エッシェン、インドネシア・バンドンと契約解除…バリ移籍の見通し
スポータルコリア




※一部要約

過去にチェルシーで活躍したガーナ出身のスターであるマイケル・エッシェンが自由契約身分になった。

エッシェンは去年、インドネシアのプルシブ・バンドンと契約した。
移籍の初シーズンで29試合に出場して5ゴール1アシストを上げて優れた技量を見せた。
エッシェンはバンドンでの生活に満足し、契約延長を考慮していた。
だが最近、バンドンがエッシェンを放出したことがわかった。

その理由はバンドンの外国人選手保有の問題のためである。
バンドンは外国人FWを獲得し、外国人選手が5人になった。
インドネシアリーグが保有できるのは4人のため、1人送り出さなければならなかった。
バンドンはエッシェンを放出対象に決め、チームから送り出した。

バンドンの関係者は「私たちは規定を守らなければならなかった」として仕方のない放出だったと伝えた。

エッシェンはバンドンを出たが、インドネシアリーグを去らない様子だ。
現在彼はバリ・ユナイテッドと接触中であることがわかった。


スポンサーリンク
楽天





また移籍説、エッシェンのKリーグ行きの可能性はあるだろうか?
スポータルコリア




※一部要約

マイケル・エッシェンのKリーグ移籍説が再点火した。
現在エッシェンはプルシブ・バンドンと契約解除して無籍である。

ガーナのサッカー専門サイト"ガーナサッカーネット"は23日、エッシェンのニュースを取り扱った。
報道によると、エッシェンはKリーグ移籍を準備していることがわかった。
契約解除の直前、プルシブ・バンドンの会長も「エッシェンはKリーグ移籍に関心がある」と語って信憑性を加えた。

エッシェンはプルシブ・バンドン所属で20試合以上を消化した。
その後2018年の冬の移籍市場に入り、Kリーグ移籍を望んでいるというニュースが聞こえてきた。
プルシブ・バンドンとの契約解除後、再びKリーグ移籍説が膨らんでいる。

Kリーグクラブの立場でエッシェンの獲得は肯定的なのだろうか。
インドネシアの事情に詳しい関係者に現在のエッシェンを尋ねると、すぐに「Kリーグに行く可能性は低い。以前に比べて体重もだいぶ増えた。Kリーグクラブの立場では魅力的な招聘ではないだろう」と語った。

現地で活動している選手も同じだった。
インドネシアの舞台で8年間活躍したGKユ・ジェフンは「ヨーロッパで活躍していたときと違う。機動力もかなり落ちている。タイトなKリーグで耐えられるかは疑問」と疑問を投げかけた。

年俸対比の効率で問うならどうだろう。
再び疑問符がつく。
エッシェンはプルシブ・バンドンで年俸9億~10億を受けていた。
去年の基準でイ・ドング(9億9056万ウォン)、イ・ジェソン(8億4450万ウォン)、ロペス(10億1200万ウォン)、ジョナタン(7億50万ウォン)らに匹敵する金額である。
機動力の落ちたMFにイ・ジェソン、ロペス、イ・ドング級の年俸を与えるのは容易ではない。

2014年、日本のセレッソ大阪が当時35歳のディエゴ・フォルランを獲得した。
多くの関心を集めたが、年俸6億円(約53億ウォン)のフォルランはネームバリューに見合った活躍をできず、セレッソはJ2リーグに降格した。
エッシェンがFWではなくMFという点を考慮すれば、リスクはさらに大きい。
Kリーグクラブは大きな魅力を感じることのできない可能性が高い。

マーケティングの側面ではある程度の効果を見ることはできる。
かつてチェルシー、レアル・マドリード、ACミランなどとガーナ代表でワールドカップの舞台を踏んだキャリアのためである。
サッカーファンにとってはヨーロッパで活躍したエッシェンの国内入りは、興味深いことである。

もちろん言論プレーという話もある。
インドネシアサッカーの関係者によると、エッシェンは現地の生活に満足していると伝えられている。
実際に一部の報道によると、エッシェンはプルシブ・バンドンと別れた後バリ・ユナイテッドと接触したことがわかった。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:Kリーグで見るところだったドログバ、エッシェン、アデバヨール…往年のスター選手は韓国に好感
韓国メディア:元チェルシーのエッシェンがKリーグ進出を打診…可能性は事実上ゼロに近い?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...