ソン・フンミン-ハン・グァンソンが一緒にプレーする?アジア大会"サッカー単一チーム"の可能性急上昇
スポーツソウル




※一部要約

韓国サッカーを代表するソン・フンミン(26・トッテナム)と北韓サッカーの新星ハン・グァンソン(20・カリアリ)が、韓半島の旗の下で一緒にプレーすることができるだろうか。

2018ジャカルタ-パレンバン夏季アジア大会で南北共同入場が推進される中、単一チームの有無も話題として登場する見通しだ。
特の双方ともに人気の高いサッカーの単一チームの構成が、8月の開幕前までの4ヶ月間で注目を集めるものとみられる。
イングランド・プレミアリーグで大活躍して"ワールドクラス"に生まれ変わったソン・フンミンと溢れる才能で韓国サッカー期待の主になったイ・スンウ(20・ヴェローナ)が、北韓の今後の10年を背負うFWハン・グァンソンやチェ・ソンヒョク(20・ペルージャ)とともに金メダルに向けてプレーする画も排除できなくなった。

南北平和協力祈願の南側芸術団を引率しているト・ジョンファン文化体育観光部長官は2日、キム・イルグク北韓体育長官と会って面談した後、アジア大会のときの南北選手団の共同入場の意志を合わせた。
ト長官はこの日、「4月27日の南北首脳会談が終わった後、実務の議論をして書面の合意など具体的に段階を踏みたい」として、「ジャカルタでも一緒にするかについての後続議論をすれば良い」と明かした。
この日言及された共同入場は大きな問題がない限り行われると予想される。
先月の平昌パラリンピックでの北側の主張のように、韓半島の旗に独島を含める問題で意見が交錯するかもしれないが、大きな障害物ではない。

問題は単一チームの結成である。
北韓はウェイトリフティングや体操、ダイビングなど一部の種目でオリンピックや世界選手権大会で優勝するなどの世界的実力を持っているが、残りの種目では韓国との実力差が大きいのが現実だ。
特に一つのチームになってプレーする球技種目の競争力が落ちる。
野球は北韓ではほとんどしない。
そのような面から、キム・ジョンウン北韓国務委員長が愛情を持つサッカーは、平昌冬季オリンピックの女子アイスホッケーのように、今回のアジア大会で単一チーム"コリア"を象徴できる代表的種目に挙げられる。
男女ともに南と北が力を合わせれば金メダルまで近づけるという点、1991年のポルトガル世界青少年サッカー選手権大会(現20歳以下ワールドカップ)で韓半島の旗の下で戦い、8強まで行った甘い記憶もプラス要因である。
実際、4年前の仁川アジア大会で南と北は男子サッカー決勝で会い、韓国が金メダルを取った。
女子サッカーでは準決勝で北韓が韓国に勝って優勝まで行き、韓国は銅メダルを取った。

難関もある。
男子の部はアジア大会が兵役問題を解決する2大ルートの一つなので、北韓選手が来ればエントリー入り可能な南側の選手が被害を受けることになる。
組織力も解決しなければならない。
平昌オリンピックで女子アイスホッケー単一チームは、大会のわずか2週間前に構成が確定して論難の中心になった。
女子の部は去年4月の平壌遠征での小競り合いなど、南北の女子選手が毎年対決していてライバル意識が強くなり、和合に誘導することが課題だ。


スポンサーリンク
楽天





"ソンナウド"と"人民ナウド"が一つのチームでプレーすることになれば問題
国民日報




※一部要約

アジア大会単一チームの推進に当たり、考慮しなければならない点が別にある。
"平和"という象徴的意味を備えるため、"過程"が公正でなければならないという点だ。
平昌冬季オリンピックで女子アイスホッケー単一チームの論難がそのまま繰り返されてはならないという意味である。
当時、IOCの規定を変えて韓国選手にできるだけ被害が及ばないような措置を取ったが、選手の出場時間が減ったのは事実だったからだ。

このような問題はサッカーでも起こり得る。
特に男子サッカー選手にとってアジア大会は、兵役恩恵を与えられる競技の一つである。
北韓選手がエントリーに入れば、韓国側の選手が不本意に被害を受けることがある。





組織力も問題だ。
平昌オリンピックで女子アイスホッケー単一チームは、試合結果だけなら"完敗"した。
アジア大会サッカー代表のキム・ハクボム監督は優勝に死活をかけている。
優勝のためには組織力を育てることが優先だが、かなりの時間の合宿練習が必要だ。

ネチズンの意見は交錯している。
あるネチズンは「韓国選手だけでプレーしても組織力が育てられないのに、単一チームで可能なのか」と疑問を提起した。
続けて「見せつけ式の単一チームは平和と関係ない」という意見もあった。
一方、「南北が一つになって優勝すれば本当に美しいだろう」、「北韓から良い選手を連れてきて単一チームを構成すれば、さらに強いチームになることができる」などの意見もあった。



軍免除がかかってるアジア大会の単一チームはちょっとない
女子サッカーの単一チームはどうだ?


