"3分耐えられなかった"FCソウル、仁川と1-1の引き分け"4G連続無勝"
ニュース1




※一部要約

FCソウルがホームで仁川ユナイテッドと勝負をつけることができなかった。
後半追加時間の3分を耐えられず痛恨の同点ゴールを許した。

FCソウルは1日、ソウルワールドカップ競技場で行われた仁川ユナイテッドとのKリーグ1シーズン4ラウンドに1-1で引き分けた。

これでFCソウルは開幕から4試合連続無勝に終わって2分け2敗を記録した。
一方の仁川は勝ち点1を追加して1勝2分け1敗の勝ち点5をマークした。







スポンサーリンク
楽天





危機のソウルに変化の風、虚しく飛んで行った初勝利の夢
OSEN




※一部要約

ソウルは開幕3試合で無勝の不振に苦しめられていた。
開幕戦で済州と引き分け、江原と全北に続けて敗れた。
序盤の対戦は容易ではなかったが、伝統の名家ソウルの内容と結果に失望したファンの非難の声は大きくなっていった。
ソウルのサポーターは仁川戦で"ファン・ソンホンOUT!フロントOUT!"、"Kリーグ2(※2部)に行って早いリビルディング?"という垂れ幕を掲げたりもした。







"ファン・ソンホンOUT"の垂れ幕に答えたコウノトリ、「責任を痛感、信じて待って下されば報いる」
OSEN




※一部要約

ファン・ソンホンソウル監督は試合後のインタビューで「勝利がなく、ホームなので結果が重要な試合だったが、危機を上手く越えたのに最後に失点してとても残念だ」として、「ホームのファンに勝利する姿をお見せできなくて申し訳ない。試合がずっと続くので、また来る(※水原三星との)スーパーマッチをしっかり準備する」と残念がった。

ファン監督は今シーズンの選手団の構成については「私が考えていた選手はほとんど獲得した。100%の満足で始める監督は世界のどこにもいない」として、「私が望んで要請した選手はほとんど受給された。色んな困難があるが、選手と一致協力してしっかり作っていかなければならない」と語った。

今後、スーパーマッチなどの厳しい日程を勝ち抜かなければならないファン監督は「私たちが下位チームで甘く見るチームも、甘くするチームもない。12チームすべてに競争力がある。毎試合集中しなければならない。1試合を特定するより、迫ってくる試合すべてに没頭しなければならない」と強調した。

この日、"ファン・ソンホンOUT"という垂れ幕がかかったことについては「ファンの心情を十分理解する。責任感をすごく感じている。はっきりと言いたいのは、一日一日最善を尽くして良いサッカーをするように努力する。満足できなくても選手を信じて待って下されば、最善を尽くして報いる」と語った。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...