チーム結成?…兵役問題などの難関も



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...