┗北韓のために軍服務の義務があるのに
 北韓選手の抜擢で取り消される選手はどうしろと?
 ふふふ



小説を書いてるね
ふふふふふふふふふふ



┗その小説が実現するかと思って恐ろしい 
 ふふふふふふ


┗SON入隊確定
 ふふふ



本当にいい加減にしろ
自分のイメージメイキングにスポーツを利用するのも大概にしろ



単一チームはやめろ…
ソン・フンミンの軍免除はどうする



┗ふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
 ソン・フンミンの軍免除がこの大会の目的だね


ムン災害弾劾



軍の問題がかかってるので選手の反対も深刻だと思う



私たちの災害がノーベル賞を取るために暴走してるのだ



もしこれが本当なら後爆風はアイスホッケーとはクラスの違う激しさになる



スポーツを政治利用するな



いや…
金メダルを取れば我が国の若い選手18人が軍免除を受けるのになぜあえて?


┗20人…



これはない…



FIFAはスポーツを政治的手段として利用した韓国を早く処分してくれ



ダメだいい加減にしろ
英国も各自で出ているのに単一チームに何の意味があるのか



ムン災害だ災害



神聖なスポーツを汚い政治に利用するな



ふざけるな本当に



女子アイスホッケーが結局滅びたのを見ると
単一チームはあり得ないと確信した



この機会に軍も単一チームにするのは?



ソン・フンミンの人生を滅ぼすのか



無回転FKでムン・ジェインの頭を一度蹴ってみたい



北韓がなかったらどうしていたのか
この災害政権は



ソン・フンミンを刺激するな
民心を失うだろう



アジア大会は成績を出すところであって
ドラマを書くところじゃない



男子サッカーには触れるな
全国民が姑だ



私はフンミン兄さんのためにムン・ジェインを支持しないこともあり得る



フンミンの軍免除が飛んでいく音が聞こえる



ソン・フンミン二等兵が涙で見えない



単一チームならこれは本当に弾劾しなければならない
ほぼ共産主義級



あぁ、この国が心配だ



申し訳ありません…
災害に投票した自分自身に腹が立つ…



キム・ジョンウンが決めればムン・ジェインは従う
命令体系がそうなってるじゃないか



ムン・ジェインはノーベル賞の欲がすごいね
ふふ



ワールドカップも単一チームになる勢い
フフッ




フザケてるのか
軍免除のかかっている有望株はどうする



これは本当にイカれてる
何でもすべて政治に利用しようと…
イカれてる…



スポーツは組織力が命なのにムン・ジェインが介入して滅ぼしている



北韓のために軍隊へ行くのに
北韓と一緒にプレーしろとは
ふふ



優勝したら兵役免除の大会で南北単一チーム?
ふふふふふふふふ
いい加減にしろ…



アイスホッケーが滅んだのを見ても…
こんな声が出るのか?



平和コスプレは大概にしろ



公正に?
ふふふふふ
率直に北韓選手と我が国の選手が公正に競争して
北韓選手が何人選ばれるんだ?
ふふふふ



面白いギャグだ



率直にソン・フンミンが他国に帰化しても罵る人はいないだろう(笑)(笑)



その2人はレベルが違う
比較するな



フンミン兄さんを軍に送るために意図したのか…



平昌だけで十分だ
政治はスポーツを汚すな
そして記者は小説を書くな




証明された者と証明されていない者を比較するのは適切じゃない



過去のアジア大会で男子サッカーは単一チームじゃなくても金メダルを取った
金メダルを取るためには単一チームにしてはいけない



選挙が迫るとスポーツにも北風が来てうんざり



ソン・フンミンが国籍を変えても応援します



今の私たちは平和が重要なのではなく
ソン・フンミンの軍免除が重要なのだ
南北単一チームは良くないと思う



ソン・フンミンを軍に送るため全宇宙の力を集めているのか…



失業者600人が集まって一日ずつフンミンに代わって軍生活をしよう
政府がずっと犬の声をしているので私も吠えてみた



アイスホッケーのとき感動した人はいるのか?



笑わせるな…
想像するのも難しいのに加えて…
ハン・グァンソンが代表の席でベンチに入れるレベルだと思うのか?



単一チームになった瞬間
本当にFIFAに政府がサッカー協会に介入して
政治利用していると嘆願書を出す




ノーベル賞に目がない人を1人追加です…



兵役を避けるためにプレーする韓国選手を見て
北韓選手は何を思うのか…



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...