チェルシーで10年プレーしたエッシェン、Kリーグ進出を打診する
スポーツソウル




※一部要約

イングランド・プレミアリーグのチェルシーで活躍して名を知らしめたガーナ出身MFマイケル・エッシェンがKリーグ進出を打診している。

エッシェンは最近韓国人エージェントを選任、Kリーグ行きを調べている。
彼の代理人は「最近エッシェンと韓国進出のため深い話をした。肯定的な流れだった」と明かした。
具体的なチーム名については言葉を慎んだが、いくつかのクラブに関心を示したことがわかった。
チェルシーで2005年から2014年まで活躍した彼は、その後ACミランやパナシナイコスを経て、昨シーズンにインドネシアのプルシブ・バンドゥンでプレーした。
1982年生まれで今年韓国年齢で37歳に達するため、全盛期の技量を発揮するのは難しいが、老練なプレーで中盤に活力を吹き込むことができるというのがエッシェン側の主張である。
彼の代理人は「エッシェンの体の状態は良い。自信があるから韓国進出を狙っている」として、「カメルーンサッカーの英雄サミュエル・エトーなど様々なアフリカ出身の選手がKリーグに関心を示しているところだ」と語った。
続けて「エッシェンの身代金は国内クラブにとっては上位圏に属するかもしれないが、獲得のために不可能な金額ではない」と付け加えた。

エッシェンは唐突にインドネシアのバンドゥンに移籍してプレーしているが、昨シーズンは29試合に出場して良いコンディションをずっと維持している。
全盛期に豊富な運動量と守備力で高い評価を受けていた彼は、インドネシアに来てもセットピースのときに5ゴールを放つなど、ゴール感覚も生きている。
エッシェンはバンドゥンと契約するとき、いつでも移籍金なしで他クラブに行けるという条項を入れた。
そのような状況で春秋制で行われている韓国舞台進出のために体を作っている。


スポンサーリンク
楽天





エッシェン、Kリーグ行きの可能性は希薄…単なる噂の見通し
スポータルコリア




※一部要約

過去にチェルシーで活躍したマイケル・エッシェンはKリーグで見ることができない見通しだ。

エッシェンはチェルシーやレアル・マドリードなどで活躍したMFである。
絶頂の技量を見せたクラブはチェルシーだ。
彼は2005年にチェルシーに合流し、256試合で25ゴール18アシストを記録し、2回のイングランド・プレミアリーグ優勝と3回のFAカップ優勝を経験した。

その後ACミランとギリシャリーグを経てアジアの舞台に進出した。
タイのムアントン・ユナイテッドなど様々なクラブとリンクされたが、2017年3月にインドネシアのプルシブ・バンドゥンがエッシェン獲得に成功した。
エッシェンはプルシブ・バンドゥン所属で29試合5ゴール1アシストを記録した。

2018年に入るとすぐにKリーグクラブとリンクされた。
現地メディアの一部はエッシェンがKリーグ移籍を打診していて、その中には全南ドラゴンズも含まれていると伝えた。
ヨーロッパのビッグクラブで活躍したエッシェンの獲得は、Kリーグにとって興味を感じさせる価値がある。

だがエッシェンのKリーグ行きの可能性は事実上ゼロに近い。
インドネシアの事情に詳しい関係者は22日、「エッシェンがKリーグに行く可能性は低い。体重も以前と比べてかなり増えた。Kリーグクラブにとって魅力的ではないだろう」と明かした。

高い身代金も障害である。
関係者によると、エッシェンはプルシブ・バンドゥンで年俸9億~10億を貰っている。
Kリーグクラブが36歳のエッシェンを年俸9億水準で迎えるのは容易ではない。
エッシェンのKリーグ行きは噂止まりにほかならない最大の理由である。

一方、プルシブ・バンドゥンの監督もKリーグ移籍説を全面的に否定した。
彼は「エッシェンは私たちの選手だ。噂でしかない」と断言した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...