[ヨルダンLive] よく戦ったユン・ドクヨ号が4強脱落…日-オーストラリア1対1の引き分け"残忍な場合の数"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ユン・ドクヨ号のヨルダンアジアカップ4強行きが惜しくも不発に終わった。
ベトナムとの最終戦に完勝したが、同時刻に同組のオーストラリアと日本が1対1で引き分けてグループ3位に押された。

ユン・ドクヨ監督が率いる女子サッカーA代表は13日、ヨルダン・アンマンのキング・アブドラⅡスタジアムで行われたヨルダン女子サッカーアジアカップB組予選のベトナムとの最終戦に4対0で勝利した。


20180414053505456a.jpg

20180414053505456c.jpg


オーストラリア-日本戦の状況を知らない太極娘子が、最後まで1ゴールでも多く決めるために死力を尽くす姿は涙ぐましかった。
4対0の完勝、3試合無失点の無敗を記録したが惜しくも4強の前で志を成すことができなかった。


スポンサーリンク
楽天





[女子サッカー] 酷い日本-オーストラリア、5分以上ボール回しのみ
スポーツ韓国




※一部要約

ベトナムを大破しても韓国は大会から脱落する苦味を味わった。
同時刻に行われた日本とオーストラリアの試合が1-1の引き分けで幕を下ろしたため。
韓国は先に2チームと勝ち点で同率(5点・1勝2分け)になっていたが、相手との戦績での多得点で押され、グループ3位で脱落した。

それこそ最悪のシナリオが現実になった。
この日、韓国がグループ2位に上がるためには、日本-オーストラリア戦で勝敗が決まるか、日本とオーストラリアが無得点で引き分けてから韓国が5ゴール以上を決めなければならなかった。
ただし、日本とオーストラリアが1-1以上で引き分ければ、韓国はベトナムに10ゴール以上を決めても3位に押される状況だった。

幸い、最悪は避けられそうだった。
後半18分に日本が先に0の均衡を破った後、後半40分まで1ゴール差のリードをしっかり守った。
だが後半41分にオーストラリアの同点ゴールが炸裂した。
このまま試合が終われば日本とオーストラリアが並んで4強に上がる状況になった。

その後、両チームは約束でもしたかのように試合を運営した。
日本はDF4人が互いにボールを回して時間をかけた。
オーストラリアは誰も圧迫せず、ただ時間をやり過ごすことに汲々としていた。
2分の追加時間を含めて、5分以上時間をかけるシーンだけが続いた。
最終的に主審のホイッスルが鳴り、日本とオーストラリアが並んで歓呼した。




[女子サッカー] 5分以上ボール回しをした日本、見守るだけのオーストラリア
スポーツ韓国




※一部要約

意図は明確だった。
日本もオーストラリアも、このまま試合が終わることだけを望んだのだ。
5分以上ボールを回し、またそれをぼーっと見守った理由。
終了のホイッスルが鳴れば一緒に大会4強とワールドカップに進出できる状況だったからである。





試合後、日本メディアのサッカーダイジェストは「日本がオーストラリアと"談合"引き分けでワールドカップ出場を手にした」として、「両チームともグループリーグ突破とワールドカップ出場が決まる状況になり、両チームとも示し合わせたかのように時間を過ごした」と報じた。

それについて高倉麻子日本女子サッカー代表監督は「残り時間を攻撃的に行きたかったが、ワールドカップ出場権を完全に確保するためこのような指示を与えた」と語った。
坂口も「選手の中には攻撃的に行きたい選手もいたが、ベンチの意思に従って後ろでボールを回した」と付け加えた。

一方、この日の敗北(※試合は勝っている)で3位に押された韓国は、A組3位のフィリピンと残り最後のワールドカップ出場権をかけて5位決定戦をする。
試合は17日午前2時にヨルダン・アンマンのインターナショナル・スタジアムで行われる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...