[SPOトーク] "カゲロウ"クォン・スンテはプレーしてまたプレーしたい
スポTVニュース




※一部要約

日数を数えたら丸120日ぶりだ。
鹿島アントラーズのGKクォン・スンテの出場記録は去年10月の天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝から4ヶ月で再び記された。

32。
日本Jリーグの舞台を踏んだクォン・スンテは負傷の余波で12試合のプレーに終わった。
彼の言葉を借りれば「丸ごと飛ばした」というシーズンである。
そしてもう33。
いつの間にか海外で2シーズン目を迎えた彼は、グラウンドに立ちたいと繰り返し言った。

クォン・スンテは21日、水原ワールドカップ競技場で2018シーズン初出場の機会を掴んだ。
そして遠征で勝利を呼び込んだ。
鹿島は2018シーズンのAFCチャンピオンズリーグH組2次戦で水原三星を2-1で下してグループ1位に跳躍した。

「今日は楽に寝られそうだ」という彼の声からはどんどん力が溢れていた。
クォン・スンテにとって昨シーズンは自らを鞭打つ薬となった・。

「昨シーズンを丸ごと飛ばして、言葉にはしなかったが(自分に)腹が立ちました。(負傷という)やむを得ない状況だったが、それも自分が間違っていたからそういう状況になったのだから。今年はそういう状況を作りたくないし、かなり準備していてチームもかなり助けてくれます」


スポンサーリンク
楽天








シーズン初先発を知らされた彼の決心は格別だった。
クォン・スンテは"カゲロウ"を自認した。
「明日はない」というのが頭の中に刻んだ言葉である。

「後で聞いた話ですが、最初の試合と2試合目はメンバーが決まっていたようです。当然選手は決まっていると言っても、最初の試合も2試合目も両方プレーしたいです。最初の試合(クォン・スンテ欠場)はホームで引き分けました。ACLのような場合、無条件にホームで勝たなければなりません。今回の遠征試合でチャンスが来たとき、上手くやりたいという思ってました。今回の対戦だけを考えました。"明日はない"のです。結果は得たと思います」




クォン・スンテ「全北との対決?今は想像できない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

鹿島の勝利は去年全北から移籍してきたクォン・スンテの功労が大きかった。
水原移籍後に3試合で3ゴールを放っていたFWデヤンのPKを防ぐなど、好セーブを繰り広げた。

彼はPKを止めた秘訣について「デヤンは上り調子だと聞いていたが、頭の中が複雑になると思ってあえて意識しなかった。ただKリーグでデヤンを相手にした経験が多く、今日はグラウンドが固くてキックがちゃんと合わないかもしれないと判断した。方向を予想して動いたのが的中した」と明かした。





プロ13年目の守門将の老練さが垣間見えた。
2006年にプロデビューした彼は、2016年までの11年を全北だけでプレーした。
全北に多くの優勝トロフィーをもたらした彼は、2016年にはチーム2回目のACL頂点登極に貢献した。

クォン・スンテは「鹿島移籍後、Kリーグチームと試合をするとワクワクする。また、昨シーズンに負傷で良い姿を見せられなかった惜しさを、今回飛ばしたかった」と明かした。
彼は昨シーズンの途中に指を負傷し、リーグ12試合の出場に終わった。
今回の勝利により主戦競争で自信を得た彼は、「日本に戻ったらJリーグがすぐ開幕する。今日のように所属チームで最善を尽くす姿を見せれば、ロシアワールドカップの出場機会もあると思う」と明かした。

去年ACLに出られなかった全北は、今年E組に属して2試合で9ゴールを奪う強大な火力を誇り、2連勝でグループ1位に上がっている。
鹿島と全北の両者はこのまま巡航すればトーナメントで会う可能性がある。

クォン・スンテは全北と会ったらどういう気持かと尋ねると、すぐに「鹿島と全北がどちらも16強に上がったとき答える。今はかなり難しい質問」と明かした。
彼は「(去年E-1チャンピオンシップに参加した)鹿島の日本代表選手がキム・シヌクとイ・ジェソンを挙げて、本当に上手だと言って満ち足りた」と実家チームへの強い愛情をあらわした。


【関連記事】
【ACL】水原三星1-2鹿島アントラーズ…試合後の両監督コメント
【ACL】韓国ネチズン反応:水原が1-2の敗北…鹿島アントラーズの策略、わかっていてもやられた



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...