セレッソ大阪U-12、2018MBC有望株サッカー大会優勝…スポルティングに6-0の大勝
スポーツソウル




※一部要約

日本Jリーグのセレッソ大阪U-12が2018MBC国際有望株サッカー大会(8人制)の頂点に上った。

セレッソU-12は28日、盈徳郡民運動場で行われた大会決勝戦のスポルティング(ポルトガル)との試合に6-0で大勝して優勝した。

鳥居塚伸人セレッソ大阪U-12監督は「スポルティングがかなり攻撃的に出てくると予想していた」として、「落ち着いて(守備に)重きを置き、私たちだけの色の通りに試合を解いていった」と語った。
それとともに「日本ではなく海外に出て世界の色んな文化を持つチームと試合をしたことは、選手にとって大きな経験になるだろう」と喜んだ。

3位決定戦ではセレッソ大阪エリートが東ティモールU-12選抜を1-0で下した。
今大会のMVPにはセレッソU-12の主将ワタナベ・サツキが選ばれた。

8人制サッカーは細かな技術や創造的プレーを学んで身につけるサッカーシステムとして、ヨーロッパや日本で定着した競技方式である。
国内で幼少年サッカーの8人制大会の底辺拡大に尽力するため、MBC有望株サッカー財団は2014年から心血を注ぎ、国内大会だけでなく国際大会まで開催している。


スポンサーリンク
楽天





[現場メモ] 蔚山U-12、セレッソ選手団に記念品を贈呈した理由
スポーツソウル

20180228141627630.jpg


※一部要約

セレッソ大阪とスポルティングU-12が争った決勝戦を前に、蔚山現代U-12の選手が本部席の前に立った。
並んでクラブの虎エンブレムが刻まれた紙袋を持っていて、誰かを待っている表情だった。

蔚山は今大会のグループリーグB組で4勝3敗の3位を記録し、惜しくも準決勝進出に失敗した。
それでもこの日競技場を訪れたのは、セレッソの選手に会うためだった。
セレッソは今大会、U-12だけでなくエリート(趣味班)チームも出場していた。
U-12が決勝に入る前、エリートチームは3位決定戦を行った後で蔚山選手団と会った。


20180228141627630a.jpg

20180228141627630b.jpg


彼らがセレッソのもとを訪れたのは、先月の大阪キャンプで歓待を受けたためである。
特にセレッソの1軍を指揮しているユン・ジョンファン監督が蔚山U-12訪問の消息を聞き、駆けつけて夕食に招いた。
ユン監督は2015~2016年に蔚山の指揮棒を手にしたことがある。
食事の席でユン監督は、蔚山ユースの一員とサッカーについて話をして、慎重にアドバイスをしたりした。

キム・グァングク団長を中心に、蔚山事務局はセレッソが施した誠意に報いることにした。
盈徳で行われた今大会でセレッソ参加の消息を聞き、記念品を準備した。
クラブ関係者が記念品を贈呈するより、選手一人ひとりが直接セレッソの選手に渡すことにした。
セレッソの選手は思いがけないプレゼントに、ぎこちない笑みを浮かべながらも感謝した。
両チームの主将が先に会って挨拶した。
蔚山の選手がセレッソの選手に記念品を贈呈してから記念撮影をしたが、大阪で結んだ縁で両チームの友情はさらに深まったようだった。


20180228141627630c.jpg

20180228141627630d.jpg


この日、セレッソU-12は蔚山の誠意に恩返しでもするかのように、決勝でスポルティングに6-0の大勝をして優勝カップを掲げた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...