"マルチプレーヤー"パク・チュホ、20%進入のため2回目の試験の舞台
ニュース1




※一部要約

一歩遅れてワールドカップのエントリー競争に飛び込んだパク・チュホ(31・蔚山)が、最後の試験を控えている。
パク・チュホが持つマルチプレーヤー能力がしっかり発揮されれば、まだ決まってないワールドカップエントリーの20%に彼の名前が入る確率は高い。

韓国は28日午前3時45分にポーランドと評価試合を行う。

今回の対戦は5月に2018FIFAロシアワールドカップ最終エントリーが発表される前に行う最後の試合だ。

シン・テヨン監督は12日、今回のヨーロッパ2連戦に出る選手メンバーを公開したとき、「(ワールドカップ)代表の構成の80%以上は確定的」と明かしたことがある。
キ・ソンヨン、ソン・フンミン、クォン・チャンフンらが80%に入る主軸だ。

パク・チュホは24日に行われた北アイルランドとの評価試合でキ・ソンヨンのパートナーとして出場、安定した守備力と余裕のある試合運営能力を見せた。
そこに前半7分にはクォン・チャンフンへの正確なパスで、先制ゴールをアシストしたりもした。
去年6月から9ヶ月ぶりに代表に入ったが、パク・チュホはアピールに十分な活躍を繰り広げた。

だがこの日の1試合でパク・チュホが20%の一席を占めたと見ることはできない。
彼がプレーした中央MFにはキ・ソンヨンをはじめとしてク・ジャチョル、チョン・ウヨンらがシン・テヨン監督から信頼を受けている。
今回選出されなかったコ・ヨハン、イ・ミョンジュ、チュ・セジョンらも侮れないライバルである。

パク・チュホが競争力をさらに持つためには、もう一つの武器を見せなければならないが、それがマルチプレーヤー能力だ。
パク・チュホは元々左SBとしてヨーロッパの舞台に進出したDFである。

北アイルランド戦でキム・ジンスが負傷したため、現在シン・テヨン号にはキム・ミヌだけが左SBに名前を上げている状態だ。
シン・テヨン監督は「(パク・チュホは)守備型MFと左SB、2つのポジションをできるので評価試合で実験するために選んだ」と語ったことがあり、ポーランド戦で彼がSBで出場する可能性は高い。
パク・チュホが左SBでも安定した活躍をすれば、ワールドカップ出場の可能性は高くなり得る。


スポンサーリンク
楽天





ポーランド戦に出るキム・ミヌ、WCの可能性の試験台
ベストイレブン




※一部要約

北アイルランド戦で韓国の最大の問題と指摘さたのは"守備"だった。
オウンゴールと失点の口実を与えたCBが集中ターゲットとなったが、実際はすべてのDFが逆転ゴールの失点シーンで自分の役割を果たせなかったのがさらに深刻だった。
ともかく中央の守備で問題を発見し、それを直していく余地は十分である。

次の問題はサイドの守備だ。
北アイルランド戦では全北の左右のSBであるキム・ジンスとイ・ヨンが担ったが、韓国の守備の組み合わせはしっかりと稼働しなかった。
キム・ジンスの負傷で半分も試験ができなかった。
代わりにキム・ミヌとイ・ヨンが60分ほど足並みを揃えた。
だが逆転負けという結果の中で、良い評価を得ることはできなかった。

キム・ジンスが抜けた席の選択肢は限定的だ。
北アイルランド戦と同様にポーランド戦もやはり、実戦と同じようにしなければならない。
結論は"再びキム・ミヌ"である。





昨シーズン、水原三星で左ウィングバックを主にしていたキム・ミヌは、フラット4に馴染みがない。
慣れない側面より熟練度で差が大きい。
キム・ミヌは自らウィングバックをDFと規定しているが、実際のピッチ上であらわれる指向はMFに近い。
また、1・2月を基礎軍事訓練で過ごして実践感覚が離れている。
3月のKリーグ1では尚州尚武所属として2試合交代出場して2ラウンドは18分、3ラウンドは38分と計56分のプレーに終わっている。

シン・テヨン監督はポーランド戦の前の記者会見で戦術の変化を予告した。
フラット4でなければフラット3になるだろう。
変化を与えるならまさにその部分、キム・ジンスが抜けたところを埋める代わりに3人のCBを起用し、ウィングバックを立てることである。
そうなればいくらコンディションが100%でないキム・ミヌでも、もう少し良い競技力を見せられるようになる。

負傷でもワールドカップ行きが有力なキム・ジンスとは違い、キム・ミヌともう1人のライバルであるホン・チョルはまだ何も確信できない状況だ。
SBであろうとウィングバックであろうと今回のポーランド戦は、キム・ミヌにとって最終試験台に違いない。
キム・ジンスの空白を最小化し、一歩進んで技量を誇示できるならば、ワールドカップの合格点が与えられるかもしれない。
彼にとっていつのときよりも重要な試合が来た。


【関連記事】
陸軍訓練所に入所するキム・ミヌ「内心では悩みが多いが軍生活もしっかりやって戻ってくる」
韓国ネチズン反応:3月Aマッチの韓国代表メンバーが発表…「ロシアW杯の80%は確定的、守備ラインが悩み」
韓国メディア:軍入隊のキム・ミヌ、シン・テヨン代表監督の信頼に能力で応えなければならない番



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...