サッカー崛起のスーパーリーグ、ワールドJリーグ、うずくまるKリーグ
日刊スポーツ




※一部要約

最近のAFCの版図は中国スーパーリーグと日本Jリーグが両分している。
明確なコンセプトを持ち目標を設定したおかげという評価である。
かつて"アジアの虎"と呼ばれたKリーグは、中日リーグに隠れてうずくまった格好だ。

中国の"サッカー崛起(サッカーを起こして立てる)"というのはもうサッカーファンの間では馴染みの言葉である。
"サッカー狂"として有名な習近平中国国家主席が"サッカー崛起"を強調し、中国財閥は先を争ってサッカーチームに天文学的な金をつぎ込んだ。
中国プロサッカーが爆発的な成長を遂げた秘訣である。
広州恒大や上海上港・上海申花・北京国安・河北華夏・江蘇蘇寧・天津権健のようなチームが"金の威光"を前面に出し、アジア最高級クラブに成長した。


20180315060033723a.jpg


スポンサーリンク
楽天





今シーズンのスーパーリーグはイングランドやレアル・マドリードを率いていたファビオ・カペッロをはじめとして、マンチェスター・シティの指令塔出身マヌエル・ペジェグリーニ、バイヤー・レバークーゼン時代にソン・フンミンを指導していたロジャー・シュミットら世界的な指令塔が優勝をかけて競合している。
選手の面々はさらに華やかだ。
ブラジル代表出身の4人であるアレシャンドレ・パト、ハルク、オスカル、ラミレスが代表的である。
そこにベルギー代表のアクセル・ヴィツェル、2016~2017ブンデスリーガの得点2位であるアントニー・モデスト、バルセロナのレジェンドであるハビエル・マスチェラーノらも今シーズンにスーパーリーグの舞台を走る特級外国人選手だ。
彼らは数百億ウォンに達する天文学的な金額の移籍金と年俸を記録して現所属チームに入団した。
2~3年前までスーパーリーグは韓国のスター選手と指令塔が占領したこともあった。
チェ・ヨンス、ホン・ミョンボ、イ・ジャンス監督とサッカー代表出身のホン・ジョンホ、チャン・ヒョンス、ユン・ビッカラムらである。

"サッカー崛起"という中長期的な観点から、中国代表の力量まで強化している。
かつて韓中戦の前には"恐韓症"という言葉が必ず出ていた。
それもそのはずで、中国男子サッカーは2009年まで韓国相手に11分け16敗の絶対的劣勢だった。
だが2010年の東アジアカップで中国は韓国に3-0で完勝して変わった姿を見せると、去年3月のロシアワールドカップ最終予選では韓国を再び制圧してジンクスを破った。
世界トップレベルの選手の自国リーグ流入は、中国選手の技量向上に繋がっているという評価だ。
中国サッカーは"今からがスタート"だとして、アジアの頂点へ向けてさらに拍車をかけている。


20180315060033723b.jpg


日本プロサッカーも"ワールドJリーグ"という明確なコンセプトを前面に出している。
日本プロサッカー連盟は最近、日刊スポーツとのインタビューで「Jリーグをアジア版イングランド・プレミアリーグにする」として、「浦和レッズが2017AFCチャンピオンズリーグで優勝したが、満足せずにアジアの舞台を号令するアジアのバルセロナやレアル・マドリードを作ることが究極的目標」と明かした。

Jリーグは足早なマーケティングでメガトン級の中継権販売に成功した。
昨シーズンから英国のスポーツメディア専門企業パフォームグループと、10年間の中継権契約を結んだ。
Jリーグは中継権料として計2000億円(約2兆2000億ウォン)を受ける大儲けをしたのだ。
恩恵はそのままJリーグクラブに返る。
特にリーグ優勝チームは金の嵐を迎える。
2017年のJリーグ優勝チームである川崎フロンターレは、3年をかけて優勝賞金1410万ドル(約153億ウォン)を受ける。
去年のKリーグ優勝賞金5億ウォンの約30倍である。
また、Kリーグで最も多くの金を使っている全北現代の2017年の選手団全体年俸(約157億ウォン)に匹敵する。
川崎は今シーズン直後に910万ドル(約97億ウォン)を受けた後、来年と2020年にそれぞれ360万ドル(約38億ウォン)と140万ドル(約15億ウォン)を追加で受ける。
以前の優勝賞金270万ドル(約29億ウォン)とは比較にならない金額だ。
そこに毎年Jリーグの全クラブに渡るJリーグ支援金320万ドル(約34億ウォン)を加えると、川崎はなんと優勝で1730万ドル(約184億ウォン)を手にする。
戦力補強を十分にして余るほどの金の座布団に座るわけだ。


