代表選任委員会を28日開催、U-23代表監督を選ぶ
ニュース1




※一部要約

大韓サッカー協会代表監督選任委員会が28日午前からマラソン会議に突入する。
現在空席のU-23代表監督を選任するための席である。

大韓サッカー協会は27日午後、「明日午前10時からU-23代表監督を選ぶための選任小委員会を開催する」と明かした。
監督が選任されれば、この日の午前3時にキム・パンゴン委員長の記者会見が予定されている。

大韓サッカー協会代表監督選任委員会は6日、選任小委員会を開催してキム・ポンギル監督との契約を解除した。
キム監督の当初の任期は8月のジャカルタアジア大会までだった。

大会が刻々と迫り、これ以上空席でいることはできない状況である。

キム・パンゴン委員長は「候補者の選定は短期トーナメントなどの結果、サッカー哲学や現代サッカーに対する知識など、候補とのインタビューを総合的に評価して2月末までに決める」と伝えたことがあった。


スポンサーリンク
楽天





[単独] サッカー協会、アジア大会の指令塔にキム・ハクボム監督選任の手順
スポータルコリア




※一部要約

キム・ハクボム前光州FC監督が、空席中のU-23代表を率いる。

大韓サッカー協会の事情を知っている関係者は27日、「キム・ハクボム監督がジャカルタ-パレンバンアジア大会に出場するU-23代表を引き受けることで進んでいる」と伝えた。

代表監督選任委員会は28日午前、キム・ポンギル監督退任後に空席中のU-23代表監督の選任を進める予定である。
去年U-23代表監督に選任されたキム・ポンギル監督は、1月のU-23チャンピオンシップで拙戦と成績不振によって大会直後に事実上更迭された。

キム・パンゴン委員長は会議に先立ち、キム・ハクボム監督をはじめとする候補群とすでに会っていることがわかった。
そしてキム・ハクボム監督がKリーグで見せた卓越している指導力を高く評価し、U-23代表を任せる方向に決まった。

だがキム・ハクボム監督は2020東京オリンピック代表を率いるかは未定だ。
現在としては、アジア大会の成績によってオリンピック代表の指揮棒を任せる方案が有力である。
これは2014年に故イ・グァンジョン監督が仁川アジア大会で金メダルを取った後、オリンピック代表監督に就任した過程と同じだ。

キム・ハクボム監督はKリーグを代表する知略家であり勝負しである。
彼は2005年に城南一和の監督をはじめとして河南建業、江原FCを経て2014年から再び城南を引き受けた。
去年は光州FCを率いた。
特に城南ではKリーグとFAカップで1回ずつ優勝した。

"ハクボムスン(※アレックス・ファーガソンとかけている)"とうい別名に相応しく、4-3-3のフォーメーションをベースに多様な戦術・戦略と組織的なプレーで賛辞を受けてきた。

また彼は、1996年のアトランタオリンピックのときにコーチとして合流したことがあり、当該年齢の選手に対する指導や代表運営もしっかり把握している。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:U-23韓国代表のキム・ポンギル監督が契約解除…「競技力など総合的な評価」
韓国メディア:アジア大会金メダルを目指す韓国U-23代表の監督候補、条件に合うのはチェ・ヨンスとキム・ハクボム



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...