20180315060033723c.jpg


そのおかげでJリーグも2014ブラジルワールドでドイツの優勝を導いたルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)や、ブラジル代表出身のジョー(名古屋グランパス)のようなスーパースターが移籍している。
以前は中国に発っていた国内トップクラスの選手の日本行きも列を成している。
昨シーズンのKリーグ1得点2位のヤン・ドンヒョン(セレッソ大阪)が代表的である。
特にチョン・ソンリョン、クォン・スンテ、キム・スンギュら代表級の戍将が日本クラブのユニフォームに着替えた。
シン・ムンソン明知大教授は「各チームにさらに多くの金が配分され、Jリーグは韓国の優秀なGKと選手を連れて行っている」として、「このような状況は最終的にKリーグの試合の質を落とし、スポンサー離れの悪循環に繋がる他ない」と指摘した。

一方、Kリーグは特徴も目標もないリーグに転落した。
Kリーグは30年をゆうに越える歴史に比べ、リーグ固有のイメージを定着させることに失敗した。
東南アジア市場に目を向けたが、開拓で特別な成果を上げられなかった。
視聴率ではプロ野球はもちろん、プロバスケットやプロバレーボールと争っても競争力が落ちるという評価である。
海外に出る選手を代替できずに戦々恐々だ。


20180315060033723d.jpg


AFCチャンピオンズリーグの戦績がKリーグの現住所を物語っている。
Kリーグは去年のチャンピオンズリーグで、済州ユナイテッドの1チームしか16強に上がれなかった。
残りの3チームはグループリーグで脱落する屈辱を受けた。
さらに16強に上がった済州も浦和レッズに大敗して脱落した。
"絶対1強"の全北現代が出場できなかったのがとても惜しかったという分析である。
だがKリーグチームの不振の決定的理由は、中国クラブに劣勢を見せてきたことだ。
済州・水原・ソウルは中国チームと6回戦って、わずか1勝(2分け3敗)しか上げなかった。
"Kリーグの競争力は以前と同じではない"という評価が出てきた理由である。
今シーズンも様相は大きく変らない。
チャンピオンズリーグのグループリーグが進行中の13日現在、全北を除く3チーム(水原・済州・蔚山)は対中国チーム相手に1勝2分け2敗で劣勢だ。
日本チーム相手にも1勝2敗に留まっている。
シン・ムンソン教授は「中日サッカーは量・質的に恐ろしいほど成長している。生存のために、スポンサー誘致を通じた投資に乗り出さなければKリーグの競争力は今よりもさらに大きな危機を迎えるだろう」と警告した。


20180315060033723e.jpg


【関連記事】
韓国メディア「Kリーグオールスター戦がベトナムへ行く理由」「Jリーグとは違いKリーグにはまだ諦められない市場」
韓国人記者「Kリーグはプロ野球の興行から学ぶべき」「ライトなファンを増やし、サポーター文化の得と失を考えるとき」
韓国メディア:海外中継権販売のJリーグ「アジアのバルセロナとレアル・マドリード、私たちが作る」
韓国記者「縮小しているKリーグの観客数、ドイツが羨ましい」
韓国メディア:興行低迷が続くKリーグ、今年から有料観客だけを集計…マーケティング強化を期待
韓国記者:Jリーグの金曜日開催が成功出発、秘訣はディテール
韓国メディア:KリーグがJリーグをベンチマークしてMD事業を推進…核心はブランドイメージの刷新



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...